メインメニューを開く

DJ PMX(ディージェイ・ピーエムエックス)日本にWESTCOAST HIPHOPを広めた第一人者でありJapanese HipHopのプロデューサー、DJ。宮崎県出身。

DJ PMX
生誕 年齢非公表
ジャンル ヒップ・ホップ
職業 DJ
活動期間 1987年〜
公式サイト DJ PMX OFFICIAL HOMEPAGE

日本のヒップホップが産声を上げた1980年後半から数多くのアーティストをプロデュース。アメリカ西海岸のヒップホップの影響を受け、JAPANESE WEST COAST HIPHOPのスタイルを構築。80年代からシーンの中核にいる日本では数少ないヒップホップ・プロデューサーの一人。

 

 その集大成として初のソロアルバム「THE ORIGINAL」を2008年6月に発売し、AK-69・BIG RON・HI-D・OZROSAURUS・の曲も手掛けるなど、幅広い人脈と確かなプロデュースワークがアーティストからも高い信頼を得、また新人の発掘と制作を請け負う「トータルプロデューサー」としての手腕も高い評価を受け、BIG RON・OZROSAURUS・KOZのフルプロデュースも手掛けた。このような数多くのプロデュースワークをこなしながら毎年邦楽/洋楽の2枚組ミックスCDのLocoHAMA CRUISINGシリーズをリリース。

 

 そして2012年、「THE ORIGINAL Ⅱ」のリリースに向けて、プロローグ的なコンセプトでまとめられたベスト・ワーク集「THE CHRONICLE II~Prologue Of THE ORIGINAL~」を3月14日にリリース、それを受ける格好で9月5日に「THE ORIGINAL Ⅱ」のリリースが実現、"My Beauty Queen feat. JOYSTICKK, KOWICHI, ZANG HAOZI, JAY'ED"、"心の理由 feat. 般若"を筆頭に、リリース即クラシックとなるスマッシュ・ヒットを続々と誕生させる。

2017年にはシリーズ第3作となる新人や若手を大量に起用し現行WESTCOAST SOUNDを意識したアルバム「THE ORIGINAL Ⅲ」を発表

さらにはDIABLO、GADORO、Daia、ONE-G、KOHKI、GHETTO INC、などのプロデュースワークも精力的に活動中

2019年 DS455の活動停止とともに「THE ORIGINAL Ⅳ」の製作をスタートさせ、止まる所を知らないDJ PMXの活動にますます目が離せない!

主な経歴編集

  • 1987年頃 MAZZ&PMXを結成しDJとして活動を始める。
  • 1988年宮 崎でのライブで藤原ヒロシに見出され以後、MAJOR FORCE主催のDJアンダーグラウンドコンテスト等、さまざまなイベントに出場するようになる。
  • 1990年頃 新宿・ミロスガレージのイベント「CLUB OF STEEL」にDJとして参加。その際に、横浜から遊びに来ていたKayzabroや、DEV LARGEDJ KRUSHGDXECD等と交流を深める。
  • 1990年 MAZZ+PMX名義でEP「GO YELLOWS GO」をアナログでリリース。MUROBOY-KENが客演した他、ECD、GAS BOYS、GDX、DJ DOC.HOLIDAY、A.K.I等もスキットで参加している。
  • 1991年 MAZZ&PMXとしてECD主催のコンテスト「CHECK YOUR MIKE」に出場。
  • 1992年 シングル「KICK IT!」リリース。コンピレーション「DANCE 2 NOISE」「リズム・レーベル・コンピレーション」にMAZZ+P.M.X名義で参加。ECD、GAS BOYS、A.K.I. PRODUCTIONS、キミドリの楽曲に参加。また、ECDのライブDJとしても活動。
  • 1993年 ECD、RHYMESTERZINGIに楽曲提供。
  • 1995年 DS455として「CLUB WILD.B」や「THE BEST OF JAPANESE HIPHOP」シリーズに参加。BUDDHA BRANDの「人間発電所」の製作に関わる。ECDのバックDJとして、「LIVE AT SLITS」に参加。
  • 1996年 DJ SACHIHO、SEGAのゲームソフト「LAST BRONX」に楽曲提供。
  • 1998年 映画「Hood'」サウンドトラックに参加。OZROSAURUSに楽曲提供。
  • 2000年 DS455のアルバム「BAYSIDE RIDAZ」リリース。
  • 2002年 DS455メジャーデビュー。また、FUTURE SHOCKよりソロ・シングル「NO PAIN NO GAIN feat. MACCHO & ZEEBRA」をリリース。
  • 2008年 初のソロ1stフルアルバム「THE ORIGINAL」をリリース。

ディスコグラフィー編集

シングル編集

  1. NO PAIN NO GAIN feat.MACCHO&ZEEBRA(2002年12月4日)オリコン41位
    1. NO PAIN NO GAIN feat.MACCHO&ZEEBRA[4:45]
      作詞:MACCHO・ZEEBRA/作曲・編曲:PMX
    2. LOCO CRUSIN'[4:17]
      作詞:MACCHO/作曲・編曲:PMX
    3. 本物はグッと来るらしい feat.Q[4:00]
      作詞:Q/作曲・編曲:PMX
    4. NO PAIN NO GAIN - Instrumental[4:44]

アルバム編集

  1. THE ORIGINAL(2008年6月25日)
  2. THE CHRONICLE II -Prologue Of THE ORIGINAL-(2012年3月14日)
  3. THE ORIGINAL II(2012年9月5日)
  4. THE ORIGINAL III(2017年5月17日)

ベストアルバム編集

  1. DJ PMX THE CHRONICLE~BEST WORKS(2009年9月23日)オリコン43位

MIX CD編集

  1. DJ PMX Presents... D's Nuts FM Station VOL.1(2005年2月2日)オリコン90位
  2. LocoHAMA CRUISING mixed by DJ PMX(2007年12月27日)オリコン53位
  3. LocoHAMA CRUISING 002 mixed by DJ PMX(2009年3月18日)オリコン22位
  4. LocoHAMA CRUISING DVD MIX mixed by DJ PMX(2010年2月24日)オリコン51位
  5. LocoHAMA CRUISING 003 mixed by DJ PMX(2011年2月9日)オリコン20位
  6. LocoHAMA CRUISING 001 -Japanese Westcoast Style Mix-(2011年8月24日)
  7. LocoHAMA CRUISING DVD MIX II(2011年10月26日)
  8. LocoHAMA CRUISING 004 mixed by DJ PMX(2013年3月6日)
  9. LocoHAMA CRUISING DVD MIX III(2013年9月18日)

主なプロデュース&参加作品編集

  • ECD「ECD」「WALK THIS WAY」「ホームシック」「LIVE AT SLITS」
  • DJ DOC. HOLIDAY「The Rhythm,The Lebel」
  • GAS BOYS「キョーレツ・オゲレツ・レッツ・ゲット・イル!」
  • MC JOE「どうなってんだ」
  • ZINGI「渋谷無宿」
  • A.K.I. PRODUCTIONS「CROSS COLORS(P.M.X MIX)」
  • キミドリ「つるみの塔」
  • RHYMESTER「俺に言わせりゃ」「フラッシュ・バック、夏(DJ PMX REMIX)」
  • BUDDHA BRAND「人間発電所」
  • DJ 門田祥穂「PLAY GROUND」
  • OZROSAURUS「絶望の市場」「命のメロディー 〜遠い記憶Ⅲ〜」「AREA AREA」「Hey Girl」「Rhyme & Bluse」
  • GANXSTA D.X「G'z-Connection」「ONE 4 ME」
  • KALASSY NIKOFF「NEVER GONNA STOP」
  • LITTLE「12月」
  • MOOMIN「いつもそばで(DJ PMX Laid Back Remix)」

外部リンク編集