DSCP (DiffServ Code Point) は、インターネットのための QoS 保証法である DiffServ において、IP パケットをクラス分けした結果の値である。

DSCP を書き込むためのパケット中のフィールドを DSフィールドという。

参考文献編集

  • RFC 2474 — Definition of the Differentiated Services Field (DS Field) in the IPv4 and IPv6 Headers

関連項目編集