メインメニューを開く

FOMA D701i(フォーマ・ディー なな まる いち アイ)は、三菱電機によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

NTTドコモ FOMA D701i
D701i(ブラックベリー)
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2005年9月9日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(800MHz,2GHz)
形状 折りたたみ式
サイズ 103 × 49 × 21 mm
質量 104 g
連続通話時間 約140分(音声電話時)
約90分(テレビ電話時)
連続待受時間 静止時約500時間
移動時約360時間
外部メモリ miniSDカード128MBまで、DoCoMo発表
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.2インチ
表示色数 65536色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 120×32ドット
サイズ 1.1インチ
表示色数 モノクロ
メインカメラ
画素数・方式 約131万画素CMOS
サブカメラ
画素数・方式 約10画素画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
チェリー
ブラックベリー
オリーブ
テンプレート / ノート
ウィキプロジェクト

概要編集

若い女性をターゲットユーザーと想定して開発された三菱電機製FOMA端末で、果物をイメージしたカラーバリエーションにその意図が見て取れる。また、同社の端末としては少数派の折りたたみ型デザインを採用。その裏面、液晶側ボディに特異なアーク(円弧)のキャラクターラインを配し、メロディ再生時や、通話時の声に連動して、このラインの光の色が変わる「エモーショナルイルミネーション」を搭載している。テレビ電話は「キャラ電」には対応しない。

ドコモの新サービス「iチャネル」に、初号機として対応した。またiチャネルの設定機能として、文字の色の変更やテロップのスピード調整も可能である。

ドコモで初めて、ネットワークから正確な情報を自動的に受信するいわゆる狂わない時計機能である「自動時刻補正機能」が搭載された。

この端末は、直後に派生機として、音楽再生機能に特化したMusic Porter IIを生み出している。


歴史編集

不具合編集

キャリア及び、端末メーカーからの重大な不具合報告は、現時点でない。