メインメニューを開く

CHAINS (チェインズ) は、日本京都府出身のロックバンド。数度のメンバー・チェンジを経て、ボーカルギター担当の新村敦史、ギター担当の横山道明、キーボード担当の丸山桂、ベース担当のラリー藤本、ドラム担当の伊藤拓史の5人。

CHAINS
出身地 日本の旗 日本 京都府
ジャンル ポピュラー音楽
ロック
オルタナティブ・ロック
活動期間 1993年 -
公式サイト CHAINS official website
メンバー 新村敦史 Vo. G.
横山道明 G.
丸山桂 Key.
ラリー藤本 Ba.
伊藤拓史 Dr.

スタジオ・アルバム3枚とマキシシングル1枚、デジタルシングル2曲をリリース、またコンピレーション・アルバム3作品に参加している。

目次

概要編集

1993年6月結成。結成当初は、ボーカル担当の新村敦史、ベース担当の栗本英明他2名の4人編成で全員立命館大学の軽音サークル「ロックコミューン」に所属。The Metersジェームス・ブラウンなどR&Bソウルのカバーバンドとして活動を始める。 1993年11月、諸所の理由によりギターが脱退。同じサークルで新村、栗本の先輩にあたる横山道明が加入。その頃から徐々にオリジナル曲を作り始め、京都の拾得、磔磔で月一回のペースでライヴを行うようになる。 1995年4月、音楽的方向性の違いによりドラムが脱退。後任として新村、栗本がそれぞれ別のバンドで一緒にプレイしていたドラムの伊藤拓史が加入。その頃から新村もギターを弾くようになり、現在の基本スタイルが出来上がってくる。 その後1997年8月に横山の友人で京都に仕事で来ていたキーボードの丸山桂が加入。 1998年7月にビクターエンタテインメントの「チアーズ」というオーディションにデモテープを送るまで拾得・磔磔での月一回ペースでライヴを繰り返し行い、オーディションを契機に大阪東京等でもライヴを行うようになる。

その後ベースの栗本脱退などにより一時バンド活動が停滞するが、約1年間後の2001年末にベースでラリー藤本が加入し、現在のメンバー構成となる。

2002年夏に2nd. ミニアルバム「II」を発表。これがコロムビアミュージックエンタテインメントの目にとまり、同年11月契約。翌年2003年5月に初のフルアルバムとなる「日和見スコープ」でメジャーデビュー。同時にFM京都α-stationでレギュラー番組「ONESTEP BEYOND」を9ヶ月に渡り担当。2004年には期間限定のセルフカバーアコースティックユニット「エンガワ」でのライブ活動やライブ音源の限定発売等も行う。2006年みやこ音楽祭に参加。

現在[いつ?]は京都・大阪を中心に約月1回ペースでライブ活動を行っており、毎年お盆と年末に京都拾得で自主イベント「ONESTEP BEYOND」を開催している。

メンバー編集

元メンバー編集

  • 栗本英明(くりもと ひであき、1973年1月18日 - ) ベース。福岡県出身。血液型:O

ディスコグラフィ編集

オリジナルアルバム編集

  1. chains(1999年11月1日)
  2. II(2002年7月20日)
  3. 日和見スコープ(2003年5月21日)

シシングル編集

  1. 光よりも速く(2003年10月22日 ※マキシシングル)
  2. 25th Anniversary(2018年7月24日 ※配信シングル)。収録曲は「メトロノーム」「アスリート」の2曲。

コンピレーションアルバム編集

  1. ATTITUDE#075(1999年8月25日)。サークルの後輩であったキセルママスタジヲらと参加
  2. Smells Like Teenage Symphony(2002年3月27日)。カーネーションセロファンらと参加
  3. みやこ音楽(2006年11月11日)。くるり企画

関連項目編集

外部リンク編集