メインメニューを開く

CR黄門ちゃま2(シーアールこうもんちゃま2)は、1994年平和が開発、発売したCR機デジパチ。1/3確率変動以下2回継続タイプ。継続リミットはなし。現金機デジパチ『黄門ちゃま』の後継機。演出の内容がドラマ版の『水戸黄門』に酷似しているが、タイアップ機ではない(後に京楽産業.から「CRぱちんこ水戸黄門」が発売された)。

特徴編集

平和としては『CR名画』に続くCR機であった。

ハズレ時は左絵柄の出現率の偏りが存在し、中絵柄は左絵柄+nコマを表示するというシステムのため、結果的にリーチのかかり易い絵柄とかかりにくい絵柄が存在することになり、リーチのかかった絵柄で大当たりの期待度が変わるというゲーム性を有している。これは『ダービー物語』から引き継がれたゲーム性である。大当たり時は3種類のエンディングが存在。これは『プリンセス物語』でも見られたゲーム性である。

ロングリーチ時にキャラが現れて絵柄停止に関与する演出、いわゆる「スーパーリーチ」を搭載した。

後継機種として、『CR将軍ちゃま』、『CR帰ってきた黄門ちゃま』、『CR時代をまたぐよ! 黄門ちゃま』『CR黄門ちゃま寿』『CR黄門ちゃま超寿』『CR黄門ちゃま 神盛ジャッジメント』がある。2004年12月に本機をモチーフとしたパチスロ機、『パチスロだよ黄門ちゃま』が発売された。さらにパチスロ5号機の『真・黄門ちゃま』が発売。

スーパーリーチ編集

右デジタルが高速回転し、画面左側に弥七もしくは八兵衛が現れて以下のアクションを行う。

  • 弥七リーチ
    • 高速回転している図柄に風車を投げつけて停止させる。信頼度約25%
  • 八兵衛リーチ
    • 一度停止した右図柄に八兵衛が乗りかかって再変動させる。もしくは尻餅をついて、再変動させないまま終わる(当たり図柄のときに尻餅をつくこともある)。トータル信頼度約15%(八兵衛が図柄に乗った際の信頼度は約80%と高い)。

外部リンク編集