Campus(キャンパス)とは、コクヨが販売している大学ノートのブランド。

概要編集

Campus(キャンパス)はコクヨの代表的な製品・ブランドのひとつである。ブランドの「Campus」は大学ノートに由来する。大学ノートは表紙デザインが数回変わっている。1975年の初代(A罫=7mm、B罫=6mmも当初から設定されていた[1])以来、1983年から2代目、1991年から3代目、2000年から4代目、2011年から5代目が発売されてきた[2]

このシリーズには各種大学ノートのほか、ツインリングノート(リング綴じのノート[3])、リーフノート(ページを切り離すためのミシン目と、切り離した後でルーズリーフ用紙として使うための穴が開いたノート[4])、バインダー(ルーズリーフなどを綴じる、綴じ具付き表紙[5])、レポート箋、便箋、グラフ用紙、デザインノート(洋裁帳)、音楽帳、五線紙、英習帳・単語帳・単語カード、家計簿、ダイアリーなどがある[6]

PR編集

2012年2月26日には、TBSテレビMBSテレビの東阪両局にて、没後20年となったロックシンガーの尾崎豊の直筆ノートと自身の肉声、ならびに未発表音源を初公開するという内容の、同製品の60秒スペシャルCMが、同日18時59分より放映された。

CamiAppシリーズ編集

コクヨでは無料専用アプリでノートを撮影すると自動補正して電子データ化するCamiAppシリーズを発売しており、CamiApp用のツインリングノート、メモパッド、ルーズリーフ、バインダーなども発売している[7]

脚注編集

  1. ^ 【コクヨ キャンパスノート】青春の1ページ(男の浪漫伝説 Vol.9) | ドリームメール
  2. ^ http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/campus/history.html
  3. ^ ツインリングノート”. コクヨ. 2017年12月29日閲覧。
  4. ^ リーフノート・レポート箋・メモパッド”. コクヨ. 2017年12月29日閲覧。
  5. ^ ファイルとバインダーの違い”. 日本ファイル・バインダー協会. 2017年12月29日閲覧。
  6. ^ http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/campus/
  7. ^ http://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/camiapp/

外部リンク編集