DAISUKI!

日本テレビ系列のバラエティ番組 (1991-2000)

DAISUKI!』(ダイスキ)は、日本テレビ系列局の一部で放送されていた日本テレビ製作のバラエティ番組である。全421回。製作局の日本テレビでは1991年4月14日(4月13日深夜)から2000年3月26日(3月25日深夜)まで放送。

DAISUKI!
ジャンル バラエティ番組
構成 川崎良、すずまさ
近藤博幸
ディレクター 石野隆己、大石剛
大越理央、中尾光孝
出演者 松本明子
飯島直子
中山秀征
吉村明宏
ほか
オープニングシック・ミスティーク
SHOW
エンディング 「自転車に乗って」
「今日はなんだか」
製作
チーフ・プロデューサー 金谷勲夫 (初代)
渡辺弘 (2代目)
吉岡正敏 (3代目)
増田一穂 (4代目)
プロデューサー 寺内壯
今野文雄 (エム・ファーム)
高原友生 (フォルミカ)
編集 原宿ビデオセンター
制作 フォルミカ、エム・ファーム (共に制作協力)
製作 日本テレビ (製作著作)
放送
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
1994年3月まで
放送期間1991年4月14日 - 1994年3月27日
放送時間日曜 0:00 - 1:00
放送分60分
1994年4月以降
放送期間1994年4月3日 - 2000年3月26日
放送時間日曜 0:25 - 1:25
放送分60分
テンプレートを表示

概要

編集

番組の概要

編集

松本明子飯島直子吉村明宏(途中降板1992年9月まで)、中山秀征(吉村降板後1992年10月から最終回まで)たちレギュラー陣が毎回さまざまなロケ地を探索したり、何かを体験したりして楽しむ様子を放送していた深夜番組である。ロケは基本的にゲスト出演者を招いて行われていたが、その一方でゲストを呼ばずにレギュラー陣だけで進めることも多かった。

また、放送開始当初は番組後半に約15分間のドラマコーナーを内包していた。このコーナーには毎回様々な新人女優たちが出演し、各々が配役をこなしていたが、これに関しては番組本編のレギュラー陣は出演していなかった。

毎回のCM入り前に表示されるアイキャッチには、篠原涼子仲間由紀恵辺見えみりといった当時の若手女性アイドルたちが出演していた。彼女たちが「DAISUKI!」とタイトルコールをするこの番組のアイキャッチは、アイドルのイメージビデオとしての役割も果たしていた。

テーマソングには、初期の関東ローカル時代においてはシックの「シック・ミスティーク」を起用していたが、系列地方局でも放送されるようになってからはシュガー・ベイブの「SHOW」を起用していた。エンディングテーマには、当初は真心ブラザーズの「自転車に乗って」(高田渡の同名曲のカバー)を起用していたが、後にシュガー・ベイブの「今日はなんだか」を起用するようになった。

番組タイトルロゴは「A」の文字と「S」の文字が下部で交差しており、「AX」とも読めるようにデザインされている。AXとは日本テレビのコールサイン「JOAX-TV」のことで、関東ローカル時代の名残であるとも言える。

番組終了とその後

編集

番組は末期においても安定した人気を保ち、一部のスポーツ新聞にはゴールデン進出との報道もあった[1]。しかし、その直後に松本が妊娠して身重になったことや、新しい番組ソフトを開発するなどの理由から番組の終了が決定[2]。9年間の放送に幕を閉じることとなった。

レギュラー放送は2000年3月に終了したが、9月と12月にそれぞれ単発でスペシャル版が放送された。また、2009年5月1日には中山秀征司会の『おもいッきりDON!』に金曜レギュラーの松本明子とゲストの飯島直子が揃って出演したことから、同日放送分の終盤で「おもいッきりDAISUKI!」というミニコーナーが放送され、9年ぶりの復活を果たした。コーナー終盤で、中山は「ぜひDAISUKI!スペシャルやりましょうよ!」と発言した。なお、同コーナーでのアイキャッチは、金曜レギュラーの上原美優が担当した。

2017年12月30日から2018年1月3日にホームドラマチャンネルにおいてセレクションが放送された。

2021年3月28日には同じくホームドラマチャンネルにて「志村けんスペシャル」として、志村がゲスト出演した回がセレクション放送された。

2022年8月3日、BS日テレにて放送されている『旅する水曜日』枠において、復活特番『DAISUKI!2022夏』が放送されることになった[3]。それ以降も不定期ではあるものの復活特番を行っている。

視聴率

編集

番組スタートから1年間は5%前後で推移していたが、中山がレギュラーに加入した後は徐々に視聴率を上げ、安定的に二桁を記録するようになった。最高視聴率は1995年2月放送回の14.7%で、末期においても10%前後の視聴率を維持していた[2]。当時中山が司会を務めていた『TVおじゃマンボウ』の週間視聴率ランキングの深夜番組部門では、殆どの回で第1位だった。

出演者

編集

レギュラー

編集
期間 MC その他
女性 男性
1991.4.14 1991.9.28 松本明子
飯島直子
吉村明宏 ビシバシステム
1991.10.5 1992.3.28 (不在)
1992.4.4 1992.9.26 風見しんご
1992.10.10 2000.3.25 中山秀征 (不在)

準レギュラー

編集
  • 見栄晴:およそ1か月から2か月に一度の割合でゲスト出演するなど出演回数が飛び抜けて多く、事実上の準レギュラーとなっていたが、出演するたびにレギュラー陣から「呼んでないよ」と言われていた。
  • 山田雅人:見栄晴ほどではないが出演回数が多く、彼もまた年末ジャンボ宝くじ企画に参加したりと事実上の準レギュラーとなっていた。
  • 羽田惠理香
  • 大竹まこと
  • 長江健次:吉村明宏がメインMC当時の準レギュラー。この番組をきっかけとして社会人サークルを結成し、そのメンバーも交えた企画を数回放送するなどしていた。
  • 川合俊一

アイキャッチ出演者

編集

(五十音順)

主な放送内容

編集

番組のロケは、その回で定められたテーマに基いて行われていた。暦や季節に準じた行事に興じることが多かった。1つの企画が2週にわたって放送されたり、逆にこれらの企画が複合して1週に放送されたりということも多かったが、日本テレビ以外のネット局では週連続の企画が次週には放送されなかったり、逆に2週目から放送されたりすることもあった。

季節に関係なく行われたもの

編集

特にシリーズ化していたもの

編集
  • 旅行
  • ジャンボ宝くじ当選照合:レギュラー陣とゲストがグループで共同購入していた。後述のパチンコ企画に次ぐ人気企画で、放送回数は28回を数えた。
  • パチンコ:最多放送企画で、放送回数は50回を数えた。前述のとおり、最高視聴率を獲得した回もパチンコ企画を行った回である。なお年越し特番時には、リーチがかかった状態で新春を迎える(カウントダウンは無し)演出で放送した。
  • ホームセンターディスカウントストアスーパーマーケットなどでの買い物企画 - ロケ先で販売されている物を指定された金額内に収まるように考案しつつ購入するという企画で、そこで買った材料を持ってそのままキャンプや料理、パーティーへなだれ込むというパターンが多かった。その場合、松本たちが買い物および料理をする模様を1週目に放送し、パーティーをする模様を2週目に放送していた。

スペシャル

編集

年越し拡大SP

編集

1995年からは、年末年始に『年越し拡大SP』を以下のスケジュールで放送していた。

  • 日曜1:30 - 2:55 (1995年1月1日):「2年越し!超超興奮!仰天"生"テレビ!!」内で放送。
  • 日曜23:45 - 月曜2:55 (1995年12月31日 - 1996年1月1日)
  • 水曜0:30 - 2:10 (1997年1月1日)
  • 水曜23:45 - 木曜1:30 (1997年12月31日 - 1998年1月1日)
  • 木曜23:00 - 金曜1:30 (1998年12月31日 - 1999年1月1日)
  • 土曜0:30 - 2:00 (2000年1月1日)

ゴールデン特番

編集
  • DAISUKI!スペシャル(1996年9月26日、日本テレビ系)[4]
  • DAISUKI!冬スペシャル(1997年1月4日、日本テレビ系)[5]

復活スペシャル

編集
  • 復活DAISUKI!再会スペシャルin台湾(2000年9月20日、日本テレビ系)
  • DAISUKI!2022夏(2022年8月3日、BS日テレ):「旅する水曜日」枠にて放送[3]。9月4日には、日本テレビ(関東ローカル)で短縮編集版(1時間版)を放送した。
  • DAISUKI!2023冬(2023年2月17日、BS日テレ)[6]
  • DAISUKI!2023秋(2023年10月21日、BS日テレ)[7]

放送局

編集

この番組が放送されていた日曜0:00枠はローカルセールス枠で、放送時間もスポンサーもネット局ごとにまちまちだった。日本テレビでは前々番組『所ジョージのオトナのにほへ』から続くJTの一社提供枠で、当初は引き続きJTが日本テレビでのローカルスポンサーを務めていたが、末期には各社相乗り提供となっていた。

放送対象地域 放送局 系列 放送日時 備考
関東広域圏 日本テレビ 日本テレビ系列 日曜 0:00 - 1:00 (1991年4月14日 - 1994年3月27日)
日曜 0:25 - 1:25 (1994年4月3日 - 2000年3月26日)[注釈 1]
製作局
北海道 札幌テレビ 日曜 0:25 - 1:25 (1995年4月 - 2000年3月)
新潟県 テレビ新潟 木曜 0:55 - 1:55 (水曜深夜)(1994年6月23日 - 1995年3月30日)[8]
日曜 0:25 - 1:25 (1995年4月2日 - 2000年3月26日)[9]
同時ネット(1995年4月以降)
長野県 テレビ信州 日曜 0:25 - 1:25 (1996年10月6日 - 2000年3月26日[10] 同時ネット
中京広域圏 中京テレビ 土曜 1:55 - 2:55 (1994年10月 - 1995年3月)
----途中省略[注釈 2]----
日曜 1:55 - 2:55 (1998年10月 - 2000年4月)
1994年10月から1995年9月までは土曜日(金曜日深夜)に放送
1995年10月から1996年9月までは金曜日(木曜日深夜)に放送
1996年10月から2000年4月までは日曜日(土曜日深夜)に放送
近畿広域圏 読売テレビ[注釈 3] 木曜 1:35 - 2:35 (1997年10月 - 2000年3月)
広島県 広島テレビ 日曜 0:25 - 1:25 (1995年4月 - 2000年3月) 同時ネット[注釈 4]
香川県岡山県 西日本放送 日曜 12:00 - 13:00 (1994年 - 1996年9月)
日曜 0:25 - 1:25 (1996年10月 - 2000年3月)[注釈 5]
同時ネット(1996年10月以降)
徳島県 四国放送 木曜 1:30 - 2:30

スタッフ

編集

レギュラー

編集
最終回放送時
  • 構成:川崎良、すずまさ、近藤博幸
  • 技術:川崎淳、中村忠靖、枡田豊
  • カメラ:笠上大一、竹田廣行、井上浩、野口弘、淵上祥雄、清水博美
  • 音声:津田浩之、下村芳明、和田哲朗、天野透、大森博子
  • 照明:野島哲也、石川陽一、鴨下正美、岩田研二、大森俊実
  • 音効:佐藤裕二(サウンドプロ企画)
  • 技術協力:千代田ビデオ
  • 美術:鈴木喜勝
  • デザイン:塚越千恵
  • 装飾:丸山善之
  • 持道具:鹿瀬美香
  • 衣裳:桜庭圭三
  • メイク:馬田恵美、梅津志鶴
  • スタイリスト:多田佳世(エムドルフィン)、芦谷友子(エムドルフィン)
  • 美術協力:日本テレビアート
  • TK:桜井春美
  • PR:北川佳代
  • 編集:遠藤和人(ギヴアンドテイク)、岡田秀一(原宿ビデオセンター)、土屋玲子(原宿ビデオセンター)
  • MA:柴田敏幸(原宿ビデオセンター)、小林久恵(原宿ビデオセンター)
  • 制作補:小澤泰加
  • デスク:工藤奈美子
  • 制作協力:フォルミカ、エム・ファーム
  • 演出補:櫻田宜弘(エム・ファーム)、杉山康雄、生方貴子
  • ディレクター:大越理央(フォルミカ)、中尾光孝(フォルミカ)、大内勝(フォルミカ)、大石剛(フォルミカ)
  • アシスタントプロデューサー:和山泰明、古橋明浩
  • プロデューサー:寺内壯(以前はディレクター)、関根崇史、今野文雄(エム・ファーム)、高原友生(フォルミカ)
  • 演出・チーフプロデューサー:増田一穂(以前はプロデューサー)
  • 製作著作:日本テレビ
過去のスタッフ
  • チーフプロデューサー:金谷勲夫渡辺弘吉岡正敏
  • ディレクター:石野隆己(当時:エム・ファーム)
  • 美術︰山浦俊夫
  • デザイン︰黒木遠志
  • PR︰立柗典子

復活特番

編集
DAISUKI!2022夏
  • 構成:川崎良
  • リサーチ:ワンバイワンプラス
  • 編集・MA:ミックビジョン
  • CG:磯部秀将
  • 音効:佐藤裕二
  • 技術協力:池田屋
  • カメラ:青木俊
  • 衣装協力:HH
  • メイク:馬田恵美
  • 宣伝:楢崎慶直
  • 制作進行:伊良原樹、鈴木身佳
  • 制作デスク:村田明美
  • 演出:黑木初美
  • ディレクター:三原大輔、関雄三
  • プロデューサー:岡田智哉、齊藤領/大越理央(オリオンクルー)、浪岡厚生・村上早苗(e company)、渡邊ゆうか(オリオンクルー)
  • 制作協力:e company、オリオンクルー
  • 製作著作:BS日本

脚注

編集

注釈

編集
  1. ^ 直前枠の30分番組『きょうの出来事 Sports&News』土曜版が15分に短縮され、間の時間帯で40分番組の『スポーツうるぐす』がスタートしたため、以後は25分遅れで放送。
  2. ^ 1994年10月から1998年9月までは放送時間が半年ごとに変動しており、放送時間の変遷全てを記すと膨大な量になるため。
  3. ^ 関西地区においては、読売テレビでの放送が開始されるまで独立UHF局のKBS京都奈良テレビサンテレビで放送されていた。
  4. ^ それ以前にも、日曜2時頃に時差ネットで放送していた模様[要出典]
  5. ^ 日本テレビとの同時ネットへ移行。それまで番組を放送してきた日曜12:00枠は、以後は『メレンゲの気持ち』の遅れネット枠として使われた。
  6. ^ 青森放送では1994年4月1日金曜日深夜(2日土曜日未明)からネット開始。土曜1時台に放送。[11]
  7. ^ 初回より1992年3月まで同時ネットしていたが、1992年4月から1993年3月まではテレビ神奈川製作の『新車情報』を遅れネットし、1993年4月より再び同時ネット。最終回まで継続。

出典

編集
  1. ^ スポーツニッポン 1999年7月14日付 「日本テレビ「DAISUKI!」10月の改編でゴールデンへ進出!」
  2. ^ a b 東京新聞 2000年3月14日付 「「DAISUKI!」“打ち止め” パチンコ企画、高視聴率だけど『新しいソフト開発したい』松本明子の6月出産予定も一因」
  3. ^ a b “伝説の深夜番組『DAISUKI!』が復活 松本明子、中山秀征、飯島直子が22年ぶりに帰ってくる”. ORICON NEWS. オリコン. (2022年7月13日). https://www.oricon.co.jp/news/2221917/full/ 2022年7月13日閲覧。 
  4. ^ 出典:1996年9月26日付の東奥日報の青森放送、秋田放送テレビ岩手、札幌テレビ各局テレビ欄。(青森県五所川原市立図書館で閲覧)
  5. ^ 出典:1997年1月4日付の読売新聞首都圏版の縮刷版(東京都大田区立蒲田駅前図書館で閲覧)
  6. ^ 伝説の深夜番組『DAISUKI!』露天風呂3ショット大復活 近年では異例のロケ10時間「往年のスケジュール」【コメントあり】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年2月15日). 2023年10月21日閲覧。
  7. ^ 松本明子・中山秀征・飯島直子「50代の等身大のDAISUKI」見せる 秋の箱根旅【インタビュー掲載】”. ORICON NEWS. oricon ME (2023年10月20日). 2023年10月21日閲覧。
  8. ^ ザテレビジョン長野・新潟版』1994年6月1日、8日、15日、1995年3月22日発売分
  9. ^ ザテレビジョン長野・新潟版』1995年3月29日、2000年3月22日発売分
  10. ^ 1996年10月5日、2000年3月25日 信濃毎日新聞 テレビ欄
  11. ^ 東奥日報1994年4月付と1998年8月付テレビ欄より。
日本テレビ 日曜0:00枠
前番組 番組名 次番組
GOB
(1990年10月7日 - 1991年3月31日)
※0:00 - 2:00
DAISUKI!
(1991年4月14日 - 1994年3月27日)
スポーツうるぐす
(1994年4月2日 - 2000年9月30日)
※23:45 - 0:25
DAISUKI!
(1994年4月3日 - 2000年3月26日)
※0:25 - 1:25
日本テレビ 日曜0:25枠
DAISUKI!
(1991年4月14日 - 1994年3月27日)
※0:00 - 1:00
読売新聞あすの朝刊
(1991年4月7日 - 1994年3月27日)
※1:00 - 1:10
SKI!
(1993年10月3日 - 1994年3月27日)
※1:10 - 1:20
AX-WAVE
(1993年10月3日 - 1994年3月27日)
※1:20 - 1:50
DAISUKI!
(1994年4月3日 - 2000年3月26日)
プレイヤーズ
(2000年4月2日 - 2000年10月1日)