メインメニューを開く

CROSS ROAD (Mr.Childrenの曲)

Mr.Childrenの楽曲
Mr.Children > CROSS ROAD (Mr.Childrenの曲)

CROSS ROAD」(クロス ロード)は、Mr.Childrenの4枚目のシングル1993年11月10日トイズファクトリーより発売。

CROSS ROAD
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『Atomic Heart
B面 and I close to you
リリース
規格 8cmシングル
ジャンル ロック
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース 小林武史
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 6位(オリコン
  • 1994年度年間15位(オリコン)
  • Mr.Children シングル 年表
    Replay
    1993年
    CROSS ROAD
    (1993年)
    innocent world
    1994年
    Atomic Heart 収録曲
    クラスメイト
    (5)
    CROSS ROAD
    (6)
    ジェラシー
    (7)
    Versus 収録曲
    メインストリートに行こう
    (2)
    and I close to you
    (3)
    Replay
    (4)
    テンプレートを表示

    概要編集

    前作から約4か月ぶりのシングル。

    初回盤はジャケットの文字が金色の箔押しだが通常盤は金色のインクとなっており、中のトレイの色も初回盤は黒、通常盤は白という違いがある。アートディレクターは信藤三雄

    オリコンチャート初登場9位を獲得してMr.Childrenのシングルでは初のTOP10入りを果たすと、ドラマのタイアップ効果などもあり94年1月24日付で最高順位の6位を記録。その後も20位台を推移し続けて94年4月18日付のオリコンチャートで累計売上が100万枚を突破し、シングル・アルバム通じて自身初のミリオンセラーとなった[1]。最終的な売り上げは125.6万枚。チャートイン数は50回でシングルでは自己最長記録である。

    この曲で1993年末から94年前半にかけて『ミュージックステーション』『ポップジャム』に初出演した。

    収録曲編集

    1. CROSS ROAD
      日本テレビドラマ同窓会』主題歌。
      桜井がドラマの第一話分の台本のみを読んで曲を作り[2]、曲完成後に「100万枚売れる曲ができた!」と発言したエピソードがある。
      後に開催されたファンクラブ限定ツアー「Mr.Children FATHER&MOTHER 21周年ファンクラブツアー」の直前に行われた「会員が最もライブで聴きたい曲」では11位に選ばれた[3]。 阪神タイガース・藤浪晋太郎投手のかつて(15年度シーズン)の登場曲だった。
      ミュージック・ビデオが存在し、2018年3月21日発売の『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』に収録されている。監督は信藤三雄。
    2. and I close to you
      • 作詞:桜井和寿 作曲:桜井和寿 & 小林武史 編曲:小林武史 & Mr.Children
      3rdアルバム『Versus』からのリカット。
    3. CROSS ROAD (Instrumental Version)

    カバー編集

    • 香港の歌手アンディ・ホイ許志安が1995年に発表したアルバム『荒廢的樂園』で、「完美的畫面」として、「CROSS ROAD」を広東語カバーした。
    • 山本潤子 (2007年) - カヴァーアルバム『SONGS』に収録。

    出典編集

    1. ^ 1992年に発売された『Kind of Love』も100万枚を突破しているが達成年は1996年
    2. ^ Mr.Children 1992-1995』ライナーノーツ
    3. ^ 映画「Mr.Children REFLECTION」 劇場公開パンフレット

    収録アルバム編集