メインメニューを開く

CALL(コール)は、男性デュオの音楽ユニットである。

CALL
ジャンル J-POP
活動期間 1994年 - 1997年、2018年 -
レーベル ソニー・ミュージックエンタテインメント/HIT STREET(1995年 - 1997年)
メンバー 櫻井茂雄(VoKey[1]
小林基弘(VoG[1]

目次

メンバー編集

ともに長野県松本市出身、長野県松本深志高等学校卒業。

東京工業大学生命工学科卒業。
CALL活動休止中は、『SAKU』名義でソロ活動。レコード会社は、Csoon RECORDS〜Tricycle ENTERTAINMENT /ビクターエンタテインメント株式会社〜Apple Paint Factory Records。
なお、CALLで発表した一部の曲は、SAKUのアルバム『Here and Now』において櫻井のソロで再収録されている。
昭和大学医学部卒業。信州大大学院医学系研究科博士課程修了。
1997年のCALL活動休止後は医学博士となり、信州大学大学院講師を経て、福井大学医学部教授(病因病態医学講座腫瘍病理学領域)に就任。
活動休止中は、個人のホームページ(現在は閉鎖)で趣味の一環としてオリジナル曲を披露していたこともあった。

来歴編集

ともに大学在学中の1993年4月、CALLを結成[1]

1993年9月15日インディーズのindiVidual Recordsからミニ・アルバム『TO-GET-HER』(4,000枚限定発売)でデビュー。NACK5の『JAPANESE DREAM』では『僕に必要なもの』が2回、『Pure』が「歴代JDグランプリ受賞曲」を獲得している。更に2曲とも1994年、1996年の「スーパーグランプリ受賞曲」を獲得している。

1995年、ソニー・ミュージックエンタテインメント/HIT STREETのレーベルから『僕に必要なもの』でメジャー・デビューするが、1996年の『JAPANESE DREAM』スーパーグランプリの回の出演時に、メンバー間でのライフスタイルの変化などを理由に活動休止宣言をする。

1997年4月30日、ソニー・ミュージックエンタテインメントとの契約終了。

2014年5月、廃盤となっていたアルバム2作にボーナストラックを追加収録した上で、最新デジタル・リマスタリングによる復刻版CDを制作するプロジェクトがスタート。設定された予約期間内に予約数が規定の数に達した場合のみ商品化決定するという条件付きであったが、予約数が規定の数に達したため商品化が決定。リマスタリング作業を行った上で同年10月に復刻版が発売された。なお、このリマスタリング作業にはメンバー二人が立ち会っている。

2018年8月、21年ぶりに活動再開、YouTubeにてスタジオでの演奏風景の一部が公開される[2]。なお、小林は現在も福井大学に籍を置いており、教員活動と並行して音楽活動を行う。

ディスコグラフィー編集

※indiVidual Records以外はソニー・ミュージックエンタテインメント/HIT STREET。

シングル編集

僕に必要なもの(1993年12月30日)※indiVidual Records
僕に必要なもの(1995年1月21日)
この曲が『JAPANESE DREAM』でグランプリを受賞した事がきっかけで、ソニー・ミュージックエンタテインメントからメジャーデビューとなった[1]
Silent Star(1995年5月13日)
SOMEDAY(1995年11月1日)
Pure(1996年2月21日)

「Pure」と「心の翼」の2曲共、SAKUのアルバム『Here and Now』に再収録されている。

アルバム編集

TO-GET-HER(1993年9月15日)ミニアルバム※indiVidual Records
IN MY STYLE(1995年2月22日)
  • 「Parallel Line」がSAKUのアルバム『Here and Now』に再収録されている。
僕が歌う理由(1996年3月21日)

復刻アルバム編集

IN MY STYLE+4(2014年10月30日)[3]
僕が歌う理由+5(2014年10月30日)[4]

その他の出演編集

脚注・出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 「シンコー・ミュージック・ムック ジャパニーズ・ドリーム vol.1」、文、富澤一誠、HISTORY OF CHALLENGより。
  2. ^ 小林基弘 - YouTube
  3. ^ Sony Music Shop オーダーメイドファクトリー商品『IN MY STYLE +4』より。
  4. ^ Sony Music Shop オーダーメイドファクトリー商品『僕が歌う理由+5』より。

関連項目編集

  • 岩崎琢 - アルバム『僕が歌う理由』の編曲者及びサウンドコンポーサー。
  • 国道20号 - アルバム『僕が歌う理由』に収録している『ROUTE20』が関連。

外部リンク編集