メインメニューを開く

株式会社CSKコミュニケーションズ(CSK COMMUNICATIONS CORPORATION)とは、SCSKの子会社で、旧CSKグループの地方展開戦略であるビジネスモデル(沖縄モデル)として設立された会社。 沖縄県に拠点を構え、コールセンター事業とシステム開発事業を展開し、自社にテクニカルサポート部門とシステム開発部門を持ち、それを活かした高度なCRMソリューションサービスを提供していた。

現在はサービスウェア・コーポレーションによる吸収合併により、法人としては消滅。その後、サービスウェア・コーポレーションは、CSKサービスウェア→SCSKサービスウェアと社名変更をしている。

CSK沖縄ビル

目次

概要編集

  • 設立 1998年(平成10年)4月17日 株式会社CSKコミュニケーションズ設立。(設立当時、商号は株式会社CSKコールセンター沖縄で、2000年(平成12年)11月に現在の社名に変更)
  • 本社所在地 沖縄県那覇市壺川1-3-4
  • 代表者 代表取締役社長 川本 久敏 (かわもと ひさとし)
  • 資本金 5億7,015万円
  • 従業員数 471名(2007年1月末日現在)
  • 平均年齢 32.0歳(2007年1月末日現在)
  • 事業内容 テクニカルサポートサービス,CRMソリューションサービス,教育サービス,コンサルティング

略歴編集

  • 1998年(平成10年) 4月 - 沖縄県那覇市久米に株式会社CSKコールセンター沖縄(資本金3,000万円)を設立。
  • 1998年(平成10年) 7月 - 外資系ソフトウェアメーカーのOSやアプリケーションソフト等に関するテクニカルサポートサービスを開始。
  • 1998年(平成10年) 9月 - 沖縄県よりコールセンターに関するコンサルティング業務(調査)を受託。
  • 1999年(平成11年) 1月 - 事業拡大に備え、那覇市壺川(現住所)に本社移転。
  • 1999年(平成11年) 6月 - 国内コンピュータメーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始。
  • 1999年(平成11年)    - 沖縄県の財団法人雇用開発推進機構より「コールセンター業務基礎技能講座」の講座運営を受託。
  • 2000年(平成12年) 4月 - インターネット接続やネットワークゲーム等に関する利用におけるテクニカルサポートサービスをインターネットプロバイダから受託。
  • 2000年(平成12年) 10月 - シスコシステムズ社製品に関するテクニカルサポート業務を開始。
  • 2000年(平成12年) 11月 - 社名を株式会社CSKコミュニケーションズに変更。
  • 2001年(平成13年) 3月 - 外資系コンピュータメーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始。
  • 2001年(平成13年)    - 事業拡大のため、オフィス(1,650m2)を増床。
  • 2001年(平成13年) 4月 - オラクル社製品に関するテクニカルサポートサービスを開始。
  • 2001年(平成13年) 6月 - 国内総合メーカーのパーソナルコンピュータに関するテクニカルサポートサービスを開始。
  • 2001年(平成13年) 9月 - 大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場に上場。
  • 2002年(平成14年) 4月 - CSKコミュニケーションズ100%出資による株式会社島根CSKを設立。
  • 2002年(平成14年) 11月 - CSKコミュニケーションズ100%出資による株式会社岩手CSKを設立。
  • 2003年(平成15年) 2月 - 株式交換により株式会社CSKの完全子会社となり上場廃止。
  • 2003年(平成15年) 7月 - プライバシーマークを取得
  • 2004年(平成16年) 2月 - 株式会社沖縄CSKを吸収合併
  • 2005年(平成17年) 3月 - CSKコミュニケーションズ100%出資による株式会社大分CSKを設立。
  • 2009年(平成21年) 7月 - サービスウェア・コーポレーションによる吸収合併

出資元会社編集

CSKコミュニケーションズグループ編集

外部リンク編集