CAMERA TALK

フリッパーズ・ギターのアルバム

CAMERA TALK』(カメラ・トーク)は1990年6月6日[1]に発売されたフリッパーズ・ギター通算2作目のスタジオ・アルバム

CAMERA TALK
フリッパーズ・ギタースタジオ・アルバム
リリース
録音 イギリスの旗 イギリス ロンドンAIRスタジオ
ジャンル インディー・ロック
レーベル ポリスター
プロデュース Double K.O. Corp.
チャート最高順位
フリッパーズ・ギター アルバム 年表
three cheers for our side 〜海へ行くつもりじゃなかった〜
1989年
CAMERA TALK カメラ・トーク
1990年
DOCTOR HEAD'S WORLD TOWER -ヘッド博士の世界塔-
1991年
『CAMERA TALK カメラ・トーク』収録のシングル
テンプレートを表示

解説

編集

前作と違って全曲日本語詞となり、小山田圭吾小沢健二の二人の手によって制作され、これ以降の作詞・作曲はすべて二人名義の「Double K.O. Corp.」(Double Knockout Corporation)となる。由来は両者の頭文字が「K.O.」だからである。録音はイギリスAIRスタジオで行われ、海外のミュージシャンも多数参加している。音楽的には、ネオアコ寄りだった前作よりもさらにポップな音になり、様々なジャンルの音楽を取り込むことに成功している。本作の「恋とマシンガン」はドラマ予備校ブギ」の主題歌に使用された。また最近では日産マーチのCMでも使用されている。

なお、このアルバムでフリッパーズ・ギターは第32回日本レコード大賞最優秀アルバム・ニュー・アーティスト賞を受賞した。

2006年8月25日に『three cheers for our side 〜海へ行くつもりじゃなかった〜』と共に全曲リマスターおよび、ボーナス・トラックを追加収録した限定盤として再発。リマスタリング・エンジニアは高山徹。さらに2010年1月27日にはSHM-CD化され再発された。このSHM-CD盤は2006年の再発盤とは違い、ボーナス・トラックを含まない1990年当時と同じ収録曲となっている。

収録曲

編集
全作詞・作曲:Double K.O. Corp.(実際の作詞は、全曲 小沢健二。実際の作曲は、各楽曲の項を参照のこと[2]。)
  1. Young, Alive, in Love/恋とマシンガン
    2ndシングル。作曲は、小沢健二[2]。今でもTV等で流れる彼らの代表曲である。イントロのスキャットの元ネタはイタリア映画黄金の七人』のテーマ曲。
  2. Camera! Camera! Camera!/カメラ!カメラ!カメラ!
    作曲は、小沢健二[2]。後に3rdシングルとしてカットされたがバージョンが異なり、こちらはいくらかスローテンポなテクノ調である。
  3. Cool Spy on a Hot Car/クールなスパイでぶっとばせ
    作曲は、共作[2]インストゥルメンタルの楽曲。
  4. Summer Beauty 1990/ラテンでレッツ・ラブまたは1990サマー・ビューティー計画
    作曲は、小山田圭吾[2]
  5. Haircut 100/バスルームで髪を切る100の方法
    作曲は、小山田圭吾[2]。英語タイトルはヘアカット100からとられている。
    2ndシングル「恋とマシンガン」カップリング曲。
  6. Colour Field/青春はいちどだけ
    作曲は、共作[2]。ファーストプレスでは「青春のカラーフィールド」となっていた。日本語タイトルはドイツ映画会議は踊る』の主題歌からとられている。
  7. Big Bad Bingo/ビッグ・バッド・ビンゴ
    作曲は、小山田圭吾[2]
  8. Wild Wild Summer/ワイルド・サマー/ビートでゴーゴー
    作曲は、共作[2]
  9. Knife Edge Caress/偶然のナイフ・エッジ・カレス
    作曲は、小山田圭吾[2]
  10. Southbound Excursion/南へ急ごう
    作曲は、共作[2]
  11. 3 a.m. op/午前3時のオプ
    作曲は、小山田圭吾[2]
  12. Camera Full of Kisses/全ての言葉はさよなら
    作曲は、小沢健二[2]
  13. Camera! Camera! Camera! (Guitar Pop Version)/カメラ!カメラ!カメラ! (ギター・ポップ・ヴァージョン)('06年再発リマスター限定盤のみ)
    3rdシングルとしてカットされたバージョン。
  14. Love And Dreams Are Back/ラブ・アンド・ドリームふたたび('06年再発リマスター限定盤のみ)
  15. Cloudy (Is My Sunny Mood)/クラウディー('06年再発リマスター限定盤のみ)

演奏

編集
  •  小山田圭吾:Lead Vocals, Guitars, Produce, Songwriting, Arrangement, Synthesizers & Drum Programming
  •  小沢健二:Lead Guitars, Harmony Vocals, Produce, Songwriting, Arrangement, Synthesizers & Drum Programming
  •  平ヶ倉良枝:Drums, Conga, Timbales, Tambourines, Percussions & Drum Programming
  •  David Ruffy, Glen Fox:Drums
  •  Segs, Laurence Cottle, 中原信雄, 渡辺等, 加瀬達:Bass
  •  窪田晴男, 逆井オサム:Guitars
  •  Dean Speedwell, Volker Janssen, 福原まり:Keyboards
  •  有沢健夫, 多田暁, 名古屋君義 (NARGO):Trumpet
  •  北原雅彦, 佐藤春樹:Trombone
  •  矢口博康:Sax
  •  大内美貴子, 佐々木麻美子, 宮崎美奈:Background Vocals
  •  Shinji Kanoh:Program Edit

脚注

編集
  1. ^ Camera Talk | FLIPPER’S GUITAR”. ORICON NEWS. 2019年7月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 「連載「DOOWUTCHYALIKE」 75 無職の混沌」『Olive 1997年12月18日号』第16巻第23号、マガジンハウス、1997年9月20日、67頁、通巻358号。