CBCラジオ岐阜中継局

CBCラジオ岐阜中継局(シービーシーラジオぎふちゅうけいきょく)は、かつて存在したCBCラジオ中継局である。

ツインアーチ138愛知県一宮市)より望む(2018年3月)

概要編集

CBCラジオは開局の頃から夜間の混信があった[1]。そこで1971年に本局の出力を10kWから50kWに増力したものの[2]、それでも岐阜県南部・愛知県北部では混信が続いていた[1]。更に1978年末には北朝鮮の地下放送救国の声」が周波数を1135kHzからCBCラジオと同一の1053kHzに変更、1,500kWの大出力で放送されることも相まって混信は一層悪化した。

このため郵政省(現・総務省)や日本民間放送連盟に働きかけを行い、1998年6月18日に予備免許が下り、同年7月1日より本放送を開始した[1]。同局の周波数が639kHzと低いこともあり、名古屋市内でもほぼ全域で聴取が可能となり、CBCラジオ長島送信所(本局)の予備の役割を果たすことにもなった[1]

2018年10月31日23時59分50秒頃に停波・閉局した。これは三国山へのFM補完中継局の開設で岐阜市周辺のほぼ全域でFM波での受信が可能になった事で、混信に関する問題が解決したためである[3]

中継局概要編集

放送局 コールサイン 周波数 空中線電力 放送対象地域 放送区域
内世帯数
放送エリア
CBCラジオ なし 639kHz 500W 中京広域圏 約-世帯 岐阜県岐阜市各務原市大垣市
愛知県一宮市など周辺地域

所在地編集

放送エリア編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、352頁。 
  2. ^ 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、166頁。 
  3. ^ CBCラジオ岐阜放送局の閉局に関するお知らせ 2018年7月28日・2018年8月2日閲覧
  4. ^ 中部日本放送 『中部日本放送50年のあゆみ』、2000年、396頁。 

関連項目編集

外部リンク編集