メインメニューを開く

can/goo(カングー)は、日本音楽バンドである。

can/goo
出身地 日本の旗 日本
ジャンル J-POP
アニメソング
レーベル ミュージックウエブレコード (2001年 - 2002年
スターチャイルドレコード2002年 - 2005年
LOOP TRIANGLE (2010年 - )
共同作業者 時乗浩一郎
公式サイト オフィシャルサイト
メンバー TAPIKO(ボーカルピアノ
POMギターコーラス 
HIDE(ドラムス・コーラス)
旧メンバー KIYO(ベース・コーラス)

目次

概要編集

ロックが熱かった70年代をベースとしたナチュラルでありながら遊びのあるサウンドと歌謡曲にも負けない力強いメロディーの融合を目指す。

年表編集

  • 1998年、POMがcan/gooプロジェクトを考案。この頃からTAPIKOと出会う。
  • 1999年、KIYOとHIDEが加入。
  • 2001年、シングル「欠片」にてインディーズデビュー。
  • 2002年11月22日に発売されたシングル「まぼろし」にて、スターチャイルドレコードからメジャーデビュー。同曲はテレビアニメ「シスター・プリンセス RePure」オープニングテーマに起用され、オリコンチャート初登場16位を記録。「A&Gメディアステーション こむちゃっとカウントダウン」にて、当時の番組記録である9週連続第1位を果たした。
  • 2004年12月1日、メジャー1stアルバム「ココロのうた」をリリース。
  • 2006年、ファンクラブの会報にて同年2月末でのファンクラブ解散と、4月30日にて行われるワンマンライブを以て活動休止を発表。
    • (時期不明) 正式な発表は無いが、所属事務所であったGOOD-DAYを離脱。
  • 2007年11月23日、「can/goo Live 2007 -きみにあいたい-」を開催し活動を再開。2日後の「電撃15年祭」にも出演した。
  • 2009年、ライブDVD「can/goo Live 2009 きみにあいたい-Returns- 」をリリースし、本格的に活動を再開した。
  • 2010年11月22日、約5年ぶりとなるCDであり、6年ぶりのアルバムである『思い出シンドローム』をインディーズよりリリース。
  • 2013年白石涼子かんぐぅりょっちを結成
  • 2016年9月19日、KIYOが同年12月11日のワンマンライブを以て脱退することが発表され[1]、予定通り正式に脱退した。それ以降はサポートベーシストを置き、3人で活動を継続中。
  • 2018年9月24日KING SUPER LIVE2018に出演。翌9月25日にはベルウッド・レコード(キングレコード系のインディーズレーベル)より、5枚目にて初のベストアルバム『ALL TIME BEST 2001-2018 can詰め』をリリース。キングレコード系からのリリースは、「刻印」以来、13年ぶりとなる。

エピソード編集

メンバー編集

  • POM(ぽん)
    • ギターコーラス担当・1964年6月13日生まれ・O型滋賀県出身 [2]
    • リーダーであり、主に作曲を担当。
    • ソロシンガーとしても活動し、POM名義でミニアルバム「忘れない」、本田'POM'孝信名義でアルバム「re/Birth」「FRIENDS」をリリース。

元メンバー編集

  • KIYO(きよ)
    • ベース・コーラス担当・12月27日生まれ・O型・東京都出身
    • The JADE近藤薫井上昌己田川伸治深野義和深見亮介などのサポートメンバーとして活動。
    • 2012年、プロフェッショナルサポートバンド・4tunesに参加。
    • 2016年12月11日のワンマンライブを以て、グループを脱退。それに伴いかんぐぅりょっちも脱退した。脱退後、同月18日のグー刊現在増刊号にて「元can/gooのKIYO」としてゲスト出演した[3]
    • HIDEとは音楽学校で出会ってからの仲であり[4]、グループ脱退後もHIDEのソロライブにはサポートベーシストとして、長田雄大ワンマンライブにはHIDEとサポートメンバーとして共演している。

サポートメンバー編集

ディスコグラフィ編集

シングル編集

  • クレジットは、特記すべき点は除く全ての作詞:TAPIKO、作曲:POM、編曲:can/goo・時乗浩一郎 表記
  • メジャーレーベルでのリリースはレーベルに太字表記
発売 タイトル レーベル 曲名 備考
1st 2001年7月11日 欠片 ミュージックウエブレコード 1.欠片
2.パラレル
3.Tappy
4.欠片(Off Vocal Version)
5.パラレル(Off Vocal Version)
6.Tappy(Off Vocal Version)
インディーズデビューシングル。
1.テレビ朝日「カーグラフィックTV」エンディングテーマ
2nd 2002年11月22日 まぼろし スターチャイルドレコード 1.まぼろし
2.君と生けていく
3.まぼろし(Off Vocal Version)
4.君と生きていく(Off Vocal Version)
メジャーデビューシングル
1.テレビアニメ「シスター・プリンセス RePure」オープニング主題歌
2.テレビアニメ「シスター・プリンセス RePure」エンディングテーマ
オリコンチャート16位
3rd 2003年6月25日 鏡の中 スターチャイルドレコード 1.鏡の中
2.ひとつ=運命共同体
3.鏡の中(Off Vocal Version)
4.ひとつ=運命共同体(Off Vocal Version)
1.テレビアニメ「ウルトラマニアック」オープニング主題歌
2.テレビアニメ「ウルトラマニアック」エンディングテーマ 
4th 2004年5月26日 教えてあげる スターチャイルドレコード 1.教えてあげる
2.プライド
3.眠れない
4.教えてあげる(Off Vocal Version)
5.プライド(Off Vocal Version)
6.眠れない(Off Vocal Version)
1.テレビアニメ「せんせいのお時間」オープニング主題歌
5th 2005年1月13日 刻印 スターチャイルドレコード 1.刻印
2.顔
3.刻印(Off Vocal Version)
4.顔(Off Vocal Version)
1.テレビアニメ「吟遊黙示録マイネリーベ」オープニング主題歌
2.テレビアニメ「吟遊黙示録マイネリーベ」エンディングテーマ 
尚、表題曲は「しるし」と読む
6th 2016年12月11日 一期一会 LOOP TRIANGLE 1.一期一会
ライブ会場限定シングル。作詞:TAPIKO、作曲:POM、編曲:can/goo
KIYOが本作の発売日当日のライブを以て脱退するため結成メンバー4人で収録した最後の楽曲となった。
2018年6月24日からセブンネットショッピングでも発売された。
オリジナルトートバッグ付き

アルバム編集

発売 タイトル レーベル 曲名 備考
1st 2002年7月19日 イマココニイル ミュージックウエブレコード 1.無限大
2.欠片
3.パラレル
4.寝息
5.誰より傍に
6.何処
7.生きるカタチ
8.Spicy Girl
9.壊してあげる
10.ココニイル
11.寝息 -reprise-
1.テレビ埼玉「第84回全国高等学校野球選手権埼玉大会」挿入歌
4、10曲目 作詞・作曲:TAPIKO、編曲:can/goo・時乗浩一郎
2nd 2004年12月1日 ココロのうた スターチャイルドレコード 1.教えてあげる
2.君の味方
3.刻印
4.まぼろし
5.冬の月の下で
6.ココロのうた
7. 鏡の中
8.愛すべき君に
9.あなたですか
10.ウソ
11.チャンス -遅咲きBloomer-
12.ひとつ=運命共同体
13.まぼろし -epilogue-
2.日本テレビ系「『NNNニュースプラス1』エンタメSPORTS」 11月・12月度テーマソング
10曲目 作詞・作曲・編曲:TAPIKO
現時点で唯一のメジャーアルバム。
3rd 2010年11月22日 思い出シンドローム LOOP TRIANGLE 1.キミを失くしたココロ
2.SOS 〜ぼくたちのルール〜
3.思い出症候群
4.好きだから
5.偏屈モード
6.タイムリミット
7. きみにあいたい
8.行こう
2 - 5、7・8曲目 作詞:TAPIKO、作曲:POM、編曲:can/goo
インディーズでは8年ぶりのフルアルバム
4th 2011年11月22日 ココロスイッチ LOOP TRIANGLE 1.春、花びら
2.お掃除サマー
3.斜陽の影
4.白い奇蹟
5.ココロスイッチ
6.道しるべ -Acoustic Version-
全曲 作詞:TAPIKO、作曲:POM、編曲:can/goo
四季をテーマにしたコンセプチュアルアルバムにして、初のミニアルバム。
5th 2018年9月15日 All Time Best 2001-2018 can詰め ベルウッドレコード 1.欠片
2.無限大
3.ココニイル
4.まぼろし
5.君と生きていく
6.鏡の中
7.教えてあげる
8.プライド
9.刻印
10.顔
11.キミを無くしたココロ
12.思い出症候群
13.斜陽の影
14.お掃除サマー
15.一期一会
16.青いフィールド
17.さよならの後に
初のベストアルバム。12 - 15曲目の作詞:TAPIKO、作曲:POM、編曲:can/goo
16曲目はCOACH☆に楽曲提供した曲をセルフカヴァー。
17曲目は新曲であり、「まぼろし」のアンサーソングとなっている。
KIYO脱退後、ライブのサポートベーシストとして参加している森口翔太が16・17曲目にてベースを担当。

提供編集

出演編集

ラジオ編集

リンク編集

脚注編集

  1. ^ can/gooから皆さまへご報告 - 2016年10月16日閲覧
  2. ^ 涼風 -りょうふぅ- ぷちかんぐぅりょっち(2014.06.23付)
  3. ^ 11日もグループ在籍時に出演したため、実質2週連続出演
  4. ^ 小川清邦 - HIDE公式ブログ 2013年03月07日15:13 2018年11月20日閲覧
  5. ^ 【参加作品】本田’POM’孝信/FRIENDS - 森口翔太 Official WebSite – ベーシスト森口翔太のホームページ Blog 2017年6月30日より