Craving Explorer(クレイビング・エクスプローラー)は、インターネット上にある動画をダウンロードするためのフリーソフトウェアである。

Craving Explorer
開発元 T-Craft
最新版
2.5.20(Based Chromium: 100.0.4896.143)[1] / 2022年5月3日 (48日前) (2022-05-03)
対応OS Windows(8,8.1,10)
種別 ダウンロードマネージャ
公式サイト Craving Explorer
テンプレートを表示

オンラインソフトのサイト「Vector」の「人気投票2010」において、グランプリを受賞している。

概要編集

YouTubeニコニコ動画などの動画投稿サイトアップロードされている動画ダウンロードすることができるソフトで、ダウンロード時にファイル形式を変換することもできる。また、独自のウェブブラウザ機能を搭載しているため、他のブラウザを起動せずに動画サイトにアクセスすることができる。エクスプローラー機能も有していることから、既存のファイルをドラッグ・アンド・ドロップすることにより変換することもできる。

対応しているOSWindows 10Windows 8.1Windows 8Windows 7Windows Vistaで、Internet Explorer 7以降がインストールされていることが最低限必要な動作環境となる。(現在、Windowsは2000・XP、IEは最新バージョン以外については、対応環境から外れている)

なお、YouTubeとニコニコ動画についてはキャッシュを利用することもできる。

長らくRC版として公開されてきたが、2011年7月12日に正式版がリリースされた。

2018年4月24日、ベースとなるブラウザをInternet ExplorerからChromiumに変更した新バージョン『Craving Explorer 2』のβ版、v2.0.0βをリリースした。YouTube, ニコニコ動画, Dailymotion の3サイトの再生ページからのダウンロードが可能[2]

2018年7月10日、v2.0.3βにて64ビット版を公開。

2018年12月13日、v2.1.0βにてYouTubeミュージックのダウンロードに対応。

2019年2月7日、v2.1.1βにてTwitterとInstagramの動画ダウンロードに対応。

2019年5月10日、v2.1.4βにてInstagramのIGTV動画のダウンロードに対応。

2019年11月12日、v2.2.0βにてradiko タイムフリーで配信されている番組動画のダウンロードに対応(v2.2.5β以降はNHKの番組はダウンロード対象外)。

2020年8月4日、『Craving Explorer 2』はβ表記のないv2.3.0をリリース。YouTube、YouTube Music にてM4A形式での音声ダウンロード機能を追加。

2020年11月29日、v2.4.0にてYouTube、radiko の音声ダウンロード形式にMP3形式を追加。

脚注編集

  1. ^ Craving Explorer 更新履歴”. 2022年5月12日閲覧。
  2. ^ Craving Explorer 更新履歴”. 2021年1月23日閲覧。

外部リンク編集