DA.YO.NE」(ダ・ヨ・ネ)は、EAST END×YURIの1枚目のシングル1994年8月21日に発売された。

DA.YO.NE
EAST END×YURIシングル
初出アルバム『denim-ed soul』
B面
  • 素直に
  • 素直に (version for boys)
リリース
規格 8cmCD
ジャンル ヒップホップ
時間
レーベル Epic/Sony Records
作詞・作曲
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間7位(オリコン
  • 1995年度年間33位(オリコン)
  • 22位(CDTV
  • EAST END×YURI シングル 年表
    DA.YO.NE
    1994年
    MAICCA〜まいっか
    1995年
    テンプレートを表示

    本項では、「DA.YO.NE」のヒットを受けて発売されたローカルヴァージョンについても記述する。

    背景編集

    デビューアルバム『denim-ed soul』からのシングルカット。アルバムはインディーズレーベルからのリリースであるため、本作がメジャーデビュー作となる。

    同年の『第46回NHK紅白歌合戦』に出場し、紅白で披露したヴァージョンは2番の歌詞が原曲と全く異なり、最後はYURIGAKUに「受信料払ったほうがいいよ」と語る内容になっている。

    制作編集

    表題曲「DA.YO.NE」は、ジョージ・ベンソンの「Turn Your Love Around」を無断でサンプリングしたものだったが、当時来日していた作曲者ビル・チャンプリンが偶然これを耳にしてレコード会社に異議を申し立て、後日、使用料の支払いをチャンプリンにすることで和解が成立した。

    記録編集

    発売当初、さほど注目されなかったが、北海道ではFM NORTH WAVEが「DA.YO.NE」をヘヴィー・ローテーションの対象としたことで早くから話題になり[1]、当時『ベストテンほっかいどう』(HBCラジオ)などの北海道のローカルチャート番組ではMEN'S 5の「“ヘーコキ”ましたね」と激しいトップ争いを演じた。この動きが後に他の地方へも波及、翌1995年に入ると全国的にCDの売上が急上昇、最終的にオリコンの週間シングルチャートで最高7位まで上昇した。

    この曲は、日本人制作によるヒップホップ作品で初となるミリオンセラーを記録した。

    収録曲編集

    1. DA.YO.NE (4:39)
    2. 素直に (5:57)
    3. 素直に (version for boys) (5:57)

    参加ミュージシャン編集

    DA.YO.NE

    素直に

    「DA.YO.NE」のローカル版編集

    「DA.YO.NE」のヒットを受け、日本国内主要都市の方言バージョンがオリジナルの発売翌年の1995年に多数リリースされた。このうち、大阪弁バージョンのみが1995年2月22日に発売され、それ以外の5バージョンは約2か月遅れの同年4月21日に同時発売された。この企画の参加メンバーは、基本的にその地方の方言の母語話者が採用されていた。

    また、各地方の主要都市にはソニー・ミュージックエンタテインメントの営業所があり、その営業所の社員などがコーラスに参加していた。

    SO.YA.NA編集

    SO.YA.NA
    WEST END×YUKI (from O.P.D.)シングル
    初出アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』
    リリース
    規格 8cmCD
    ジャンル ヒップホップ
    レーベル Epic/Sony Records / Cha-DANCE
    作詞・作曲
    チャート最高順位
    • 週間6位(オリコン)
    • 11位(CDTV)
    • 1995年度年間59位(オリコン)
    WEST END×YUKI (from O.P.D.) シングル 年表
    -SO.YA.NA
    (1995年)
    フォークがSO.YA.NA
    (1995年)
    テンプレートを表示

    SO.YA.NA」(そやな)は、WEST END x YUKI from O.P.D.のシングルで、「DA.YO.NE」の大阪弁ヴァージョンである。

    背景編集

    アルバム『SO.YA.NA グレーテストヒッツ』がリリースされ(曲目はすべて「SO.YA.NA」のバージョン違い)、同年の11月にはアルバムからのシングルカットされた「フォークがSO.YA.NA」もリリースされた。

    ディスクジャケット編集

    ジャケット全体のデザインやレイアウトは「DA.YO.NE」と同じで、写真も「DA.YO.NE」ジャケットのGAKU、YURIなどメンバーの顔部分に今田、東野、武内の顔写真を貼り付けただけである。

    記録編集

    この曲はオリコン年間シングルチャート59位と「DA.YO.NE」に次ぐ売上を記録し、オリコンウィークリーチャートにおいては最高位で6位と「DA.YO.NE」の7位を上回った。

    収録曲編集

    1. SO.YA.NA
    2. SO.YA.NA (backing track)

    参加ミュージシャン編集

    WEST END
    • 今田耕司
    • 東野幸治
    YUKI

    DA.BE.SA編集

    DA.BE.SA
    NORTH END×AYUMI (from SAPPORO)シングル
    初出アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』
    リリース
    規格 8cmCD
    ジャンル ヒップホップ
    レーベル Epic/Sony Records
    作詞・作曲
    チャート最高順位
    • 43位(オリコン)
    • 41位(CDTV)
    テンプレートを表示

    DA.BE.SA」(だべさ)は、 NORTH END x AYUMI from SAPPOROのシングルで、「DA.YO.NE」の北海道弁ヴァージョンである。

    背景編集

    鈴井貴之Bro.TOMが作詞し、鈴井の他、彼の主宰劇団『OOPARTS』に所属していた伝野隆介と、鈴井の妻であった伊藤亜由美によって歌われたもの。

    2006年に行われたイベント『CUE DREAM JAM-BOREE 2006 再会』にて、オクラホマをはじめとしたCREATIVE OFFICE CUE所属の若手タレントがこの曲をカバーし、その時の冒頭でNORTH ENDが発売当時収録したこの曲の映像が流された。

    音楽性編集

    歌詞には、酪農や『北の国から』など、北海道に関するネタが多い[2]

    収録曲編集

    1. DA.BE.SA
    2. DA.BE.SA (backing track)

    参加ミュージシャン編集

    NORTH END
    • 鈴井貴之
    • 伝野隆介
    AYUMI

    DA.CHA.NE編集

    DA.CHA.NE
    NORTH EAST×MAI (from SENDAI)シングル
    初出アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』
    リリース
    規格 8cmCD
    ジャンル ヒップホップ
    レーベル Epic/Sony Records
    作詞・作曲
    チャート最高順位
    • 46位(オリコン)
    • 46位(CDTV)
    テンプレートを表示

    DA.CHA.NE」(だっちゃね)は、NORTH EAST x MAI from SENDAIのシングルで、「DA.YO.NE」の東北弁ヴァージョンである。

    音楽性編集

    岩手県で企画されたものであるが、2人とも宮城県出身であることから仙台弁が採用されている。また、ほかに青森県出身の男性が参加していたことから津軽弁も織り込まれている。

    収録曲編集

    1. DA.CHA.NE
    2. DA.CHA.NE (backing track)

    参加ミュージシャン編集

    NORTH EAST
    MAI

    DA.GA.NE編集

    DA.GA.NE
    CHUBU END×SATOMI (from NAGOYA)シングル
    初出アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』
    リリース
    規格 8cmCD
    ジャンル ヒップホップ
    レーベル Epic/Sony Records
    作詞・作曲
    チャート最高順位
    • 38位(オリコン)
    • 38位(CDTV)
    テンプレートを表示

    DA.GA.NE」(だがね)は、CHUBU END x SATOMI from NAGOYAのシングルで、「DA.YO.NE」の名古屋弁ヴァージョンである。

    背景編集

    原田さとみ, 鉄崎幹人, 戸井康成の3人は、当時東海3県で人気を誇っていた『ミックスパイください』の出演者同士という間柄である。

    収録曲編集

    1. DA.GA.NE
    2. DA.GA.NE (backing track)

    参加ミュージシャン編集

    CHUBU END
    SATOMI

    HO.JA.NE編集

    HO.JA.NE
    OYSTER END×YŪKA (from HIROSHIMA)シングル
    初出アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』
    リリース
    規格 8cmCD
    ジャンル ヒップホップ
    レーベル Epic/Sony Records
    作詞・作曲
    チャート最高順位
    • 47位(オリコン)
    • 49位(CDTV)
    テンプレートを表示

    HO.JA.NE」(ほじゃね)は、OYSTER END x YŪKA from HIROSHIMAのシングルで、「DA.YO.NE」の広島弁ヴァージョンである。

    収録曲編集

    1. HO.JA.NE
    2. HO.JA.NE (backing track)

    参加ミュージシャン編集

    OYSTER END
    • 中村道生-クラブDJ[3]
    YŪKA

    SO.TA.I編集

    SO.TA.I
    SOUTH END×YUKA (from FUKUOKA)シングル
    初出アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』
    リリース
    規格 8cmCD
    ジャンル ヒップホップ
    レーベル Epic/Sony Records
    作詞・作曲
    チャート最高順位
    • 41位(オリコン)
    • 45位(CDTV)
    テンプレートを表示

    SO.TA.I」(そうたい)は、SOUTH END x YUKA from FUKUOKAのシングルで、「DA.YO.NE」の博多弁ヴァージョンである。

    収録曲編集

    1. SO.TA.I
    2. SO.TA.I (backing track)

    参加ミュージシャン編集

    SOUTH END
    YUKA

    その他編集

    • 上記の6作品のほかに、アルバム『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』収録曲として中国語北京官話)バージョンとインドネシア語バージョンも作られている。
      • NA.HAO.BA (Mandarin version) - FAX
      • IYA-YEAH (Indonesian version) - SUZY x THE IND' BOYS
    • その他の日本国内の方言バージョンも番組企画などを通じて作られたが、これらは『SPECIAL TRIBUTE TO DA.YO.NE』には収録されていない。
      • 富山テレビの番組企画で、富山弁バージョンに当たる「SO.YA.CHA」(そやちゃ)が制作された。歌唱メンバーの募集は富山テレビのほか、FMとやまや開進堂楽器[4]でも行われた。
      • 四元都華咲鹿児島弁バージョンの「JA.DO.NE」(じゃっどね)を歌ったことがある。

    脚注編集

    [脚注の使い方]
    1. ^ EAST END STORY(インターネット・アーカイブ保存データ)
    2. ^ 『DA.YO.NE』のローカル版 若き日の鈴井貴之や博多華丸たちが参加していた!” (日本語). エキサイトニュース. 2021年8月31日閲覧。
    3. ^ ブログ情報 - 中村道生(中村本人のブログのプロフィールページ)
    4. ^ MPC 開進堂楽器 富山、石川、福井で楽器販売・修理・レンタル・引越・買取、音楽教室(レッスン)・イベントの企画制作”. mpc-web.jp. 2022年4月2日閲覧。