メインメニューを開く

CRIME OF LOVE/いいんだぜ〜君がいてくれれば〜

CRIME OF LOVE/いいんだぜ〜君がいてくれれば〜」(クライム オブ ラブ/いいんだぜ きみがいてくれれば)は、藤木直人の通算15枚目のシングル2009年5月13日ポニーキャニオンより発売。

CRIME OF LOVE/
いいんだぜ〜君がいてくれれば〜
藤木直人シングル
初出アルバム『∞ Octave
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル ポニーキャニオン
チャート最高順位
藤木直人 シングル 年表
Tuning Note
2007年
CRIME OF LOVE/いいんだぜ〜君がいてくれれば〜
2009年
テンプレートを表示

概要編集

前作「Tuning Note」から約1年7ヶ月ぶりに発売された両A面シングル。2009年5月25日オリコン週間シングルチャート初登場16位。この年の7月7日に迎えるCDデビュー10周年の記念シングルであり、8thアルバム『∞ Octave』の先行シングルである。アルバムに「CRIME OF LOVE」のALBUM MIXバージョンを収録。

ジャケット違いの初回盤(Premium Edition)と通常盤(Standard Edition)の2パターンを発売。初回盤には「CRIME OF LOVE」のPVを収録したDVDが付属されており、通常盤にはカップリング曲としてアルバム未収録の「everything」が収録されている。

発売当日には、東京池袋サンシャインシティ・噴水広場においてシングル発売記念イベントが開催され、「CRIME OF LOVE」と「いいんだぜ〜君がいてくれれば〜」の両曲が初披露された。

収録曲編集

CRIME OF LOVE / いいんだぜ〜君がいてくれれば〜 <Premium Edition CD+DVD>
  1. CRIME OF LOVE
    (作詞:藤木直人/作曲:オオヤギヒロオ/編曲:Sin
    自身主演のテレビ朝日系ドラマ『夜光の階段』の主題歌。作曲はオオヤギヒロオ、編曲はSinで、今までにないラテンハウス調の楽曲。『夜光の階段』の世界観とリンクした歌詞は自ら書き上げた。PVは前作「Tuning Note」に引き続き須永秀明監督によるものである。
  2. いいんだぜ~君がいてくれれば~
    (作詞・作曲:中島らも/改訂版歌詞:藤木直人/編曲:家原正樹)
    日本テレビの深夜枠で2クールにわたって放送された、自身主演のドラマ『イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』(Season1、Season2)の主題歌。原曲の作詞、作曲ともに故・中島らも。嘗て中島らもと仕事をしたことがあるドラマのスタッフによって、ドラマ主題歌として用いられた楽曲である。原曲はそのままでは放送できない歌詞が含まれているため、出来るだけ元の歌詞を残してほしいという遺族の意向にそうよう、自身が歌詞をアレンジした[1]
  3. CRIME OF LOVE -Instrumental-
CRIME OF LOVE / いいんだぜ〜君がいてくれれば〜 <Standard Edition>
  1. CRIME OF LOVE
    (作詞:藤木直人/作曲:オオヤギヒロオ/編曲:Sin)
  2. いいんだぜ~君がいてくれれば~
    (作詞・作曲:中島らも/改訂版歌詞:藤木直人/編曲:家原正樹)
  3. everything
    (作詞:藤木直人/作曲・編曲:坂和也)
    作曲、編曲はサポートメンバーのキーボード担当・坂和也で、藤木担当・前任ディレクターの大学の後輩であることから作曲を依頼したという経緯がある。歌詞は、CDデビューしてからこれまでの10年間を振り返った心境や、支えてくれたすべての人への想いを表現している。レコーディングはサポートメンバーで行った[1]6月12日からスタートした「Naohito Fujiki Live Tour ver9.0 〜10 COUNT TOUR〜」の本編最後に歌われた曲。
  4. CRIME OF LOVE -Instrumental-

タイアップ編集

  • テレビ朝日系ドラマ『夜光の階段』主題歌(M-1)
  • 日本テレビ系ドラマ『イケ麺そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』(Season1)主題歌(M-2)
  • 日本テレビ系ドラマ『イケ麺新そば屋探偵〜いいんだぜ!〜』(Season2)主題歌(M-2)

収録アルバム編集

  • ∞ Octave(M-1、M-2)
  • HISTORY of NAOHITO FUJIKI 10TH ANNIVERSARY BOX(ベストアルバム限定盤)(M-1)
  • HISTORY of NAOHITO FUJIKI Standard Edition(ベストアルバム通常盤)(M-1)

テレビ出演編集

脚注編集

  1. ^ a b 「PATi PATi」2009年6月号(ソニー・マガジンズ)インタビュー記事参考。

関連項目編集