メインメニューを開く

COLORFUL POP

E-girlsのアルバム

COLORFUL POP』(カラフル・ポップ)は、日本女性音楽ユニットE-girlsの2枚目となるオリジナル・アルバム[3][4]2014年3月19日rhythm zoneより発売された。

COLORFUL POP
E-girlsスタジオ・アルバム
リリース
録音 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
時間
レーベル rhythm zone
チャート最高順位
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会[2]
  • E-girls 年表
    Lesson 1
    (2013年)
    COLORFUL POP
    (2014年)
    E.G. TIME
    (2015年)
    『COLORFUL POP』収録のシングル
    1. ごめんなさいのKissing You
      リリース: 2013年10月2日
    2. クルクル
      リリース: 2013年11月20日
    3. Diamond Only
      リリース: 2014年2月26日
    テンプレートを表示

    目次

    概要編集

    前作『Lesson 1』よりおよそ11ヶ月ぶりとなるE-girlsのセカンド・アルバム[3][4]である。

    CDには、映画『謝罪の王様』の主題歌にもなった「ごめんなさいのKissing You」や「クルクル」「Diamond Only」といったシングル曲を含む14曲が収録されている[5][6]

    DVDには、今までリリースした全3曲とイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)の「ライディーン」をカバー(実際はサンプリング)した楽曲「RYDEEN 〜Dance All Night〜」のミュージック・ビデオを収録[5][6]。更に、初回限定盤のみBonus Trackとして「ごめんなさいのKissing You」の『謝罪の王様』エンディングムービー・スペシャルエディションも収録されている[7]

    収録曲編集

    Disc1/CD編集

    1. RYDEEN 〜Dance All Night〜 (5:33)
      作詞:Maria Okada、MNDR / 作曲:Yukihiro Takahashi / 編曲:CLARABELL
    2. ごめんなさいのKissing You (3:41)
      作詞:Yu Shimoji / 作曲・編曲:CLARABELL
      • 6thシングル表題曲
    3. Diamond Only (3:47)
      作詞:Syoko Fujibayashi / 作曲・編曲:Erik Lidbom・Albi Albertsson
      • 8thシングル表題曲
    4. A S A P (3:28)
      作詞:Yu Shimoji / 作曲・編曲:Kanata Okajima、Albi Albertsson、Ricky Hanley
    5. Fancy Baby (3:26)
      作詞:Kanata Okajima / 作曲:John Hallgren、Kanata Okajima / 編曲:John Hallgren for Line out production
      • 6thシングルのカップリング
      • ボーカルはHappinessの川本璃、武部柚那。
    6. サヨナラ (3:44)
      作詞:Masato Odake / 作曲:Kohei Yokono、ULO / 編曲:Kohei Yokono
      • 7thシングルのカップリング
      • ボーカルは、DreamのShizuka、Flowerの鷲尾伶菜。
    7. 未来へ (4:53)
      作詞:Natsumi Watanabe / 作曲:Naoko Kawakami / 編曲:Masaki Iehara
      • ボーカルはDreamのShizukaとAmi、Flowerの鷲尾伶菜。
    8. CHEWING GUM (3:28)
      作詞:Syoko Fujibayashi / 作曲・編曲:CLARABELL
      • ボーカルはDreamのAmi、Flowerの市來杏香、武部柚那。
    9. クルクル (3:52)
      作詞:Jam9、Yu Shimoji、作曲:Jam9、ArmySlick / 編曲:ArmySlick
      • 7thシングル表題曲
    10. I Heard A Rumour 〜ウワサWassap!〜 (3:36)
      作詞・作曲:Matthew James Aitken、Sarah Elizabeth Dallin、Siobhan Fahey、Alan Peter Waterman、Keren Jane Woodward、Mike Stock / 日本語詞:Syoko Fujibayashi / 編曲:ArmySlick
      • 7thシングルのカップリング
    11. 恋のブギ・ウギ・トレイン (4:22)
      作詞:Minako Yoshida / 作曲:Tatsuro Yamashita / 編曲:Yuta Nakano
      • 6thシングルのカップリング
    12. Winter Love 〜愛の贈り物〜 (3:48)
      作詞:Dr. Queen B、Emyli / 作曲・編曲:Dr. Queen B
      • 7thシングルのカップリング
    13. 約束の場所 (4:19)
      作詞:Jam9 / 作曲:Jam9・ArmySlick / 編曲:ArmySlick
      • ボーカルはE-girls内のボーカル全員。
    14. Follow Me -COLORFUL ROCK- (4:04)
      作詞:Syoko Fujibayashi、作曲:Jam9、ArmySlick / 編曲:Kohei Yokono
      • ロックにアレンジした3rdシングルの表題曲

    Disc2/DVD編集

    DVD
    #タイトル作詞作曲・編曲
    1.「ごめんなさいのKissing You【Video Clip】」  
    2.「クルクル【Video Clip】」  
    3.「Diamond Only【Video Clip】」  
    4.「RYDEEN 〜Dance All Night〜【Video Clip】」  
    5.「ごめんなさいのKissing You 〜映画『謝罪の王様』エンディングムービー・スペシャルエディション〜【Bonus Clip】初回限定盤のみ」  

    脚注編集

    [ヘルプ]
    1. ^ COLORFUL POP”. ORICON STYLE. 2015年3月25日閲覧。
    2. ^ ゴールド等認定作品一覧 2014年3月”. 日本レコード協会(RIAJ). 2014年4月10日閲覧。
    3. ^ a b ニュー・アルバム 3月19日発売決定!!”. E-girls OFFICIAL WEBSITE. rhythm zone (2014年1月14日). 2018年7月11日閲覧。
    4. ^ a b 3/19発売ニューアルバムのタイトル決定!”. E-girls OFFICIAL WEBSITE. rhythm zone (2014年2月19日). 2018年7月11日閲覧。
    5. ^ a b E-girls、過去最高にセクシーなパフォーマンスを解禁”. モデルプレスmdor.jp. modelpress (2014年3月5日). 2018年7月11日閲覧。
    6. ^ a b 【インタビュー】2ndアルバム「COLORFUL POP」リリース!E-girlsインタビュー”. TVLIFE web. 学研プラス (2014年3月7日). 2018年7月11日閲覧。
    7. ^ DISCOGRAPHY - COLORFUL POP”. E-girls OFFICIAL WEBSITE. rhythm zone (2014年3月19日). 2018年7月11日閲覧。
    8. ^ ガールズパワー炸裂!「女子―ズ」主題歌にE-girls“A S A P”が決定!”. 女子ーズ公式サイト (2014年4月16日). 2018年3月24日閲覧。

    外部リンク編集