CHRONICLE (フジファブリックのアルバム)

CHRONICLE』(クロニクル)は、フジファブリックの4枚目のオリジナルアルバム2009年5月20日EMIミュージック・ジャパンより発売[1]

CHRONICLE
フジファブリックスタジオ・アルバム
リリース
録音  スウェーデン ストックホルム
ジャンル J-POP
時間
レーベル EMIミュージック・ジャパン
プロデュース フジファブリック
Anders Hellgren & David Myhr
亀田誠治(#2,#9)
専門評論家によるレビュー
Allmusic 星3.5 / 5 link
チャート最高順位
フジファブリック アルバム 年表
TEENAGER
2008年
CHRONICLE
2009年
SINGLES 2004-2009
2010年
『CHRONICLE』収録のシングル
  1. Sugar!!
    リリース: 2009年4月8日
テンプレートを表示

概要編集

前作から約1年4ヶ月ぶりにリリースされたメジャー4枚目、通算では7枚目となるアルバム[2]。 初タッグとなった亀田誠治プロデュースの「Sugar!!」や「同じ月」のほか、スウェーデンとストックホルムでレコーディングされたバンド初の海外レコーディング音源を含む全15曲を収録[2][3]。トータル・タイム約70分という超大作となっている[4]

本作は初回限定盤・通常盤ともにCD+DVDの2枚組仕様となる[2]。付属のDVDには25日間におよんだスウェーデンレコーディングに密着したドキュメント映像を中心に、「Sugar!!」のビデオクリップや同曲のアコースティックバージョンなど80分強の映像を収録[3]。初回限定盤にはライブの先行予約案内および「モジャハット」オリジナルステッカーが封入された[3]

フジファブリック』以来の全曲志村正彦作詞作曲のアルバムとなった[注 1]。作詞作曲のみならず、全アレンジまでほぼすべてを志村が一人で手掛けた、それまでのバンド然とした手法と明確に異なる作品[5][6]

アルバムとしてはオリコンアルバムチャートでバンド史上初のトップ10入りを果たす。

発売から7ヶ月後の2009年12月24日にボーカルの志村正彦が急死したことにより、本作が彼の遺作となった。

収録曲編集

楽曲クレジット編集

Disc1: CD
全作詞・作曲: 志村正彦、全編曲: 志村正彦、プロデュース: フジファブリック with Anders Hellgren & David Myhr (#1, 3-8, 10-15)、フジファブリック・亀田誠治 (#2, 9)。
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「バウムクーヘン」志村正彦志村正彦
2.Sugar!!志村正彦志村正彦
3.「Merry-Go-Round」志村正彦志村正彦
4.「Monster」志村正彦志村正彦
5.「クロニクル」志村正彦志村正彦
6.「エイプリル」志村正彦志村正彦
7.「Clock」志村正彦志村正彦
8.「Listen to the music」志村正彦志村正彦
9.「同じ月」志村正彦志村正彦
10.「Anthem」志村正彦志村正彦
11.「Laid Back」志村正彦志村正彦
12.「All Right」志村正彦志村正彦
13.「タイムマシン」志村正彦志村正彦
14.「ないものねだり」志村正彦志村正彦
15.「Stockholm」志村正彦志村正彦
Disc2: DVD「ストックホルム"喜怒哀楽"映像日記」
#タイトル作詞作曲・編曲内容
1.「Sugar!!」(ビデオ・クリップ)  スウェーデンドキュメント45sec ver.
2.「Sugar!!」  アコースティック・ライブセッション at "COLD ROOM"
3.「ルーティーン」  レコーディングセッション at Monogram Recordings
4.「北欧選手権 in Stockholm, Sweden」   
5.「25日間に渡る初の海外レコーディングドキュメント」  メンバーによるオーディオ・コメンタリー収録

楽曲解説編集

  1. バウムクーヘン
    • 発売後の2018年、「」と共に映画『虹色デイズ』の挿入歌に起用された。
  2. Sugar!!
    • 11thシングル。
  3. Merry-Go-Round
  4. Monster
  5. クロニクル
  6. エイプリル
  7. Clock
  8. Listen to the music
  9. 同じ月
  10. Anthem
    • PVが存在し、ストックホルムでのレコーディング風景が見られる。
  11. Laid Back
  12. All Right
  13. タイムマシン
  14. ないものねだり
    • 一部「Day Dripper」のサビと同じメロディの部分がある。
  15. Stockholm
    • 今作で唯一、ストックホルムで書き上げられ完成した楽曲。タイトルはレコーディング場所にちなんで付けられた[3]

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 「詞は全て、ノンフィクション」と志村は語っている。

出典編集

  1. ^ フジファブリックがニュー・アルバム『CHRONICLE』を5月20日にリリース決定”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2009年3月5日). 2018年9月30日閲覧。
  2. ^ a b c フジファブ海外レコーディングの成果をアルバムでお届け”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2009年3月5日). 2018年9月30日閲覧。
  3. ^ a b c d フジファブリック最新作に奥田民生が応援コメント”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2009年4月14日). 2018年9月30日閲覧。
  4. ^ フジファブリック、ニュー・アルバム『CHRONICLE』の詳細が判明。奥田民生も絶賛(?)の内容”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2009年4月15日). 2018年9月30日閲覧。
  5. ^ LONG REVIEW――フジファブリック 『MUSIC』”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2010年7月21日). 2018年9月30日閲覧。
  6. ^ フジファブリックのすべて 〜これまでのアルバムを駆け足でおさらい〜”. bounce. TOWER RECORDS ONLINE (2010年7月21日). 2018年9月30日閲覧。