メインメニューを開く

株式会社CAMPFIRE(キャンプファイヤー、CAMPFIRE, Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く日本の企業。国内最大のクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」のサービスを運営している。2011年1月に家入一真・石田光平が株式会社ハイパーインターネッツを設立。同年6月にクラウドファンディング「CAMPFIRE」をローンチ[2]

株式会社CAMPFIRE
CAMPFIRE, Inc.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
150-0002
東京都渋谷区渋谷2丁目22-3 渋谷東口ビル 5F
北緯35度39分30.9秒 東経139度42分14.4秒 / 北緯35.658583度 東経139.704000度 / 35.658583; 139.704000座標: 北緯35度39分30.9秒 東経139度42分14.4秒 / 北緯35.658583度 東経139.704000度 / 35.658583; 139.704000
業種 サービス業
法人番号 8011001067978
事業内容 クラウドファンディング「CAMPFIRE」「CAMPFIRE Owners」「FAAVO」「polca」、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIRE Community」、評価型与信モデル融資「CAMPFIRE Bank」、コミュニティウォレット「Gojo」、プロジェクトチーミングプラットフォーム「TOMOSHIBI」などの企画・開発・運営。
代表者 家入一真
純利益 ▲6億3459万9000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 12億5479万5000円(2018年12月31日時点)[1]
外部リンク campfire.co.jp
テンプレートを表示

購入型クラウドファンディング「CAMPFIRE」のほかに地域特化型の「FAAVO(ファーボ)」、社会にいいことに特化した「GoodMorning」、ファッションに特化した「CLOSS」、株式会社パルコと共同運営の「BOOSTER(ブースター)」、フレンドファンディングアプリ「polca」、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」、評価型与信モデル融資「CAMPFIRE Bank」、コミュニティウォレット「Gojo」などの企画・開発・運営を行っている。

沿革編集

  • 2011年
    • 1月 - 株式会社CAMPFIREの前身となる株式会社ハイパーインターネッツ設立
    • 6月 - クラウドファンディング「CAMPFIRE」ローンチ
  • 2012年
    • 1月 - 六本木にオフィス移転
  • 2013年
    • 6月 - 渋谷神宮前にオフィス移転
  • 2016年
    • 3月 - 「CAMPFIRE」に目標金額を達成しなくても資金を受け取れるAll-in方式を導入
    • 3月 - 「CAMPFIRE×LOCAL」をローンチ
    • 7月 - あったらほしい!“妄想”を集めて商品化する「モーコレ」のサービス開始
    • 8月 - 継続支援型クラウドファンディング「CAMPFIREファンクラブ」をリリース
    • 8月 - ”社会にいいこと”特化型のクラウドファンディング「GoodMorning」をリリース
    • 10月 - ファッション特化型のクラウドファンディング「CLOSS」をリリース
  • 2017年
    • 2月 - 日本初「クラウドファンディング保険」の提供開始。[3]安心してプロジェクトを実行・支援できる環境の整備。
    • 8月 - フレンドファンディング アプリ「polca(ポルカ)」をリリース
  • 2018年
    • 4月 - 株式会社サーチフィールドから地域特化型クラウドファンディング「FAAVO(ファーボ)」を事業授受
    • 10月 - 金融サービス「CAMPFIRE Bank」提供開始
  • 2019年
    • 1月 - 株式会社BrainCatよりコミュニティウォレット「Gojo」を事業譲受[4]
    • 3月 - 累計流通金額100億円を突破[5]

脚注編集

外部リンク編集