メインメニューを開く

COMAC C929

C929の模型

C929の模型

COMAC C929とは、中華人民共和国中国商用飛機(COMAC)とロシア統一航空機製造会社(UAC)が共同で開発予定の290席のワイドボディ機である[2][3]。中国はC929を長期的にエアバスボーイングによる複占を崩し[2]エアバスA350 XWBシリーズとボーイング787と競う位置づけである[4]。開発費は13億ドル掛かると想定され50:50の割合で分担される[5]ShFDMS(ロシア語: ШФДМС)とも呼称される。これはShirokofyuzelyazhny Dalnemagistralnyj Samolet(ロシア語: :широкофюзеляжный дальнемагистральный самолет)の略称で、日本語に訳すとワイドボディ長距離航空機という意味になる[6]

目次

概要編集

製造は中国商用飛機統一航空機製造会社が担当する予定。2016年にはアヴィアスタル-SPが参加した[7]

中国の民間航空は今後20年間で6,450機を越える見込みで、中国の国内線よりも国際線の方が成長が早いとボーイング社は2013年9月6日に述べた[3]。中国では5,580機の新しい航空機を総額7,800億ドルで購入することが見込まれる。2013年以降中国では1,440機のワイドボディ機の需要ができる見込み[3]。ロシアのUACによればワイドボディ機の需要は2033年以降、およそ7,000機の旅客機を含む8,000機に達する見込みとされる。アジア太平洋市場での長期的な需要の半分以上はワイドボディ機でおよそ4,000機が見込まれる[3]。最も成長の著しい北京、上海等の主要都市間の路線では空港の発着容量が限界に近づきつつあり、ワイドボディ機の使用が必須になりつつあり[3]、こうした状況を背景に開発が進められる。UACのミハイル・ポゴシャンは、ロシア、中国によるワイドボディ長距離旅客機が目指す市場はロシア、CIS諸国東南アジアであろうと述べ、この機体は以前の製品のコピーではないこと、そしてそれは2032年までに世界市場の10%を得ることができると発言している[3]

開発編集

2007年5月にイリューシンのヴィクトル・リバノフは新しい中国のワイドボディ旅客機局長の開発に参加することが出来ると述べた。2011年10月にはロシアと中国は長距離航空機の作成に関する交渉で最終段階に入った。2012年4月には航空機メーカー間の覚書の調印によって計画が開始された[3]

2014年5月19日にはワイドボディ長距離旅客機の共同設計に協力することにより技術連携を高めることができることが報告された[3]

2015年2月11日にはコンセプトデザインの設計が進行中であることが報じられた[8]

2016年6月20日、ドミトリー・ロゴージン副首相はC929のための新しい35トン級エンジンの開発を始めていることを明らかとした[9]

2016年6月25日、UACとCOMACはC929の共同設計に関する合意に署名し、開発のための合弁会社を設立することで合意した[10]

2016年7月12日、ファーンボロー国際航空ショーにおいて、C929が上海で組み立てられることを明らかにした[6]

2017年5月、UACとCOMACの合弁会社「中露国際商用飛機有限責任公司」(CRAIC)が上海で設立され、9月29日にCOMAC C929は「CR929」と命名された[11]

設計編集

 
C929の客室(模型)

初期の設計では4発エンジンのIl-96をベースにするとされていたが[12]、2015年に公開された画像では双発機となり、ボーイング787に似たものとなっていた。この設計は、ツポレフの子会社が研究していたShFS(ロシア語でワイドボディ機を表すアナクロム)がベースとなっている。ShFSはエアバスA300のような胴体にTu-214の主翼を乗せたようなものであった。これは300名の乗客を乗せ、2,700海里(約5,000km)を飛行できるとされた[13]

機体を構成する材料には50%の複合材料と15%のチタンの使用が期待されており[13]、中国が製造した胴体にロシアが製造した主翼と尾翼、フィンが乗せられるとされている[14]。翼幅は360フィートが想定される[13]

エンジンには77,000から88,000ポンドクラスのものが検討されており[13]ロールスロイスゼネラル・エレクトリックにエンジンの要求書を送ったほか[6]、ロシア国内においてPD-30NK-32のコアをベースに高バイパス化した型)やPD-35(PD-14をベースに推力向上、スケールアップ等を図った発展型)といったギヤードターボファンが候補として挙がっているとされている[15][16]

派生型は3種類作られる予定であり、ベースとなる型式は250-280人の乗客を乗せて6,476海里(約12,000km)を飛行する能力を持つことになる[3]

代替案編集

ロシアでは手頃な代替案としてIl-96のエンジンをPD-14に換装したIl-96-400Mを検討している[17]

脚注編集

  1. ^ a b Глава ОАК: Россия и КНР создадут широкофюзеляжный самолет к 2025-2027 годам | РИА Новости
  2. ^ a b China's Comac Joins Commercial Passenger Plane Industry
  3. ^ a b c d e f g h i COMAC C929 / C939 COMAC
  4. ^ COMAC C929
  5. ^ Российско-китайский самолет обойдется в 13 млрд долларов | Авиатранспортное обозрение
  6. ^ a b c Российско-китайский широкофюзеляжный самолет будут собирать в Китае
  7. ^ Завод "Авиастар-СП" примет участие в российско-китайском проекте по созданию самолета
  8. ^ Russo-Chinese Widebody Concept Design Underway
  9. ^ Moscow starts developing heavy engine for joint Chinese-Russian airliner
  10. ^ Мантуров: Россия и Китай подпишут соглашение о проектировании совместного самолета
  11. ^ 中露共同開発の長距離ジェット旅客機、「CR929」と命名―中国メディア” (2017年10月2日). 2017年10月25日閲覧。
  12. ^ Russia and China discuss Il-96 successor
  13. ^ a b c d Russia and China Push for Next-Gen Widebody
  14. ^ Russo-Chinese Widebody Concept Design Underway
  15. ^ Dmitry Rogozin: an engine for a new transport aircraft may be derived from NK-32
  16. ^ ОДК готовится к созданию двигателя с тягой до 35 тонн
  17. ^ Russia Backs UAC to Expand Airliner Product Range

関連項目編集

外部リンク編集