メインメニューを開く

CWUR世界大学ランキングはCenter for World University Rankingsによって解説されているランキング。

特徴編集

外国人教員や留学生の比率[1]無視し、学術研究のみに重点を置いたCWUR世界大学ランキングはQSやTHEとは一線を画している。明示されていないが、入学試験の難易度も考慮されているため[要検証]日本の大学を高く評価する点もQSやTHEと違い、東京大学を2018-2019年度版で12位[2]に位置づけている。ただし、大学の自治の重要性を強く意識しているためか[要出典]、あるいは国際的な学術賞を受賞した相対的な卒業者数に関する「教育の質」の順位が極端に低いためか(清華大学では研究規模が世界22位に対し教育の質は586位)[3]、中国の大学は最も低く評価されており、最高位が92位の北京大学になっている[4]。これもQSやTHEでは全く見られない現象である。2018年から調査方法に若干の変更[5]があるが、学生の親の出自や財力を一切考慮しないランキング[要説明]である点は不動である。

センターはアラブ首長国連邦に置かれているものの、中近東の大学を過大に評価するという傾向は全く見られない。近年日本の大学は、ほかのランキングと同様に順位を落としている。

脚注編集

  1. ^ METHODOLOGY”. cwur.org (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。
  2. ^ Japan - CWUR World University Rankings 2018-2019
  3. ^ Tsinghua University Ranking - CWUR World University Rankings 2018-2019”. cwur.org. 2019年6月20日閲覧。
  4. ^ China - CWUR World University Rankings 2018-2019
  5. ^ CWUR World University Rankings 2018-2019”. tanuki-no-suji.at.webry.info (2018年9月25日). 2018年9月25日閲覧。

参考文献編集

外部リンク編集