メインメニューを開く

Chase the Chance」(チェイス・ザ・チャンス)は、日本女性歌手安室奈美恵の単独名義では4枚目のシングル。小室哲哉プロデュースによる楽曲である。

Chase the chance
安室奈美恵シングル
初出アルバム『SWEET 19 BLUES
リリース
録音 1995年
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
プロデュース TETSUYA KOMURO
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 1996年度年間10位(オリコン)
  • オリコン歴代シングルランキング114位
  • 安室奈美恵 シングル 年表
    Body Feels EXIT
    (1995年)
    Chase the Chance
    (1995年)
    Don't wanna cry
    1996年
    SWEET 19 BLUES 収録曲
    181920 収録曲
    Finally 収録曲
    ミュージックビデオ
    「Chase the Chance」 - YouTube
    テンプレートを表示

    目次

    解説編集

    • 1995年12月4日にリリース。前作「Body Feels EXIT」から約1ヶ月とハイペースでのリリースとなった。
    • 日本テレビ土曜ドラマザ・シェフ」(同年10月8日〜12月16日・全9話)の主題歌。ソロ名義になってからの初のドラマ主題歌となった。
    • 元・dosKABAによる振付。
    • ラップの部分がメインになっていて、デモテープを聴きながら一生懸命覚え、それでもその部分はレコーディングにかなりの時間がかかった[1]。当初ラップは安室が担当する予定ではなかったが、レコーディングの当日「1コーラスだけやってみよう」ということになり歌ってみたら即OKテイクが出て、そのまま2コーラスもやることになった。安室は難しく感じながらも、必死にその場のノリで挑んでスタッフの要求に答えていった[2]
    • 同曲まで、バックダンサーとしてSUPER MONKEY'S(現・MAX)が参加していた。
    • 自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得した。オリコンでは、自身初のシングルのミリオンセラーを達成(出荷ベースでは2枚目)。また、大晦日第46回NHK紅白歌合戦にも初出場した(当時18歳)。
    • 累計出荷枚数は155万枚[3]

    主な記録編集

    • HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP・パーフェクトランキング(96/01/15・#052) 1位
    • オリコン・1996年間カラオケリクエスト回数 5位。ボーカロイドの安室奈美恵はサビの部分が「チャンス・エン・チャンス」と言っている様に聞こえる場合が多く、当時に日本人として歌詞を重視するユーザーとの間ではカラオケボックスなどで僅かながら安室奈美恵とシンクロさせずに歌う人には場合により批判の声があった。
    • HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP・パーフェクトランキング 3 YEARS BEST 100(95・96・97) 40位。

    収録曲編集

    作詞:小室哲哉&前田たかひろ 作曲・編曲:小室哲哉 ミキシング・リミックス(#2,3):ゲイリー・ライト

    1. Chase the Chance (ORIGINAL MIX)
    2. Chase the Chance (TRIP CLUB MIX)
      プロモーション用に制作された非売品のアナログ盤「Chase the Chance/Don't wanna cry/You're my sunshine」に演奏時間が本作より長いもの(6分20秒)が収録されている。
    3. Chase the Chance (G.WRIGHT JUNGLE MIX)
    4. Chase the Chance (ORIGINAL KARAOKE)

    収録作品編集

    CD
    映像作品

    脚注編集

    1. ^ ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1995年12月号86Pより。
    2. ^ 角川書店刊「CDでーた」1995年12月5日号41Pより。
    3. ^ 安室奈美恵ディスコグラフィー日刊スポーツ。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
    4. ^ 株式会社スコラ刊「スコラ」1997年1月9日号31Pより。

    外部リンク編集