candy cutie』(キャンディー・キューティー)は、2003年5月21日contemodeより発売されたcapsuleの6枚目のCDマキシシングルで(品番:YCDW-00013)[1]、アルバム『CUTIE CINEMA REPLAY』からのシングルカットである。

candy cutie
capsuleシングル
初出アルバム『CUTIE CINEMA REPLAY
リリース
規格 CDシングル
ジャンル エレクトロ
レーベル contemodeヤマハミュージックコミュニケーションズ
プロデュース 中田ヤスタカ
capsule シングル 年表
CUTIE CINEMA pre-PLAY
(2003年)
candy cutie
(2003年)
idol fancy
(2003年)
テンプレートを表示

capsule(現 CAPSULE)のデビューシングル『さくら』の発売20周年となる2021年3月28日からは、iTunes Storeや各種ストリーミングサービスでも配信されており[2]、配信でのタイトル表記は上記の通り英語小文字表記だが、ヤマハミュージックコミュニケーションズの商品紹介ページでは、表記は『キャンディーキューティー』である。

発売当時、タワーレコードにて本作を購入した際、特典CD『tone cooking』(品番:YCSP-00060)(ジャケットのアーティスト表記は「capsule+++」)が付属した。本ページでは、こちらについても記述する。

楽曲について編集

本編CD編集

1.キャンディー キューティー

シングル『CUTIE CINEMA pre-PLAY』及びアルバム『CUTIE CINEMA REPLAY』に収録された際とイントロが異なる。

タワーレコード特典CD『tone cooking』編集

1.tone cooking

アルバム『phony phonic』収録の「cosmic tone cooking」の原曲である。ゲストボーカル及びボイスサンプルにミキコ(COPTER4016882)、ミミ(twinkle jack)、わんた(Hazel Nuts Chocolate)、ウカイ(COPTER4016882)うっちー(capsuleのスタッフ)が参加しているほか、ウカイはギター、わんたはパーカッションでも参加している。特典CD以外には一切収録されておらず、配信もされていない。

収録曲について編集

全作詞・全作曲:中田ヤスタカ

本編CD
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「キャンディー キューティー」(feat.Sonic Coaster Pop)  
2.「call me call me」(feat.Sonic Coaster Pop)  
3.「キャンディー キューティー (Monkey Party mix)」(remixed by KOFTA)  
4.「キャンディー キューティー (no----Nashville mix)」(remixed by Plus-Tech Squeeze Box)  
タワーレコード特典CD『tone cooking』
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「tone cooking」  

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ キャンディーキューティー | capsule | ヤマハミュージックコミュニケーションズ公式サイト”. ヤマハミュージックコミュニケーションズ | YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS CO., LTD.. 2021年12月10日閲覧。
  2. ^ 田村, 伊吹 (2021年3月26日). “デビューシングル『さくら』から『レトロメモリー』がサブスクリプションサービスにて配信決定!” (英語). CAPSULE OFFICIAL WEB. 2021年12月10日閲覧。