CoCo (アイドルグループ)

CoCo(ココ)は、1989年フジテレビのテレビ番組『パラダイスGoGo!!』内の乙女塾から誕生した、女性アイドルグループである。当初メンバーは5人だったが、1992年瀬能あづさが脱退[1] し、その後は4人で活動を続け、1994年に解散。

CoCo
出身地 日本の旗 日本
ジャンル アイドル歌謡曲
活動期間 1989年 - 1994年
レーベル ポニーキャニオン
事務所 プロダクション尾木
メンバー
 宮前真樹(みやまえ まき) -  乙女塾1期生
 羽田惠理香(はねだ えりか) - 同1期生
 大野幹代(おおの みきよ) - 同1期生
 三浦理恵子(みうら りえこ) - 同2期生
旧メンバー
 瀬能あづさ(せのう あづさ) - 乙女塾2期生
 ※1992年5月脱退

メンバー編集

来歴編集

夕やけニャンニャン』終了後の翌々年に同時間帯でスタートした『パラダイスGoGo!!』でアイドル養成講座の「乙女塾」から1989年9月に「EQUALロマンス」でデビュー[1]。以降、「横浜Boy Style」まで、11曲連続ベスト10入り、3枚目のシングル「夏の友達」から「Newsな未来」まで、4曲連続ベスト3入りを果たしている。

同じくフジテレビ夕方の番組から誕生した「おニャン子クラブ」解散後、特に女性グループでは「アイドル冬の時代」といわれた90年代初頭にかけて、安定した売上で新曲をリリース、単独コンサートツアーを解散まで継続するなど活躍した。
また、各メンバーは次々にソロCDデビューすると活動を平行させていた。 尚、乙女塾全体としてのレギュラー番組である『パラダイスGoGo!!』と『週刊スタミナ天国』を除くと、地上波ではテレビレギュラー番組を持たなかった。

中心メンバーだった瀬能あづさがソロ活動専念を理由に、1992年5月17日の日本武道館公演を最後に脱退[2]。その際、新メンバー補充の計画もあり、ファンクラブの会員に対し応募要項、応募用紙が送付されたりしたものの結局メンバー補充は白紙となり[3]、その後1994年9月30日に解散するまで4人での活動を継続した。(瀬能とは以後もテレビ番組やコンサートにゲスト出演など共演がある)

以降は歌番組に出演する機会も限られるなかで希少なメジャーアイドルとして熱心なファンの支持により定期的に公演を続ける。1993年秋にNHKBS2でスタートした『アイドルオンステージ』でジャニーズメンバーに並んでCDデビュー済の女性では実質唯一のレギュラーに抜擢。同番組では過去リリースの曲やメドレー、カバーを含めて幅広い曲目を披露する機会を得た。またトークコーナーを持つほかにファイナルコンサートの特集や最終登場回ではスペシャルメドレーを歌唱した。

解散は1994年の4月12日に記者会見を行って発表された。当日夜には担当番組を持ち、以前よりゲスト出演していた『伊集院光のOh!デカナイト』(ニッポン放送)の生放送で心境を語った。最終公演は8月21日の東京ベイNKホールでのコンサート。解散当日は長くレギュラーを持ったニッポン放送で『入江雅人のGo!Go!テレキッズ』に出演し、終了後は玄関口で待ち受けるファンの前で各メンバーが挨拶をした。三浦理恵子は解散後から現在もプロダクション尾木に所属しており、残り3人はそれから数年後、事務所を移籍した[4]

解散後も各メンバーは芸能活動を続けたが、最終メンバー4名においても全員が揃って公式の場に登場することはない。

エピソード編集

  • 5人時代の頃は、テレビで唄う時の衣装は色別ものの衣装が多かったが、特別、誰が必ずこの色を着るということははっきりと決まっていなかったらしい。そのため、メンバーは毎回、ローテーションで違う色を着るというケースも少なくなく、光GENJIやかつての音松くんを演じた時のSMAPなどのようなメンバーそれぞれのイメージカラーを定着することができなかった。しかしながら、宮前(赤  )、羽田(緑  )、瀬能(青  )、三浦(ピンク  )、大野(黄  )となるパターンが割合多く、特に「ささやかな誘惑」が発売された頃にはそのパターンがイメージカラーとして定着しつつあった[5]。しかし、次作「Live Version」では、3種類の衣装が用意されていたものの、最も使用頻度の高かった衣装では瀬能(黒  )、三浦(青  )、となっており(他の3人は変更なし)、同一カラーを長期間定着することはなかった[6]
  • CoCoにはリーダーがいなかったが、年長者の宮前と羽田がそれぞれリーダー的役割を果たしていた。コンサート等での司会進行は主に2人が担当し、歌番組等でグループを代表して話す場面では羽田が、コンサートの段取り等をメンバーに説明する場面では宮前が、主にその役目を担っていた。雑誌のインタビューでも、最初に話すメンバーが宮前もしくは羽田であった[7]
  • CoCoがテレビで歌を披露する時には、基本的に瀬能がセンターを務めていて、CDジャケットにおいても彼女が中央に写ることが多かった。そのため、「CoCoのエースは瀬能あづさ」というイメージが多くのファンに浸透していった[6]
  • BOMB』では解散までに半年に1回ペースで巻頭を飾っていた。しかも7回で新記録である。ソロ活動が充実してきた1992年は、1年のうち5回がCoCo・メンバーであった。
  • 80年代最後の年にデビューし、それまでの流れを汲んだアイドルファンも多かったためコンサート(及び一部公開番組)では各メンバーパート時の「コール」や声援が非常に激しいことで知られた(後の「ヲタ芸」にもつながる)。
  • 瀬能卒業後の「メンバー補充計画」はメンバーも驚いたという。メモリアル写真集「未来はCoCoから」の中でも、「4人で泣いて抗議した」という宮前の記述が見受けられる。
  • 解散後も、宮前・大野・三浦には親交があることが確認されており、三浦と宮前はお互いのブログに度々写真を掲載している[8]
  • MEG-CDでも一部が復刻されているが、販売サイトでのアーティスト一覧では「アイドルグループ」が括弧書きで付記されている。これは、1983年に同名の男性フォークデュオ[9] が活動していて、同じく復刻されている同グループの唯一のアルバムが紹介されていることによる(日本コロムビアのオンデマンドCDのページにリンクしている。こちらにはアーティスト名に注釈がない)。
  • 解散後はメモリアル版CD等の発売以外にグループとしての動きはないが、2019年9月30日(解散と同日付)に「CoCo30周年を祝う会」(於:東京カルチャーカルチャー)というイベントが開催された。作詞を多く担当した及川眠子らが当時のエピソードを紹介し、宮前もゲストで登場した。

音楽編集

※最高位はオリコン調べ

シングル編集

No. タイトル 発売日 最高位 楽曲制作 備考
1 EQUALロマンス 1989年9月6日 7位 作詞: 及川眠子
作曲: 山口美央子
編曲: 中村哲
テレビアニメ『らんま1/2』エンディングテーマ
フジテレビキャンペーンCMソング
1991年に『らんま1/2』にてDoCo
2003年Prièreがカヴァー
c/w 乙女のリハーサル
2 はんぶん不思議 1990年1月24日 4位 作詞: 及川眠子
作曲: 岩田雅之
編曲: 有賀啓雄
自己最大セールス作品
日本テレビ系『歌のトップテン』にもランクイン
2011年中川翔子がカヴァー
c/w 天使のチャイム
3 夏の友達/思い出がいっぱい 1990年5月17日 3位 作詞: 和泉ゆかり
作曲: 山口美央子
編曲: 亀田誠治
「夏の友達」 フジテレビ系『鶴太郎のギャグハラスメント』エンディングテーマ
「思い出がいっぱい」 アニメ『らんま1/2 熱闘編』オープニングテーマ
デビュー曲同様1991年にDoCoがカヴァー
4 ささやかな誘惑 1990年9月5日 3位 作詞: 及川眠子
作曲: 都志見隆
編曲: 中村哲
フジテレビ系『鶴太郎のギャグハラスメント』エンディングテーマ
c/w メロディー
5 Live Version 1991年1月1日 3位 作詞: 田口俊
作曲: 都志見隆
編曲: 中村哲
ハウスミュージックを取り入れたダンスナンバー
c/w 神様はいじわるじゃない
6 Newsな未来 1991年4月10日 3位 作詞: 及川眠子
作曲: 羽田一郎
編曲: 羽田一郎
世界情勢をモチーフにした楽曲
c/w 幸せかもね
コンサートの定番
7 無敵のOnly You 1991年7月31日 4位 作詞: 及川眠子
作曲: 羽田一郎
編曲: 有賀啓雄
太陽石油CMソング
c/w キミがくれた宝石(ジュエル)
明星創刊40周年記念募集歌
8 夢だけ見てる 1991年12月4日 7位 作詞: 森本抄夜子
作曲: 朝倉紀幸
編曲: 十川知司
同名ビデオがコンサート会場限定で販売された
c/w お願いHOLD ME TIGHT
9 だから涙と呼ばないで 1992年4月17日 7位 作詞: 森本抄夜子
作曲: 羽田一郎
編曲: 亀田誠治
今作を最後に瀬能が脱退
5人のCoCoとして最後のシングル
c/w 黄昏通信〜たそがれどきに想ってる〜
10 夏空のDreamer 1992年8月5日 9位 作詞: 森本抄夜子
作曲: 朝倉紀幸
編曲: 亀田誠治
瀬能脱退後初のシングル
c/w やさしさの法則
11 横浜Boy Style 1992年11月20日 10位 作詞: 及川眠子
作曲: 後藤次利
編曲: 後藤次利
プロ野球横浜ベイスターズイメージソング
c/w WINNING
同球団の応援歌
現在でも応援歌として球場で歌われている
12 ちいさな一歩で 1993年4月21日 20位 作詞: 森本抄夜子
作曲: 朝倉紀幸
編曲: 澤近泰輔
「夢だけ見てる」に次ぐ前向きなメッセージソング
c/w みんな大丈夫
13 恋のジャンクション 1993年11月3日 37位 作詞: 及川眠子
作曲: 川上明彦
編曲: 亀田誠治
1970年代ムード歌謡を取り入れた楽曲
c/w Sweet Energy〜未来は味方〜
14 You're my treasure〜遠い約束 1994年7月6日 17位 作詞: 森本抄夜子
作曲: 羽田一郎
編曲: 亀田誠治
ラストシングル
c/w あなただから好きなの

アルバム編集

  • オリジナルアルバムは "s" から始まる単語で統一されている。
タイトル 発売日 最高位 備考
1st Strawberry 1990年3月14日 2位
2nd Snow Garden 1990年11月7日 5位 冬をテーマにしたミニアルバム
3rd STRAIGHT 1991年3月21日 9位
Best CoCo1番! 1991年7月10日 12位 Newsな未来」までのシングル曲を全て収録のベスト盤
4th Share 1992年3月25日 13位 このアルバムから各メンバーのソロ曲を収録
5th Sylph 1992年12月16日 29位 4人での初アルバム
Best CoCoパーソナルベスト 1993年8月20日 22位 各メンバーのソロ楽曲集
企画 モダンどうよう(featuring CoCo) 1993年8月20日 46位 フジテレビ『ウゴウゴルーガ』より
6th Sweet & Bitter 1994年7月21日 28位 ラスト・オリジナルアルバム
Best Singles 1994年8月3日 29位 全シングルを収録したベスト盤
Best MYこれ!クション CoCo BEST 2001年11月21日 リマスタリング音源のベスト盤
企画 STRAIGHT+シングルコレクション 2008年7月16日 3rdアルバムにシングル8曲をプラスした復刻企画盤
Best CoCo☆うたの大百科その1 2008年9月3日 293位 CoCoの全楽曲(53曲)を、五十音順で収録した3枚組
デジタル・リマスター盤(DSD Mastering&SNS)
72ページ豪華ブックレット封入
Best CoCo☆うたの大百科その2 2008年9月3日 300位 アルバム収録のソロ楽曲とバージョン違いを17曲収録
全シングルのコンサート映像とPV3曲を収録したDVD付き
デジタル・リマスター盤(DSD Mastering&SNS)
48ページ豪華ブックレット封入
オールカラー32ページ・ジャケットギャラリーブック付き
Best MYこれ! Lite CoCo 2010年4月21日 リマスタリング音源で全シングル曲を収録

映像作品編集

DVD作品を除いていずれもVHS、LDが発売

タイトル 発売日 備考
WAIIHA de CoCo 1990年3月8日 ファーストアルバムからの曲をバックにハワイで撮影されたイメージ映像
HEART-TO-HEART 1990年6月21日 ファーストコンサートの模様
CoCo1991コンサート 春はCoCoから 1991年5月29日
夢だけ見てる P.S.CoCoだけの話 1992年 ドラマ作品、一般未発売でコンサート会場及びFC限定販売
CoCoコンサート'92 春はCoCoからファイナル 1992年8月21日 日本武道館での瀬能卒業公演
CoCo夏'92 CONCERT TOUR 1992年11月20日 シングル「横浜Boy Style」と同日発売、4人での初コンサートツアー
三浦、瀬能のソロ公演作と3本セット「TOGETHER」としても発売
CoCo-DoCo!? -胸騒ぎのHawaiian Kiss- 1993年9月17日 ストーリー仕立てのイメージ作品
CoCoコンサート'93 DE LUXE EDITION ~春はCoCoから&CLIPS~ 1993年12月1日 同コンサートとビデオクリップ「横浜Boy Style」、「恋のジャンクション」
THE CoCo COLLECTION -FIRST & LAST VIDEO CLIPS 1994年7月21日 ラストアルバム「Sweet&Bitter」と同日発売
同アルバム収録曲から各ソロを含む唯一のビデオクリップ集
CoCo Forever 1994年11月18日 ファイナルコンサート最終公演を収録
Legend 1995年10月5日 コンサート映像を中心に各シングル曲歌唱シーンと解散当日・最後の挨拶
CoCo SPECIAL DVD-BOX 2009年9月16日 これまでの一般販売全映像作品をDVD集としてリリース

その他編集

シングル化やアルバム収録はされていないが、コンサートでたびたび歌われた曲が2曲が存在する。2曲とも谷山浩子の、NHKみんなのうた』で使用された楽曲である。

  • 恋するニワトリ(原曲は谷山浩子のアルバム『空飛ぶ日曜日』に収録)
  • しっぽのきもち(原曲は谷山浩子のアルバム『しっぽのきもち』に収録)

出演番組等編集

テレビ編集

ラジオ編集

番組を持っていた文化放送・「SUPER COUNTDOWN 50」、ニッポン放送・「伊集院光のOh!デカナイト」には新曲のタイミングでよくゲスト出演した。

CM編集

  • フジテレビ夏のキャンペーン 1989年
  • 森永製菓・飲料「コラカオ」 1990年秋
  • 森永製菓・「果汁グミ入りアイス」 1991年春~
  • ココストア 1991年4月~(中部地区限定)1991年4月~1992年3月
  • 森永製菓・「森永チョコフレーク」 ラジオのみ(ニッポン放送担当番組内)

コンサートツアー編集

デビュー翌年より春(年明け以降)と夏の公演を解散まで行った。
※単発イベント等は除く

タイトル 期間 公演数 備考
CoCoファーストコンサート 1990年1月26日 渋谷公会堂
1公演
ribbonがゲスト出演
1990年3月21日
-4月7日
中野サンプラザ
他関東6ヶ所7公演
追加公演
渋谷公会堂の公演とは別構成
CoCo夏'90 1990年7月28日
-8月25日
中野サンプラザ
他全国14ヶ所16公演
東京公演をNHK総合テレビで放送
CoCoコンサート'91
春はCoCoから
1991年1月10日
-1月20日
中野サンプラザ
他全国4ヶ所5公演
1991年3月23日
-5月5日
中野サンプラザ
他全国15ヶ所16公演
追加公演
CoCo夏'91 1991年7月22日
-8月31日
東京ベイNKホール
他全国15ヶ所15公演
NKホール公演サブタイトル「TOKYO BAY N.K. SPECIAL」
CoCoコンサート'92
春はCoCoから
1992年1月5日
-1月19日
東京ベイNKホール
他全国4ヶ所5公演
1992年3月20日
-5月17日
日本武道館
他全国22ヶ所22公演
追加公演
ツアー最終公演「武道館SPECIAL」をもって瀬能が卒業
その公演はNHKBS2で放送
CoCo夏'92 1992年7月22日
-8月31日
中野サンプラザ
他全国10ヶ所10公演
全日程の前後日昼公演が三浦、夜公演が瀬能のソロコンサート
CoCoコンサート'93
春はCoCoから
1993年1月7日
-1月24日
府中の森芸術劇場
他全国5ヶ所6公演
1993年3月23日
-5月8日
東京厚生年金会館
他全国14ヶ所15公演
追加公演
CoCo夏'93 1993年7月24日
-8月27日
東京厚生年金会館
他全国7ヶ所8公演
東京公演に瀬能がゲスト出演
CoCoコンサート'94
春はCoCoから
1994年1月6日
-1月23日
中野サンプラザ
他全国6ヶ所6公演
CoCo夏'94
CoCo was CoCo made
1994年7月25日
-8月21日
東京ベイNKホール
他全国13ヶ所17公演
ファイナルコンサート、最終日に瀬能がゲスト出演
アイドルオンステージで特集

この他にファンを同行したハワイツアーもビデオや写真集撮影のタイミングで実施。ファン向けのミニライブや記念写真撮影など。

写真集編集

  • 「CoCoが好きッ」1989年11月28日(フジテレビ出版)
  • 「CoCo夏メモリィ」1990年3月10日(フジテレビ出版)
  • 「超でかダンク 女子CoCo生スペシャル」1990年10月26日(集英社
  • 「Bonny,Bonnie」1991年3月25日(ワニブックス
  • 「COCO」1992年2月25日(ワニブックス)
  • 「夢はCoCoから」1992年10月28日(学習研究社
  • 「Sweet&Bitter」1994年7月25日(近代映画社
  • 「未来はCoCoから」1994年9月27日(学習研究社)

脚注編集

  1. ^ a b 岡島紳士、岡田康宏『グループアイドル進化論: 「アイドル戦国時代」がやってきた!』2011年、198ページ
  2. ^ サンケイスポーツ 1992年5月18日芸能面など
  3. ^ メモリアル写真集「未来はCoCoから」における記述より
  4. ^ 宝島社『NIPPONアイドル探偵団2000』p.122、p.179、p.209、p.215
  5. ^ BOMB 1991年3月号「巻末コンサート特集コーナー CoCo夏'90」など
  6. ^ a b BOMB 1991年3月号「"春はCoCoから"コンサートin名古屋 追跡レポート」など
  7. ^ BOMB 1990年2月号「CoCoへおいでよ!5人の個々を徹底チェック!」など
  8. ^ プチ同窓会”. 宮前真樹オフィシャルブログ「foodays note」 (2011年9月11日). 2015年12月1日閲覧。など
  9. ^ とんぼちゃんの伊藤豊昇と、シンガーソングライターとして活動してた谷口雅洋(現:谷口守)の2人。シングル曲では『1973年のキャサリン』がある。この曲の歌詞を改めた『いとしのキャサリン』が、新潟テレビ21のイメージソングとして使われた。

関連項目編集

  • ribbon (アイドルグループ):乙女塾からCoCoに続いてデビュー。
  • DoCo
  • 伊集院光:パーソナリティを務めた「伊集院光のOh!デカナイト」(ニッポン放送)内でレギュラー番組を持っていた。またゲストとして度々出演。
  • 斉藤一美:「とんかつワイド」(文化放送)パーソナリティで、解散コンサート最終公演の模様を翌日の番組内で特集。