メインメニューを開く

CLM P1/01 (旧称: ロータス・CLM P1/01) は、ドイツのレーシングチームであるコデワ(チーム名「バイコレス」(ByKolles))がFIA 世界耐久選手権の参戦の為に2014年に製作したプロトタイプレーシングカー。2014年は『ロータス・CLM P1/01』の名称で参戦していたが、ロータス社とコデワとの契約が終了したため、2015年はロータスのスポンサー名を外した『CLM P1/01』の名称で参戦した。車名に含まれている " CLM " の由来は、ケーターハムル・マン( Caterham Le Mans ) から来ている。2016年まではエンジンにAER P60を使用していたが、2017年シーズンから2018年シーズンまでは日産のVRX 30A Evo[1]を使用していた。2019年シーズンよりギブソン・テクノロジーのGL458を使用する。

CLM P1/01
2015年のル・マン2時間レースでのCLM P1/01
2015年のル・マン2時間レースでのCLM P1/01
カテゴリー LMP1
コンストラクター コデワ
主要諸元
エンジン ギブソン GL458 4.5L V8 NA
重量 850kg
タイヤ M
主要成績
チーム バイコレス・レーシングチーム
テンプレートを表示

概要編集

ロータス・T128の後継車に当たる。ただし、ロータス・T128はLMP2カーだったのに対し、CLM P1/01はLMP1カーとなりステップアップしている。

当初は、『T129』の車名で開発が進められていた[2]

脚注編集

  1. ^ GT-R LM NISMOのエンジンと同形式ないし改修型
  2. ^ ロータス、新LMP1『P1/01』をル・マンで発表”. オートスポーツ (2014年6月12日). 2016年2月23日閲覧。

外部リンク編集