メインメニューを開く

call」(コール)は、1985年2月21日に発売されたオフコース通算28枚目のシングル

call
オフコースシングル
初出アルバム『IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987
B面 2度目の夏
リリース
規格 EP
録音 1985年1月6-11日
ジャンル ポップス
ロック
レーベル FUNHOUSE
EP:07FA-1023
作詞・作曲 小田和正 (call)
秋元康 / 松尾一彦(2度目の夏)
プロデュース オフコース
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン
  • 1985年3月度月間9位(オリコン)
  • 1985年度年間95位(オリコン)
  • 登場回数9回(オリコン)
オフコース シングル 年表
緑の日々
1984年
call
1985年
たそがれ
(1985年)
IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987 収録曲
  1. IT'S ALL RIGHT (ANYTHING FOR YOU)
  2. 君が、嘘を、ついた
  3. 夏の日
  4. 君の倖せを祈れない
  5. 緑の日々
  6. call
  7. たそがれ
  8. LAST NIGHT
  9. 夏から夏まで
  10. ぜんまいじかけの嘘
  11. 時代のかたすみで(せめて、今だけ)
テンプレートを表示

解説編集

「call」は、オリジナルアルバムには未収録で、ベスト・アルバム『IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-1987[注 1]に収録された。ベスト・アルバム『Off Course GREATEST HITS[注 2]収録の同曲はエンディングのフェイドアウトまでの時間が長い。また、この曲はランディ・グッドラムによる英語詞に置き換えられて「SECOND CHANCE」と改作され、アルバム『Back Streets of Tokyo[注 3]に収録された。1984年の秋、次のアルバム制作が予定されていたが、「シングルを2枚作ってコンサートをしよう」というメンバーの意向により、この時点でのアルバム制作はキャンセルされた。このシングルはその2枚のうちの1枚目。

カップリング曲として収録された「2度目の夏」は、秋元康による最初のオフコースへの詞提供作品。そのきっかけについて秋元は「そもそもの出会いはね、稲垣潤一のスタジオで。オフコースのメンバーもレコーディングに協力していたでしょ。松尾さんが曲を書いていたりと」「稲垣潤一のスタジオをやっていた頃から、いつかオフコースにも詞を書いてくれ、っていわれたりしていて、『2度目の夏』と『LAST NIGHT』のころから、書き出したんです」と、1985年秋のファンクラブ会報用のインタビューで答えている。

アナログ盤のEPレコードの初回盤には、表に1985年のコンサートツアー・スケジュール、裏に同ツアー初日の4月26日千葉県文化会館でのオープニング・ナンバー曲名当てクイズについて記述されている別紙が添付されていた[注 4]

収録曲編集

SIDE A編集

  1. call
    作詞・作曲:小田和正、編曲:オフコース

SIDE B編集

  1. 2度目の夏
    作詞:秋元康、作曲:松尾一彦、編曲:オフコース
    アルバム未収録曲

スタッフ編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ IT'S ALL RIGHT OFF COURSE SELECTION III 1984-19871987年7月5日発売 FUNHOUSE LP:28FB-2101,CD:32FD-1068
  2. ^ Off Course GREATEST HITS1998年5月21日発売 FUNHOUSE 3CD:FHCF-2418-20
  3. ^ Back Streets of Tokyo1985年8月1日発売 FUNHOUSE LP:28FB-2020
  4. ^ 答えは「恋びとたちのように」で、正解者には抽選で「オフコース・コール・ウォッチ」がプレゼントされた。

出典編集

外部リンク編集