Cure(キュア)は株式会社キュアが運営するコスプレ専門のソーシャル・ネットワーキング・サービスである。2001年8月27日に個人サイトとしてオープン、2004年9月18日にライブドアに買収された。2012年1月1日にライブドアNHN JAPANに吸収合併された際に、運営はNHN JAPANに移行した。

2012年には、Cureの国際版ともいえるWorldCosplayを開設した。CureのようなSNSの要素を減らしている。

NHN Japanは2013年3月1日付けでCure及びWorldCosplay[1]の事業をピクシブ (企業)株式会社が新設する完全子会社のキュア株式会社に譲渡した[2][3]

2016年3月末をもってCureを終了し、以後の運営をCure WorldCosplayとして一本化することとなった[4][5]

キュア株式会社より2017年4月1日付けで、Cure WorldCosplayを株式会社キュアに譲渡し、以降は同社の運営となった[6]

沿革編集

2001年(平成13年)編集

8月27日 - 「C'ure」サイトオープン

9月1日 - imode版の「C'ure」リリース

9月27日 - PHS端末、J-PHONE端末版の「C'ure」リリース

2004年(平成16年)編集

11月1日 - 株式会社ライブドアが「Cure」を買収。ポータルサイトlivedoorの1コンテンツサイトとなる。

2005年(平成17年)編集

2月9日 - 携帯版CureLiveリリース

8月1日 - CureIDとlivedoorIDの連結統合

12月15日 - コスプレ雑誌「COSCURE vol 1」(出版社:双葉社)発刊

2006年(平成18年)編集

2月16日 - あわせ掲示板機能をリリース

7月25日 - コスプレ雑誌「COSCURE vol 2」(出版社:双葉社)発刊

2008年(平成20年)編集

6月12日 - CureIDログインを復活

2009年(平成21年)編集

3月3日 - 有料サービス「Cureプレミアム」リリース

8月18日 - Cureがグッドデザイン賞の第1次審査を通過

12月15日 - Cureオフィシャル写真集「コスプレ☆Cure☆Girls & Boys Yearbook 2009」(グラフィック社)発刊

2010年(平成22年)編集

12月20日 - SNS機能「コス友」をリリース

2011年(平成23年)編集

8月9日 - スマートフォン版Cureをリリース

9月5日 - CureのiPhoneアプリをリリース

11月29日 - CureのAndroid版アプリをリリース

12月27日 - 「WorldCosplay」サービスのリリース

2013年(平成25年)編集

2月25日 - 「Cureプレミアム」サービス終了

3月1日 - NHN Japan株式会社からピクシブ株式会社100%出資子会社「キュア株式会社」へ事業譲渡

12月3日 - livedoorIDでのログイン終了

12月7日 - Kaikai Kikiとのコラボ企画「シックスハートプリンセス」コスプレパフォーマンスステージを公演

2014年(平成26年)編集

4月30日 - コスプレ動画スタジオ「Cure Studio」をオープン

2015年(平成27年)編集

3月31日 - フィーチャーフォン版Cureサービス終了

2016年(平成28年)編集

3月31日 - Cureサービス終了。姉妹サイトWorldCosplayに名称を引継ぎ「Cure WorldCosplay」としてリリース

2017年(平成29年)編集

4月1日 - ピクシブ株式会社100%出資子会社「キュア株式会社」から「株式会社キュア」へ事業譲渡。

イベント編集

Cure主催のイベント編集

Cure Cosplay Festival vol.1編集

2009年11月8日にベルサール汐留にて開催。ゲストは声優の近藤 隆。

Cure Cosplay Festival vol.2編集

2010年4月18日にパシフィコ横浜 展示ホールA・臨港パークにて開催。

その模様を収録したDVD「コスコレ ~Cure Cosplay Festival~」が2010年10月2日に発売された。

ゲストは声優の立花慎之介(バオバブース)

Cure Cosplay Festival vol.3編集

2011年4月24日に幕張メッセでの開催を予定していたが中止。その後、2011年6月12日にとしまえんにて開催。

映画「ザ・キング・オブ・ファイターズ」が協賛。ゲストは声優の杉田智和と小清水亜美。

Cure主催のコスプレステージ編集

Cure Cosplay Collection編集

2009年11月8日のCure Cosplay Festival vol.1にて初公演。その後、3回のCure Cosplay Festivalでも公演される。

Cure Cosplay Festivalの他にも、皆で創ろう!ココフリ Halloween SP(2010年)、FINAL TERA DAY(2011年)、世界コスプレサミット(2011、2012、2013年)、アニメコンテンツエキスポ(2013年)、他のイベントにて開催された。

AnimateGirlsFestival(2012年)を切っ掛けに、アニメイト池袋本店でも定期的に開催されていた(2013年-2016年)。

海外でも、台湾、マレーシア、シンガポール、タイ、中国、チリ、コロンビアの国々で公演された。

Cure Cosplay Collectionの名義ではないが、Cureがプロデュース、またはコンサルティング、ディレクションとして、東京ゲームショウ(Cosplay collection Night)や超会議、池袋ハロウィンコスプレフェス、富山こすぷれフェスタでも定期的に公演されている。

関連書籍・DVD編集

書籍編集

  • CURECOS vol.1(2005年)[7]
  • CURECOS vol.2(2006年)[8]
  • コスプレ☆Cure☆Girls & Boys Yearbook〈2009〉(2009年)[9]

DVD編集

  • 「コスコレ ~Cure Cosplay Festival~」(2010年)

TV・メディア編集

コスコスプレプレ(フジテレビTWO)(2008年-)編集

2010年2月でレギュラー放送は休止しており、現在は不定期の特番として放送

番組MC:ケンドーコバヤシ

ご意見番:乾たつみ(Cure)

コス-1ぐらんぷり(ひかりTV)(2013年)編集

番組MC:ドランクドラゴン(塚地武雅、鈴木拓)、加藤夏希

解説:乾たつみ(Cure)、MIYA(Cure)、ジャッキー道齋

脚注編集

  1. ^ 2011年12月27日にサービスを開始した多言語コスプレSNS。
  2. ^ 子会社設立および事業譲受に関するお知らせ”. ニュースリリース. ピクシブ (2013年1月28日). 2013年2月11日閲覧。
  3. ^ Cure Information Blog : Cure運営会社変更のお知らせ
  4. ^ CureとWorldCosplayのサービス統合のお知らせ(2015年10月15日) http://info.worldcosplay.net/archives/3494
  5. ^ コスプレSNS「Cure」サービス終了 「WorldCosplay」と統合し「世界で愛されるコスプレサイト」に”. ITmediaニュース (2015年10月15日). 2015年10月15日閲覧。
  6. ^ 【重要】運営会社変更のお知らせ(2017年3月14日):http://info.worldcosplay.net/archives/5355
  7. ^ ISBN:4-575-47794-X
  8. ^ ISBN:4-575-47853-9
  9. ^ ISBN:978-4-7661-2038-7

関連項目編集

外部リンク編集