メインメニューを開く

CUEZERO(キュー・ゼロ、本名:西田 光史(にしだ こうじ)、1976年5月14日 - )は、日本のヒップホップMCFUNKY GRAMMAR UNITの一員。東京都江戸川区出身。

CUEZERO
出生名 西田光史
生誕 (1976-05-14) 1976年5月14日(43歳)
出身地 東京都江戸川区
ジャンル ヒップホップ
職業 ヒップホップMC
活動期間 2000年 -(ソロとして)
レーベル adjust audio
(2000年)
RED ZONE
(2001年 - 2002年)
日本クラウン
(2003年)
GENESIS WORLD
(2003年 - 2004年)
くレーベル
(2005年 - 2009年)
JAPANEZE ZERO ENTERTAINMENT
(2012年 - )
共同作業者 KREVA
SIMON JAP
公式サイト CUEZERO TOP PAGE

名前は英単語cue(きっかけの意)から。

目次

来歴編集

  • 1995年、小学校からの幼馴染であるKREVABY PHAR THE DOPESTを結成する。その後、インディーズでシングル2枚、アルバム1枚をリリースするもユニットとしての活動を停止し、ニューヨークへ単独渡航した後に、ソロでの活動を開始。
  • 2000年CUEからCUEZEROに改名。
  • 2001年、G.M-KAZと共にインディーズレーベル「RED ZONE」を設立する。
  • 2006年9月、「SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2006」で10年振りにBY PHAR THE DOPESTとしての活動を再開。
  • 2007年4月25日、約3年振りとなる『バァァァック!』をくレーベルからTSUTAYA限定でリリースした。また、発売日にはオフィシャルウェブサイトをオープンし、自身の誕生日である5月14日からはブログをスタートさせた。
  • 2009年2月、神輿ロッカーズ・くレーベルからの卒業を果たし、盟友KREVAと袂を分つ。
  • 2010年2月、盟友DJ SHUHOが主催するイベントに、人生初となるDJとしての参加をはたす。
  • 2012年12月12日、自主レーベル「JAPANEZE ZERO ENTERTAINMENT」よりアルバム『THE ASCENSION』を発売する。桜木町の飲食店で店長として働きながら、自身の作品をはじめ客演、FG NIGHTDYNAMITEなどのイベントに参加するなど音楽活動も並行して行っている。
  • 2014年7月31日傷害容疑で逮捕。同年6月18日、相模原駅ホームで私立大学4年の男子学生の頭を殴るなどして全治2週間の怪我を負わせたとされる[1]

ディスコグラフィー編集

インディーズ編集

シングル編集

  • ココカラ (2001年11月23日)
    1. ココカラ
    2. キッカケ
    3. その一歩だ
    4. キッカケ(RED ZONE Remix)
  • イーゼ (2002年2月22日)
    1. イーゼ
    2. easy?
    3. シノビ.コム

アルバム編集

  • ZERO (2001年1月17日)
    1. CAPITALC
    2. J.A.P. IN THE HOUSE
    3. TOKYO
    4. TECHNICIAN
    5. NINJA IN JAPAN featuring JUSTY ACE
    6. IN FIGHTER
    7. NO JAKE
    8. INTERLUDE
    9. SEMINAR B
    10. SEMINAR B PART.2 featuring INNOSENCE
    11. R.E.A.L.〜Red Eyes and Love〜
    12. INTERLUDE
    13. バトルのB featuring DOHZI-T, SIMON JAP of JUSTY ACE
    14. STYLE OF SURVIVE
    15. TO MY MEN
    16. ENDLESS EPISODE
  • THE ASCENSION (2012年12月12日)

メジャー編集

シングル編集

  • トップホイッスル REMIX (2003年7月16日)
    1. トップホイッスル REMIX feat. KREVA
    2. CUEZERO THE WORLD Mr.Drunk REMIX
    3. トップホイッスル
    4. CUEZERO THE WORLD
    5. トップホイッスル REMIX × REMIX?

アルバム編集

  • CUEZERO THE WORLD 秋の祭典 (2003年2月21日)
    1. トップホイッスル
    2. CUEZERO THE WORLD
    3. モノホンヒップホップ
    4. フォーリンローリンmessage
    5. イーゼ
    6. 湾岸ドライブ
    7. フォロー ザ リーダー feat.LITTLE for KICK THE CAN CREW
    8. all my japanese
    9. シノビ.コム
    10. 夕べの奴は…
    11. TOKYO迷子〜それが団地〜
    12. To my Father
    13. バトルの「B」 Part 2 feat.童子-T
    14. STOP & GO
    15. 最後に
    16. To my Father (KREVA REMIX)
    DJ陣にDJ TATSUTA、G.M-KAZ、ROCK-TeeDJ SHUHO、MC陣にはKICK THE CAN CREWLITTLE童子-Tが参加。オリコン最高順位216位。
  • 3分クッキング (2004年3月17日)
    1. 3分男
    2. 太鼓盤 feat. KREVA
    3. 3分クッキング feat. Mummy-D
    4. AAH
    5. ミラコー feat. K.I.N
    6. 今を…
    7. 録音男
    8. さわげないサタデナイ feat. KREVA
    9. 奇跡
    10. 夜祭り インザ CLUB feat. KREVA
    11. すてたもんじゃない
    12. 本根
    13. レッツバウンス
    14. ウォウオ
    全ての曲が3分台で収録されており、MC陣にはRhymester/マボロシMummy-DKREVAらが参加。

ミニアルバム編集

  • バァァァック! (2007年4月25日)
    1. バァァァック!
      1. ラップ虎の穴
    1. それ…‥なのか?
    2. 英光への脱出
    3. バァァァック! CUEZERO REMIX
    4. この辺で・・・

客演編集

BY PHAR THE DOPEST、くレーベルを除く

出典編集

  1. ^ ヒップホップミュージシャン逮捕 相模原駅で傷害の疑い”. 神奈川新聞 (2014年8月1日). 2014年8月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年4月21日閲覧。

外部リンク編集