メインメニューを開く

Citylights Dandy』(シティライツ・ダンディ)は、2010年8月4日に発売された角松敏生通算20作目のスタジオ・アルバム

Citylights Dandy
角松敏生スタジオ・アルバム
リリース
録音 WESTSIDE STUDIO
ジャンル ロック
ポップス
AOR
時間
レーベル IDEAK ⁄ Ariola Japan Inc.
Blu-ray Disc:BVXL-5
CD:BVCL-117
チャート最高順位
角松敏生 アルバム 年表
NO TURNS
2009年
Citylights Dandy
2010年
1998-2010
2011年
テンプレートを表示

解説編集

「海・夏」を連想させる楽曲を多く制作していた1980年代初頭に、その後のテクニックやボキャブラリーがあったらこんなアルバムを制作していただろう、というコンセプトのもと4リズムで制作された2003年のアルバム『Summer 4 Rhythm』 に続き、基本コンセプトを“Summer 4 Rhythm 第2弾”と位置付けられた本作は、玉田豊夢(ドラムス)、松原秀樹(ベース)、今剛(ギター)、森俊之(キーボード)の4リズムを中心に、「海・夏」と並んで角松のイメージを形成するもう一つの要素である「都会・夜」をテーマにアダルトな夏の夜を表現したコンセプト・アルバム。夜の持つ、ときめき、けだるさ、妖しさ、深みなどが渾然とあいまった詞と、タイトルやジャケットが連想させるAORサウンドで構成されている。

「134」と「Mrs.Moonlight」は、別バージョンが先行配信された。角松敏生ソロ名義としては初配信となる。

Blu-ray盤編集

全収録曲を5.1chサラウンドでリミックスしている。再生時にはアルバムコンセプトでもある「都会の夜」の映像と共に音楽を聴く事ができ、歌詞の表示もできる。

特典として「Mrs. Moonlight」のミュージック・ビデオが収録されている。

収録曲編集

  1. Dandy… in the Citylights  – (2:02)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  2. HOT LAZY NIGHT  – (5:20)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  3. Fly By Night  – (3:37)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  4. 134  – (5:18)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  5. La Carnaval  – (4:18)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  6. Twilight Moody Blues  – (4:10)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  7. Mrs. Moonlight  – (6:12)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  8. Friend  – (5:19)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  9. Funky GO-KOHN  – (6:26)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  10. 浜辺days  – (3:48)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲
  11. See You Again  – (4:40)[2]
    角松敏生 作詞・作曲・編曲 / 森俊之シンセサイザーアレンジ
  12. Mrs.Moonlight (Music Video) ※Blu-ray Disc収録


All songs written, arranged & produced by TOSHIKI KADOMATSU
Except “See You Again” synthesizer arranged by TOSHIYUKI MORI

クレジット編集

スタッフ編集

  • EXECUTIVE PRODUCER : TOSHIKI KADOMATSU


  • All Songs Composed & Arranged by TOSHIKI KADOMATSU
  • Except "See You Again" Synthesizer Arranged by TOSHIYUKI MORI


  • Directed by TETSUO KOKUBU (BEANS)
  • Artist Management : KUNIO KOGA (BEANS)
  • A&R : HARU TAKAGI (ARIOLA JAPAN)


  • Mixed by SHINICHI KAWASUMI & TOSHIKI KADOMATSU
  • Recorded by SHINICHI KAWASUMI
  • Pro Tools Operator :
    MITSUTAKA SEKI (MIXER'S LAB)
    KOTARO KOSAKA (MIXER'S LAB)
  • Mastered by SHIGEO "MT" MIYAMOTO (form THE MASTER)
  • Mixed & Recorded at WESTSIDE STUDIO
  • Mastered at form THE MASTER
  • Studio Management : ASAKO OHSUMI (MIXERS LAB)
  • Engineers Management :
    ASAKO OHSUMI (MIXER'S LAB)
    HIROMI KOJIMA (MIXER'S LAB)
  • Equipment Management : HIROSHI YAMADA (BEANS)
  • Kon's Equipment Technician : SHINJI SUGIYAMA (FIELD GEAR)
  • Acoustic Piano Tuner : NAOMI OHNO (TAKAGI KLAVIER)
  • Fender Rhodes Tuner : SADAYOSHI "TARO" SATO (LEO MUSIC)
  • Production Desk :
    AKIKO SUNADOI (EMERALD SPLASH)
    KYOKO SUGIURA (EMERALD SPLASH)
    MIZUE NAKAYAMA (EMERALD SPLASH)
    AKI TAKAHASHI (EMERALD SPLASH)
  • Assistant Manager : TOMOMICHI SATO (BEANS)
  • Sales Promotion : YUKI INOUE (Sony Music Distribution)
  • Media Promotion in Chief : SHIGEKI FUJIWARA (ARIOLA JAPAN)
  • Supervisor : RYUICHI KASHIWAGI (ARIOLA JAPAN)
  • Executive Supervisor : SHIGENOBU KARUBE (ARIOLA JAPAN)


  • Art Direction & Design : SWINGARM
  • Photography : TAKAYUKI OKADA
  • Styling : YOHKO TANAKA
  • Hair & Make-up: RIE INADA
  • Art Product Coordination : YUKIKO TAKATA (Sony Music Communications)

脚注編集

  1. ^ 角松敏生/Citylights Dandy” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年1月27日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k l 角松敏生/Citylights Dandy” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年1月27日閲覧。

外部リンク編集

SonyMusic