メインメニューを開く

ディーン・フジオカ

日本のモデル、俳優、シンガーソングライター、映画監督
DEAN FUJIOKAから転送)

ディーン・フジオカ英語: Dean Fujioka、本名:藤岡 竜雄(ふじおか たつお)、1980年8月19日 - )は、モデル俳優シンガーソングライター映画監督福島県須賀川市生まれ。所属芸能事務所アミューズ。所属レコード会社およびレーベルA-Sketch。公式ファンクラブは「FamBam」。

ディーン・フジオカ
DEAN FUJIOKA
本名 藤岡 竜雄
別名義 藤岡靛
生年月日 (1980-08-19) 1980年8月19日(39歳)
出生地 日本の旗 日本福島県 須賀川市[1]
国籍 日本
民族 日本人
身長 180cm
血液型 A型
職業 モデル俳優シンガーソングライターミュージシャン映画監督インフルエンサーDJ
ジャンル 映画テレビドラマ
活動期間 2004年 -
配偶者 あり(2012年 - )
著名な家族 藤岡麻美(妹)
事務所 アミューズ
公式サイト DEAN FUJIOKA Official Site
主な作品
映画
空飛ぶタイヤ
ドラマ
あさが来た
ダメな私に恋してください
モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-
テンプレートを表示
ディーン・フジオカ
各種表記
繁体字 藤岡靛
簡体字 藤冈靛
拼音 Ténggāng Diàn
和名表記: ディーン・フジオカ
発音転記: ディーン フジオカ
ラテン字 Dīn Fujioka
英語名 Dean Fujioka
テンプレートを表示
ディーン・フジオカ
各種表記
広東語発音:

Tang4 Gong1 Din6

Tang4 Gong1 Lung4 Hung4
テンプレートを表示
DEAN FUJIOKA
別名 藤岡靛
生誕 (1980-08-19) 1980年8月19日(39歳)
出身地 日本の旗 日本福島県 須賀川市[1]
ジャンル J-POPポップWAVEダブステップベース・ミュージック
職業 シンガーソングライター
ミュージシャン
俳優
モデル
映画監督
インフルエンサー
DJ
担当楽器 ボーカル
ラップ
ギター
ベース
ドラム
ピアノ
シンセサイザー
プログラミング
ビートボックス
トランペット
活動期間 2013年 -
レーベル A-Sketch
事務所 アミューズ
公式サイト DEAN FUJIOKA Official Site

経歴編集

1997年、第10回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストに出場した[2]。応募したのは本人ではなく、妹が勝手にしていた[3][4]。最終選考まで残る[2]

2004年香港クラブにおいて飛び入りでラップを披露していたところ、客席にいたファッション雑誌編集者にスカウトされる。香港を拠点に雑誌や広告、ファッションショーなどでモデルとして芸能活動を開始[5]

2006年、台湾ドラマの創始者とも言える柴智屏と出会い契約、台湾のデビューを果たす。活動拠点を香港から台北へ移し、台湾TVドラマ『スクール・ロワイアル〜極道學園〜』に出演。包偉銘や包小柏や王傳一と共演。ヤンヤン・マク監督の香港映画『八月の物語』の主演に抜擢された(撮影:2005年)。その映画作品が各国の映画祭(上映:2006年 - 2007年)[6]に出品されたことにより俳優としての注目が高まる。

2007年、台湾で高視聴率をマークしたTVドラマ『ホントの恋の見つけかた』で徐熙媛(バービー・スー)や羅志祥(ショウ・ルオ)と共演。DEANは天才ピアニストを演じた。台湾で初の映画『サマーズ・テイル〜夏のしっぽ〜』に出演。作品中では張睿家鄭宜農林涵と共演。

2008年、柴智屏制作の台湾ドラマ『笑うハナに恋きたる』に出演、楊丞琳(レイニー・ヤン)や潘瑋柏(ウィルバー・パン)と共演。同作は台湾だけではなく、中華圏全土や日本や東南アジアなど各国で放送された。その後、台湾の事務所と契約を更新せずにフリーランスとしてジャカルタに行く。DJ SUMO(Sumantri)に初めて会って、インドネシアで音楽活動を開始。

2011年日本統治時代の台湾に関する歴史を題材にした長編映画『セデック・バレ』に出演。日本では2013年4月20日に公開された。私生活でも親しい友人たちである呉建豪(ヴァネス・ウー)や洪天祥(ジミー・ハン)や涂百鋒(エリック・チュウ)や隆宸翰(クリス・ルン)と共演した『夢の向こう側〜ROAD LESS TRAVELED〜』が制作。日本では2013年6月に公開された。

俳優業とは別にクリエイターとして独自のネットワークと言語を駆使し、アートとエンターテイメントを融合する表現活動の可能性を模索していたところ、2011年に現所属事務所・アミューズと出会いGMT+7〜+9の時間軸の中で、アジアを中心とした縦移動のライフスタイル/ワークスタイルに双方共感し所属契約を交わす。

2012年、人気テレビシリーズ蔡岳勳監督作品『ブラック&ホワイト』の映画版『ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉 Black & White Episode 1』にて趙又廷(マーク・チャオ)と共演、情報局員のリー捜査官役で出演。台湾史上初の総制作費10億円をかけた本作は中国でも大ヒットし、日本では2012年9月に公開。ジャパンプレミアの際にDEANは日本代表出演者として紹介される。

2013年、映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』にて、日本の作品で初めて監督・主演・主題歌の全てを務める[7]。当初は俳優としてのみの参加であったが、プロデューサーの意向で監督としてもオファーを受け[8]、実在の殺人犯を演じるだけではなく自らメガホンを取ることによって生じるリスクを覚悟した上でやると決めた[9]。同作の主題歌も担当し、この曲は彼にとって「僕の自己紹介みたいなもの」と語っている[10]

2014年8月、NHK BSプレミアム『撃墜 3人のパイロット〜命を奪い合った若者たち〜』にて、日本のテレビドラマに初出演を果たす。10月から放送の北米のドラマ『荒野のピンカートン探偵社』にて、準レギュラーの役を演じる。

2015年7月9日から放送のフジテレビ木曜劇場探偵の探偵』にて、日本の連続ドラマに初出演を果たす[11][12]。9月28日から放送のNHK連続テレビ小説あさが来た』にて、五代友厚役を演じる[13]

2016年、第88回ザテレビジョンドラマアカデミー賞(2016年1月 - 3月クール)において『あさが来た』が賞を多数受賞。“五代様ブーム”も評価され、ザテレビジョン特別賞を受賞した[14][15]。3月、1stアルバム『Cycle』をリリース。7月18日にはNHK特集ドラマ『喧騒の街、静かな海』にて、日本のテレビドラマ初主演を務める。8月19日にオフィシャルファンクラブFamBamが発足。“Family Always Means Backing Any Member ”の頭文字をとったこの名前には「お互いをバックアップし、支え合える家族のような関係に育っていきたい」という思いが込められている [16]。また、10月からテレビ朝日などで放映されたテレビアニメ『ユーリ!!! on ICE』では、オープニング・テーマとして楽曲『History Maker』を提供[17]。アニメの世界的な人気[18]とともにその名前も知られるようになる。12月に発表された、Googleによる全世界での2016年の検索回数急上昇ワードランキングでは、「ミュージシャン」部門で第5位に入った[19]

2017年の4月からは、テレビ朝日系の報道番組「サタデーステーション」にインフルエンサーとして不定期に出演するようになる。これについてDEANは「少しでも番組進行のお役に立てるよう、より良い未来につながる変化や気付きのきっかけを作る問いかけや提案をしていければ」とコメントしている[20]。映画出演も相次ぐ。主演した『結婚』では結婚詐欺師の役を演じた。この役は実は、孤独や心の闇も抱える難役でもある。映画の撮影開始に向けて「世の中的にはよろしくない人物が主人公ですが、その視点だからこそ見える愛の物語をお楽しみに」と解釈して現場に立つ準備をしていた[21]。また、この映画では主題歌『Permanent Vacation』も担当。7月にこの曲を含む1st EPをリリースする。一方『鋼の錬金術師』では物語屈指の人気キャラクター、ロイ・マスタングを演じたことで話題となる[22]。10月から放映された日本テレビ系日曜ドラマ今からあなたを脅迫します』では武井咲とW主演を務め[23]、主題歌『Let it snow!』も担当。12月にこの曲を含む2nd EPをリリースする。

2018年2月、初の全国ツアーを開催[24]。海外からの参加者も含む[25]2万人を動員する。4月からはフジテレビ系木曜劇場『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』で初の連ドラ単独主演を務める[26]。この時の演技が評価され、第12回コンフィデンスアワード・ドラマ賞主演男優賞を受賞する[27]。また、世界のクラブミュージックシーンで注目を集めるジャンル「WAVE」に着想を得た[28]という主題歌『Echo』は、最上もがと共演したMV(監督:二宮健)がMTV VMAJにて最優秀オルタナティブビデオ賞を受賞した[29]。出演映画も多数公開(『坂道のアポロン』『空飛ぶタイヤ』)され、中でも主演した『海を駆ける』はインドネシアが舞台。これについてDEANは「家族が住んでいたり自分の過去に縁のある国の一つです。音楽的にもジャカルタでアルバムを作ったりしていますので、いつかインドネシアに映画の撮影に来られたらいいなぁと思っていました」と語っている[30]

2019年1月、フジテレビ開局60周年特別企画スペシャルドラマ『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』にて井浦新とW主演を務めた[31]一方、30日には2ndアルバム『History In The Making』をリリースする[32]。2月、☆Taku Takahashi主催のクラブイベント「インターギャラクティック」でDJデビュー。starRoTJOYUC'eらと共演した[33]。3月には、映画『空飛ぶタイヤ』の沢田悠太役で第42回日本アカデミー賞優秀助演男優賞を受賞[34]。また、2月から5月にかけ、日本・上海・香港・台湾・インドネシアのジャカルタを回る初のアジアツアーを開催した[35]。9月、三谷幸喜が監督した映画『記憶にございません!』が公開。演じた首相秘書官役が話題になる[36]一方、KREVA主催のイベント「908 FESTIVAL 2019」にてフェス初出演を果たす[37]。10月放送のドラマ『シャーロック アントールドストーリーズ』で月9初主演[38]。主題歌『Shelly』とオープニングテーマ『Searching For The Ghost』も担当する[39][40]。11月には、漫画家北条司が総監督を務め、松下奈緒とW主演を務めたオムニバス映画『エンジェルサイン』が公開[41][注 1]

人物編集

福島県須賀川市で生まれ、物心がつく頃まで同市内で暮らす。その後、千葉県鎌ケ谷市に転居。日本語英語中国語広東語標準中国語[42])、インドネシア語など5言語を操るマルチリンガル[43]千葉県立船橋高等学校卒業後、アメリカシアトルのコミュニティ・カレッジでITを専攻した[44]カレッジ卒業後[45][46][47]アジアのさまざまな国を巡り、多様な人種文化言語に触れ、感銘を受けたそれらを詩や写真に収めた。

妥協を良しとせず、とことん追求する性格で、趣味は中国武術キックボクシングチェス写真撮影で、特技はギタードラムピアノ作曲作詞スキーバスケットボールなど多岐にわたる。食べることをとことん楽しみたいという考えから、食にもこだわりや美学がある[48]

グルテンのアレルギーである[49]

幼少から楽器演奏や楽典等、音楽的な影響を受ける。音楽制作はインドネシアでの活動を中心に行っていたが[50]、現在は拠点を東京に移している[51]。作詞・作曲・プロデュースも手掛けている他、ラップ歌手としての活動も行っている[50]ギタードラムピアノシンセサイザートランペットなど楽器演奏もこなす。中でもビートボックスは、テレビ番組などでその腕前をたびたび披露している[52][53]。音楽は尾崎豊の曲や、松田聖子の「SWEET MEMORIES」なども好み[50] 。初めて自身で購入したCDはDREAMS COME TRUEの「決戦は金曜日[54]

父親は中国生まれだが[55]、両親も祖父母も日本人で[56]、両親とも福島県須賀川市出身[57]。実妹は、元チェキッ娘藤岡麻美[50][58]

2012年に中国インドネシア人と結婚し、2014年に男女双子が誕生[59]。2017年3月、自身のインスタグラムに赤ちゃんの写真を投稿し、第3子が誕生したことを明らかにした[60]

ドラマや映画などでも活躍しているがミュージシャンとしての活動も幅広い。2018年2月には初の全国ツアー『History In The Making2018』を開催。2019年には初のアジアツアー『1st Asia Tour 2019 ''Born To Make History』を迎える。ミュージシャンDEAN FUJIOKAにも期待が高まっている。

名前編集

昔は本名でクレジットまたはプレスによって記載されていたが、いま芸能界では、芸名(「藤岡靛」と「DEAN FUJIOKA」)は主要な名前になっている。イングリッシュネームの由来は、留学した時、ホームステイ先の父から「ディーン」と呼ばれていたことによる。現在の芸名となった経緯は、最初に芸能活動を始めた香港で「イングリッシュネームがないと仕事にならず、逆にないとおかしい[61]」とされていることから。「ディーン」という名前の発音は、広東語の「」に似ており、「クレイジー」という意味を持つ[62][63]。ただ、芸名として「」の字を使うことは不適切であることから、中華圏での活動では似た発音の「」(indigoの意)を当てる。なお、この字は広東語では「din」、現代標準中国語[42]では「dian」(ディエン)と読む。中華圏では、彼は「藤岡靛」や「Dean」や「阿Dean」(香港:アディーン)と呼ばれている[64][65]

受賞歴編集

出演編集

映画編集

テレビドラマ編集

報道番組編集

配信ドラマ編集

ラジオ編集

CM編集

  • 三菱・コルトプラス 加油站篇(2007年)、買房篇(2011年)※台湾
  • ソニー 「h.ear×WALKMAN」コンセプトムービー(2015年)
  • ロッテ 「Lady Borden」テーマソングのイメージ音声(2016年)
  • マルトモ
    • プレ節25ミクロンソフトけずり 「出会い」編、「ハマる」編(2016年)[93]
    • プレ節25ミクロンソフトけずり 「プレ節の作法 コク」編、「プレ節の作法 うすさ」編(2018年)[94]
  • ダスキン
    • 「家事シェルジュ登場」篇、「おそうじベーシック3 逃さない」篇、「エアコンクリーニング 徹底洗浄」篇、「ビジネスマット 熱烈歓迎」篇、「ケア 家事も余暇もお任せを」篇、「ホーム 家事も余暇もお任せを」篇(2016年)[95]
    • 「おそうじベーシック3 見えてる以上」篇、「台所用スポンジ たかがスポンジ」篇、「おそうじベーシック3 歓喜の大そうじ」篇(2017年)[96]
  • アサヒ飲料
    • ウィルキンソン タンサン 「響く音」編、「弾ける音」編(2016年)
    • ウィルキンソン タンサン 「本格炭酸」編、「ライフスタイル」編(2017年)
    • 三ツ矢サイダー 「宣言」編(2017年)※ゲスト出演[97]
    • ウィルキンソン タンサン 「GYM」編、「トレーニング」編、「DRY登場」編、「With Food」編(2018年)[98]
  • プリマハム
  • イオン
    • WAON POINT 「smart WAON」(2016年)[101]
    • 電子マネーWAON10周年記念大抽選会(2017年)[102]
  • 日本生命 みらいのカタチ 5つ星 「どっちも!」篇(2016年)
  • NHK 「スーパーハイビジョン」プロモーション映像(2016年 -)
  • ライオン
    • hadakara「流されていた」編(2016年)
    • hadakara「挑戦」編、「大人の思い込み」編、「子供の乾燥」編(2017年)
  • Canon Asia ※東南アジア
    • EOS M5 「Remix your photography」(2016年)
    • EOS M6 「Uncover the Hidden」(2017年)
  • ヤマハ音楽振興会
    • ヤマハ英語教室「自分の思いを話せる英語」篇(2018年)[103]

ショートフィルム編集

監督は全て麥婉欣(ヤン・ヤン・マク)

  • 2 Cartons of Alphabet H(2006年、香港)
  • So Poetic(2007年、香港) - 闘牛士 役
  • 睡公主(2007年、香港) - コーヒーショップ店員 役、何韻詩(デニス・ホー)と主演
  • 睡王子(2007年、香港) - 何韻詩と主演

MV編集

本人歌唱のMVについては、ディスコグラフィのミュージックビデオを参照

  • 何韻詩(デニス・ホー)「勞斯・萊斯」(2005年、香港) - 陳冠希(エディソン・チャン)と共演、監督:麥婉欣(ヤン・ヤン・マク)
  • 林智文「請你離開」(2007年、台湾)監督:洪天祥
  • 何韻詩「睡王子」(2007年、香港)[注 2]監督:麥婉欣
  • 王心凌(シンディー・ワン)「這就是愛」(2007年、台湾)監督:黃中平
  • 呉建豪「哎呀」(2011年、台湾)監督:陳慧翎

ディスコグラフィ編集

DEAN FUJIOKAのディスコグラフィ
リリースリスト
スタジオ・アルバム 2
EP 2
シングル 2
映像作品 1
ミュージック・ビデオ 14
ダウンロード・シングル 11
参加作品 1

シングル編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム
1st 2016年12月22日12月30日[注 3] History Maker at InterCycle CD+BOOK AZNT-33 -[注 4] TBD
2nd 2018年6月20日 Echo CD+DVD AZZS-75(初回盤A) 5位 History In The Making
AZZS-76(初回盤B)
CD AZCS-2073(通常盤)

ダウンロードシングル編集

発売日 タイトル 規格 初収録作品 オリコン
1st 2013年11月6日 My Dimension デジタル・ダウンロード Cycle -[注 5]
2nd 2016年6月10日 Midnight Messenger mabanua Remix 未収録
3rd 2016年10月7日 History Maker History Maker at InterCycle
4th 2016年12月9日 History Maker (TJO Remix)
5th 2017年4月4日 午夜天使的翅膀 (Midnight Messenger Mandarin ver.) Permanent Vacation/Unchained Melody
6th 2018年2月4日 Let it snow! YUC’e Remix 未収録 圏外
7th 2018年12月24日 Let it snow! ~Mandarin Ver.~ History In The Making
8th 2019年1月18日 Maybe Tomorrow
9th 2019年10月7日 Shelly Shelly(予定)
10th 2019年10月8日[注 6] Send It Away (feat. GONG)
11th 2019年11月4日 Searching For The Ghost[40]

EP編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン 初収録アルバム
1st 2017年7月5日 Permanent Vacation/Unchained Melody CD+DVD AZZS-65(初回盤A) 7位 History In The Making(Unchained Melody)
AZZS-66(初回盤B)
CD AZCS-2065(通常盤)
2nd 2017年12月20日 Let it snow! CD+DVD AZZS-72(初回盤A) 12位 History In The Making(Let it snow!とDoReMi)
CD+BOOK AZZS-73(初回盤B)
CD AZCS-2071(通常盤)
3rd 2019年12月11日発売予定 Shelly[104] CD+DVD AZZS-99(初回限定盤A:Shelly Ver.)
AZZS-100(初回限定盤B:Ghost Ver.)
CD AZCS-1088(通常盤:Normal Ver.)

オリジナルアルバム編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2016年3月30日 Cycle CD AZCS-1056(ASMART限定盤) -[注 7]
2016年4月27日 AZNT-26(タワレコ限定盤) 45位
2nd 2019年1月30日 History In The Making[注 8] CD+DVD AZZS-83(初回限定盤A:History Edition) 8位
AZZS-84(初回限定盤B:Deluxe Edition)
CD AZCS-1077(通常盤:Artist Edition)

映像作品編集

発売日 タイトル 規格 規格品番 オリコン
1st 2017年5月10日 DEAN FUJIOKA Special Live 「InterCycle 2016」at Osaka-Jo Hall[105] DVD AZBS-1038 10位
Blu-ray AZXS-1017 11位

ミュージックビデオ編集

公開年 タイトル 監督
2013年 My Dimension DEAN FUJIOKA
2016年 Priceless (Lyric Video) 不明
2017年 Permanent Vacation HIRO KIMURA
Unchained Melody
Let it snow! 二宮健
DoReMi 安岡洋史
2018年 Echo 二宮健
Let it snow! ~Mandarin Ver.~ (Official Lyric Video) BUDDHA.INC
2019年 History Maker ~HITM Ver.~ 二宮健
Maybe Tomorrow 二宮健[注 9]
History In The Making (Official Lyric Video) 山本イクオ
Send It Away (feat. GONG) (Official Lyric Video) ;c (Semicolons_C)
Shelly 東市篤憲
Searching For The Ghost

参加作品編集

発売日 タイトル 備考
2016年4月20日 Hello Radio ­以下のメンバーによるザ・プールサイド名義で、TSUTAYAでの期間限定レンタル販売された楽曲。JFLFM802によるJFL×TSUTAYA ACCESS!2016年度キャンペーンソング。作詞作曲はくるり岸田繁、編曲はtofubeatsが担当。歌唱はDEAN FUJIOKAの他、岸田繫、スキマスイッチ大橋卓弥木村カエラKREVA藤原さくらSuchmosのYONCEが参加している。

タイアップ一覧編集

楽曲 タイアップ 時期
My Dimension 映画『I am ICHIHASHI 逮捕されるまで』主題歌 2013年
History Maker テレビアニメ『ユーリ!!! on ICE』オープニングテーマ[17] 2016年
Priceless Canon EOS M5「Remix your photography」CMソング[106]
午夜天使的翅膀(Midnight Messenger Mandarin ver.) NHK Eテレ『テレビで中国語』エンディングテーマ[107] 2017年
Speechless Canon EOS M6「Uncover the Hidden」CMソング[108]
Permanent Vacation 映画『結婚』主題歌[109]
Unchained Melody テレビ朝日系『サタデーステーション』『サンデーステーション』エンディングテーマ[注 10]
Let it snow! 日本テレビ日曜ドラマ今からあなたを脅迫します』主題歌
Echo フジテレビ木曜劇場モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』主題歌 2018年
Maybe Tomorrow テレビ朝日系土曜ナイトドラマ僕の初恋をキミに捧ぐ』主題歌[110] 2019年
Made In JPN テレビ朝日系『サタデーステーション』『サンデーステーション』エンディングテーマ[注 11]
Shelly フジテレビ系「月9」『シャーロック アントールドストーリーズ』主題歌[39]
Searching For The Ghost フジテレビ系「月9」『シャーロック アントールドストーリーズ』オープニングテーマ[40]
Chasing A Butterfly (feat. Nao Matsushita) 映画『エンジェルサイン』主題歌[111]

ライブ編集

ワンマンライブ編集

日程 タイトル 会場
2016年05月08日 FamBam
2016年08月19日 FamBam Birthday Bash
2016年12月22日 - 12月30日 DEAN FUJIOKA Special Live InterCycle 2016
2017年07月12日 - 07月28日 DEAN FUJIOKA Live 2017 "History In The Making"
2018年02月04日 - 02月24日 DEAN FUJIOKA 1st Japan Tour "History In The Making 2018"
2019年02月16日 - 05月11日 DEAN FUJIOKA 1st Asia Tour 2019 "Born To Make History"[注 12]

出演イベント編集

脚注編集

注釈編集

  1. ^ プロローグとエピローグに出演
  2. ^ このMVは2つの短編映画「睡公主」と「睡王子」から編集された
  3. ^ 『DEAN FUJIOKA Special Live InterCycle 2016』ライブ会場にて販売
  4. ^ ライブ会場限定販売のためカウント外
  5. ^ オリコンデジタルチャート発足前のため集計なし
  6. ^ 中国の無料音楽配信サービス「网易云音乐」にて配信。日本では未定
  7. ^ オンラインショップ限定販売のためカウント外
  8. ^ 『2019年初春、New Albamリリース』''History In The Making''「Cycleから約3年ぶりのリリース」
  9. ^ 撮影:堤裕介
  10. ^ サタステ:2017年4月22日 - 2019年9月28日
    サンステ:2017年4月23日 - 2019年9月29日
  11. ^ サタステ:2019年10月5日 -
    サンステ:2019年10月6日 -
  12. ^ インドネシア公演のタイトルは、DEAN FUJIOKA 1st Asia Tour 2019 "Born To Make History" <Prelude To Tomorrow> in Jakarta
  13. ^ DJとして参加

出典編集

  1. ^ a b ディーン・フジオカじ~ん、故郷福島で初公演大盛況”. 日刊スポーツ (2017年7月17日). 2017年7月18日閲覧。
  2. ^ a b 【第10回】ジュノン・スーパーボーイ・コンテストの歴史”. JUNON (2015年6月1日). 2016年3月1日閲覧。
  3. ^ 2016年1月29日TBS『金スマ』の企画「スター街道」の解説映像で「1997年(17歲)妹が勝手に応募して出場」と書いた。
  4. ^ ディーン・フジオカ知られざる原点、あだ名は“フジタツ””. 女性自身 (2016年2月13日). 2016年11月12日閲覧。
  5. ^ ASIAN CROSSING:インタビュー ディーン藤岡”. ASIAN CROSSING (2007年5月30日). 2016年10月4日閲覧。
  6. ^ 香港亜洲電影節、東京国際映画祭、台湾の南方影展、ロッテルダム国際映画祭、フライブルグ国際映画祭。
  7. ^ 市橋被告の逃亡劇描く映画が公開 監督&主演のフジオカ”. 映画.com (2013年11月9日). 2016年8月19日閲覧。
  8. ^ Dean Fujioka Takes a Killer Approach to a Global Career”. Tokyo Weekender (2015年4月26日). 2016年1月21日閲覧。
  9. ^ 監督・主演のディーン・フジオカが語る「市橋達也」映画完成までの葛藤 (1/2)”. 日刊ゲンダイ (2013年11月7日). 2013年11月7日閲覧。
  10. ^ 人生をサバイブする旅人の方法論 DEAN FUJIOKAインタビュー (2/3)”. CINRA.NET (2013年11月6日). 2013年11月6日閲覧。
  11. ^ a b ディーン・フジオカ“逆輸入”で日本ドラマに初出演”. スポニチアネックス (2015年5月22日). 2015年6月3日閲覧。
  12. ^ a b 台湾で活躍中のディーン・フジオカ、初連ドラで北川景子サポート”. SANSPO.COM (2015年5月22日). 2015年6月3日閲覧。
  13. ^ a b “逆輸入俳優”ディーン・フジオカ、朝ドラデビュー「光栄」”. スポーツ報知 (2015年6月3日). 2015年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月3日閲覧。
  14. ^ a b 第88回ドラマアカデミー賞・ザテレビジョン特別賞”. Smartザテレビジョン (--). 2016年10月8日閲覧。
  15. ^ a b “五代様”ディーン・フジオカ 五代友厚の生きざまに「日本人として誇り」”. ニュースウォーカー (2016年5月12日). 2016年10月8日閲覧。
  16. ^ ディーン 36歳誕生日にファンクラブ結成ライブ”. スポニチアネックス (2016年6月10日). 2016年6月10日閲覧。
  17. ^ a b 久保ミツロウの熱烈オファー実る!DEAN FUJIOKA、スケートアニメにOP曲提供”. 音楽ナタリー (2016年9月22日). 2016年9月25日閲覧。
  18. ^ “アニメ・ファン、五輪に登場の「ユーリ!!!」曲に興奮と涙” (英語). BBCニュース. (2018年2月10日). https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43007538 2018年12月23日閲覧。 
  19. ^ a b Google's Year in Search”. Google Trends (2016年12月14日). 2018年12月22日閲覧。
  20. ^ a b “ディーン・フジオカがニュース情報番組に初挑戦!”. ニュースウォーカー (KADOKAWA). (2017年2月7日). http://news.walkerplus.com/article/100027/ 2017年2月7日閲覧。 
  21. ^ 日刊スポーツ 2017年1月12日
  22. ^ a b 「鋼の錬金術師」実写映画化!山田涼介らキャスト解禁、6月よりイタリアで撮影”. 映画ナタリー (2016年5月24日). 2016年5月24日閲覧。
  23. ^ a b “「女子大生」武井咲&「脅迫屋」ディーン・フジオカが日テレ連ドラでダブル主演”. スポーツ報知. (2017年8月7日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/20170806-OHT1T50310.html 2017年8月7日閲覧。 
  24. ^ Inc, Natasha. “DEAN FUJIOKA、来年2月に6会場巡る初全国ツアー” (日本語). 音楽ナタリー. 2019年1月15日閲覧。
  25. ^ 【ライブレポート】DEAN FUJIOKA初全国ツアー、“育ててくれた”大阪で大団円”. 音楽ナタリー (2018年2月26日). 2018年12月30日閲覧。
  26. ^ a b “ディーン・フジオカ、連ドラ初単独主演で華麗なる復讐鬼に ターゲットは大倉忠義”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月10日). https://www.oricon.co.jp/news/2105568/full/ 2018年3月6日閲覧。 
  27. ^ a b “【18年4月期ドラマ賞】好青年から復讐鬼へ… ディーン・フジオカ「モンクリ」の好演で主演男優賞”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年7月27日). https://www.oricon.co.jp/news/2116372/full/ 2018年7月27日閲覧。 
  28. ^ DEANFUJIOKA 新曲MVでヴァンパイア役 最上もがを蘇らせ操る”. ORICON NEWS (2018年5月29日). 2018年12月30日閲覧。
  29. ^ a b 「MTV VMAJ 2018」の受賞作品発表!出演者第一弾も公開! | MTV Japan”. 2018年12月24日閲覧。
  30. ^ a b “ディーン・フジオカ×深田晃司「海を駆ける」2018年公開、舞台はインドネシア”. 映画ナタリー. (2017年8月24日). http://natalie.mu/eiga/news/245862 2017年9月2日閲覧。 
  31. ^ a b “ディーン&井浦新主演「レ・ミゼラブル」SPドラマ化!山本美月、吉沢亮ら出演”. シネマトゥデイ (株式会社シネマトゥデイ). (2018年11月20日). https://www.cinematoday.jp/news/N0105054 2018年11月20日閲覧。 
  32. ^ DEANFUJIOKA、新作ジャケ写&収録内容公開 全MV/ライブ映像収録盤も”. ORICON NEWS (2018年11月28日). 2018年12月31日閲覧。
  33. ^ ☆Taku Takahashi presents インターギャラクティック – “History In The Making” Party- Produced by WONDER&CLOCKS//ワンクロ – EVENT”. WOMB. 2019年2月21日閲覧。
  34. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表 『カメラを止めるな!』『万引き家族』など5作品”. ORICON NEWS (2019年1月15日). 2019年3月1日閲覧。
  35. ^ DEANFUJIOKA、来年2月から初のアジアツアー “原点”香港&台湾含む10公演”. ORICON NEWS (2018年9月19日). 2018年12月31日閲覧。
  36. ^ 色気すごい!ディーン・フジオカ『記憶にございません!』首相秘書官が話題”. シネマトゥデイ. 2019年9月29日閲覧。
  37. ^ a b KREVA主催<908 FESTIVAL 2019>第三弾にBONNIE PINK、DEAN FUJIOKA”. BARKS. 2019年9月27日閲覧。
  38. ^ a b 「シャーロック・ホームズ」リメイク ディーン・フジオカが主演”. ライブドアニュース (2019年7月24日). 2019年7月24日閲覧。
  39. ^ a b DEAN FUJIOKA、初主演月9主題歌も担当「ラブバラードで書き下ろしました」”. ORICON NEWS (2019年9月12日). 2019年9月13日閲覧。
  40. ^ a b c DEANFUJIOKA、月9『シャーロック』OPテーマを11・4配信リリース”. ORICON NEWS. 2019年11月11日閲覧。
  41. ^ a b 松下奈緒×ディーン・フジオカ、語らずに愛を語る!北条司氏が実写映画初監督”. SANSPO.COM (2019年6月20日). 2019年6月21日閲覧。
  42. ^ a b 北京語」も中国語の方言で、現代標準中国語(普通話・国際漢語国語・対外華語)ではない。
  43. ^ 福島生まれ ディーン・フジオカ 全米デビュー 5言語操る“謎の日本人””. スポニチアネックス (2014年11月10日). 2016年10月7日閲覧。
  44. ^ ディーン・フジオカさん(俳優・ミュージシャン)「海外で得た経験や価値観は、日本を豊かにする原動力になる」”. JUNGLE CITY.COM (2015年12月). 2016年10月3日閲覧。
  45. ^ ショーンKの学歴詐称疑惑がなぜかディーン・フジオカに飛び火!?”. ASAGEI plus (2016年3月16日). 2016年10月20日閲覧。
  46. ^ ディーン 学歴詐称追及にタジタジも「卒業証書ある」”. スポニチアネックス (2016年4月4日). 2016年10月20日閲覧。
  47. ^ ディーン 米留学経歴を追及され…”. デイリースポーツ (2016年4月4日). 2016年10月20日閲覧。
  48. ^ ディーン・フジオカがブレイクした真の理由 実は女性より「男がホレる男」だった”. 東洋経済オンライン (2016年3月13日). 2016年11月5日閲覧。
  49. ^ ディーン様、グルテンのアレルギーを告白「小麦とか、食べられない」”. デイリースポーツ (2017年10月10日). 2018年5月26日閲覧。
  50. ^ a b c d 週刊文春 2015年12月3日号 p.133
  51. ^ DEAN FUJIOKAが語る、3年間の歩みと変化「自分の音楽の未来を作っていきたい」”. Real Sound (2019年1月30日). 2019年1月30日閲覧。
  52. ^ ディーン・フジオカ、今年の目標に「定住」…仮宿暮らしは「しんどい」”. スポニチアネックス (2016年1月4日). 2018年12月19日閲覧。
  53. ^ 黒柳徹子によるヒューマンビートボックス”が「面白すぎる」「世界一自由」と話題 ディーン・フジオカと衝撃セッション”. モデルプレス (2017年4月12日). 2018年12月19日閲覧。
  54. ^ DEAN FUJIOKA、吉田美和の高評価に感謝「信じられない気持ちでした」”. オリコンニュース (2018年6月20日). 2019年6月23日閲覧。
  55. ^ ディーン・フジオカの転機は香港 米定住考えるも「アジアの時代」ディーン・フジオカ インタビュー(上)” (2016年2月23日). 2016年3月2日閲覧。
  56. ^ NHK朝ドラに出演 ディーン・フジオカは国際派俳優”. NIKKEI STYLE (2015年10月16日). 2016年10月7日閲覧。
  57. ^ 週刊新潮 2016年1月21日号 p.40 - 41 より
  58. ^ Cityかまがや”. Cityかまがや98号インタビュー 藤岡麻美さん. 2014年8月3日閲覧。
  59. ^ 朝ドラ出演ディーン・フジオカ実はパパ デイリースポーツ 芸能”. デイリースポーツ (2015年11月2日). 2015年11月12日閲覧。
  60. ^ ディーン・フジオカ、第3子誕生を発表”. オリコンニュース (2017年3月14日). 2017年3月15日閲覧。
  61. ^ 日本人なのになぜ“ディーン”?ディーン・フジオカが語る名前の由来。”. E-TALENTBANK (2016年4月5日). 2016年4月7日閲覧。
  62. ^ ディーン・フジオカ「クレイジーな生活を送っていました」”. ジュージョプライム (2015年11月27日). 2016年10月23日閲覧。
  63. ^ ディーン・フジオカ、芸名の由来を明かす”. シネマトゥデイ (2016年1月26日). 2016年3月2日閲覧。
  64. ^ 【藤岡癲撐廣東話】 藤岡靛效應推動華語 阿Dean意思原來解阿癲”. 蘋果日報(香港) (2016年1月23日). 2016年10月3日閲覧。
  65. ^ ディーン・フジオカ 双子の子どもは「夜泣きが大変でした」”. ジュージョプライム (2015年11月29日). 2016年10月23日閲覧。「中華圏だと親しみを込めてニックネームに阿を付ける」と書いてある。
  66. ^ 第88回ドラマアカデミー賞・ザテレビジョン特別賞 | Smartザテレビジョン
  67. ^ 国際ドラマフェスティバル:東京ドラマアウォード、2016年度 国內作品 個人賞
  68. ^ “世界に見せたい日本のドラマ 『あさが来た』『赤めだか』がグランプリ”. ORICON STYLE. (2016年11月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2081070/full/ 2016年11月7日閲覧。 
  69. ^ ディーン・フジオカ、助演男優賞受賞で男泣き「奇跡のよう」”. ORICON STYLE (2016年11月7日). 2016年11月8日閲覧。
  70. ^ “りゅうちぇる、心霊写真の正体は“もののけ”「勘違いして寄ってきた」”. ORICON STYLE. (2016年12月7日). http://www.oricon.co.jp/news/2082668/full/ 2016年12月7日閲覧。 
  71. ^ 2017年 エランドール賞 受賞作品・受賞者”. 一般社団法人 日本映画テレビプロデューサー協会 (2017年1月19日). 2017年2月2日閲覧。
  72. ^ 日本アカデミー賞優秀賞発表 『カメラを止めるな!』『万引き家族』など5作品”. ORICON NEWS (2019年1月15日). 2019年3月1日閲覧。
  73. ^ ディーン・フジオカ、司会初挑戦「光栄な立場」 中国語披露に拍手起こる”. マイナビニュース (2019年11月28日). 2019年11月28日閲覧。
  74. ^ 撮影:2005年。上映:香港亜洲電影節(2006年)のは22分版で、第19回東京国際映画祭(2006年)のは62分版で、台湾の南方影展(2006年)のは58分版で、香港国際電影節(2007年)のは版権の問題で上映を取り消すことになった。
  75. ^ 撮影:2006年。上映:香港亜洲電影節(2007年)、香港百老匯電影中心(2008年)、台北電影節(2008年)。
  76. ^ 上映:ベルギーのFilm Fest Gent(2014年)、日本のショートショート フィルムフェスティバル & アジア(2015年)、台湾の高雄電影節(2015年)、日本のゆうばり国際ファンタスティック映画祭(2016年)。
  77. ^ 上映:カナダのFantasia International Film Festival(2015年)、日本の京都ヒストリカ国際映画祭(2015年)。
  78. ^ 逆輸入俳優ディーン・フジオカ、海外向け作品に主演!ヒロインは森川葵”. 映画.com (2015年7月27日). 2015年7月27日閲覧。
  79. ^ “ディーン・フジオカが結婚詐欺師役で主演、井上荒野の小説「結婚」映画化”. 映画ナタリー. (2017年1月12日). http://natalie.mu/eiga/news/216456 2017年1月12日閲覧。 
  80. ^ “映画『坂道のアポロン』ディーン・フジオカが出演 劇中で歌声披露”. ORICON NEWS (oricon ME). (2017年5月26日). http://www.oricon.co.jp/news/2091323/full/ 2017年5月26日閲覧。 
  81. ^ 『海を駆ける』“ラウ”演じたディーン・フジオカを深田晃司が絶賛「演技だけでは辿り着けない領域に」”. 映画ランドNEWS (2018年5月7日). 2018年5月7日閲覧。
  82. ^ ディーン・フジオカが長瀬智也と共演「空飛ぶタイヤ」追加キャスト発表”. 映画ナタリー (2017年5月17日). 2017年5月17日閲覧。
  83. ^ 国際派俳優ディーン・フジオカが語る海外挑戦「人が行ったことのない道を突き進む」”. シネマトゥデイ (2015年4月17日). 2015年4月17日閲覧。
  84. ^ ドラマ「荒野のピンカートン探偵社」”. WOWOW (2016年3月1日). 2016年3月19日閲覧。
  85. ^ 深田恭子&ディーン・フジオカ 人気漫画『ダメ恋』ドラマ化で初共演”. ORICON STYLE (2015年11月18日). 2015年11月18日閲覧。
  86. ^ ディーン・フジオカ、NHKドラマ初主演 寺尾聰と父子役”. ORICON STYLE (2016年3月30日). 2016年4月8日閲覧。
  87. ^ 織田裕二、ディーンフジオカと初共演 9年ぶりTBS連ドラで“天才貴族””. ORICON STYLE (2016年8月26日). 2016年8月26日閲覧。
  88. ^ 『精霊の守り人』にディーン登場 「人気出ると思った」朝ドラ放送前に出演交渉”. ORICON STYLE (2016年4月8日). 2016年4月8日閲覧。
  89. ^ ディーン・フジオカで『はぴまり』連ドラ化 ヒロインは清野菜名”. ORICON STYLE (2016年5月2日). 2016年5月9日閲覧。
  90. ^ 「アジアン!プラスα Dean Tatsunami RADIO」いよいよ今日から放送!”. アジアンパラダイス (2007年2月9日). 2016年10月18日閲覧。
  91. ^ ASIAN CROSSING:インタビュー ディーン藤岡、P3。
  92. ^ SUNDAY MARK'E 765|FM COCOLO
  93. ^ ディーン・フジオカ味わいにハマる 日本のテレビCM初出演”. スポニチアネックス (2016年3月18日). 2016年3月18日閲覧。
  94. ^ CM特設ページ”. マルトモ株式会社. 2018年4月12日閲覧。
  95. ^ ディーン・フジオカ:家事のコンシェルジュに 「全て私にお任せください」”. MANTANWEB (2016年3月25日). 2016年3月25日閲覧。
  96. ^ TVCM作品集”. ダスキン. 2017年4月10日閲覧。
  97. ^ 三ツ矢サイダー CM情報”. アサヒ飲料. 2017年4月10日閲覧。
  98. ^ ウィルキンソン WILKINSON”. アサヒ飲料. 2018年4月12日閲覧。
  99. ^ ディーン真剣 CMで三枚目ポーズも「僕にとってはアクション」”. スポニチアネックス (2016年4月26日). 2016年4月26日閲覧。
  100. ^ ジョンソンヴィル”. ジョンソンヴィル・ジャパン. 2017年4月10日閲覧。
  101. ^ “スマート”ディーン 決めゼリフ一発OK「のぞむなら、あなたとも。」”. スポニチアネックス (2016年6月23日). 2016年6月23日閲覧。
  102. ^ 電子マネーWAON10周年記念大抽選会”. AEON (2017年4月28日). 2017年5月4日閲覧。
  103. ^ ディーン・フジオカさんが出演 ヤマハ英語教室 新TVCM 「自分の思いを話せる英語」篇 2018年1月29日(月)より放映開始”. @Press:アットプレス. 2018年1月26日閲覧。
  104. ^ DEANFUJIOKAの端正な顔立ちを堪能…月9『シャーロック』主題歌EPジャケ写&詳細公開”. ORICON NEWS. 2019年10月21日閲覧。
  105. ^ DEAN FUJIOKA、初の年末ライブを映像作品として5/10リリース&トレーラー映像公開 | Musicman-net”. www.musicman-net.com (2017年3月24日). 2019年3月19日閲覧。
  106. ^ Dean Fujioka x EOS M5”. Canon Singapore (2016年11月18日). 2017年4月10日閲覧。
  107. ^ テレビで中国語”. NHK. 2017年4月10日閲覧。
  108. ^ VIDEOS”. Canon Singapore (2017年4月7日). 2017年4月10日閲覧。
  109. ^ ディーン・フジオカ演じる結婚詐欺師がダンスを踊りベッドイン「結婚」予告編”. 映画ナタリー (2017年4月20日). 2017年5月17日閲覧。
  110. ^ DEANFUJIOKA、野村周平主演『僕キミ』主題歌を書き下ろし”. ORICON NEWS. 2019年9月23日閲覧。
  111. ^ ディーン・フジオカ&松下奈緒が主演映画主題歌歌う - シネマ : 日刊スポーツ”. nikkansports.com. 2019年9月23日閲覧。
  112. ^ High Jinks by CHAPTER47 - O.N.O "Ougenblick" Release Tour in TOKYO -”. iFLYER.tv. 2019年10月1日閲覧。
  113. ^ マキタスポーツ 恒例ライヴにディーン・フジオカとYOU出演 | SPICE - エンタメ特化型情報メディア スパイス”. SPICE(スパイス)|エンタメ特化型情報メディア スパイス. 2019年9月29日閲覧。
  114. ^ Inc, Natasha. “「MTV VMAJ」今年は星野源が2冠、特別賞は三浦大知&宇多田ヒカル”. 音楽ナタリー. 2019年9月29日閲覧。

外部リンク編集