DSEE(ディーエスイーイー、Digital Sound Enhancement Engine:デジタルサウンドエンハンスメントエンジン)は、ソニーが開発した非可逆圧縮音楽ファイル用の音質向上技術である。

概要編集

同社のウォークマンフリーウェアSonicStage CP(Version 4.2以上)、x-アプリMusic Center for PCに搭載されている。動作としてはMP3ATRAC3AACWMAなどの非可逆圧縮音楽ファイルを解析し、圧縮によって失われた高域の音を予測演算、補完することで音質向上を図るものである。

SonicStage CPやMusic Center for PC(Ver.1.x)ではチェックボックスによりON/OFFを選択できる。

しかし、現段階では基本的に低ビットレートで使用されるHE-AACでは有効化されない[注釈 1]

なおウォークマンに搭載されているDSEEは、ONになっていたとしても一定の音質(ビットレート)以上の高音質な楽曲や、逆にあまりに低すぎる音質の場合修正不可と判断され、バッテリー節約のため一時的に無効化される。

DSEE HX編集

2013年9月以降に発表されたウォークマン F880シリーズおよびZX1など同社のハイレゾ音源再生対応機器、そして2018年公開の Music Center for PC (Ver.2.x)に搭載されている[注釈 2]。32ビット音楽ファイル再生にはDACが必要である。

MP3・AACなどの非可逆圧縮音楽ファイルやWAVの非圧縮音楽ファイル、FLACALACなどの可逆圧縮音楽ファイルといったCD音源相当(44.1kHzおよび48kHz/16bit)ファイルやCD音源を通常のDSEEの動作に加え最大192kHz/24bit[注釈 3][注釈 4][1]のハイレゾ音源相当にアップスケーリングし、音質向上を図る。

2016年に登場したウォークマン A30シリーズとWM1シリーズからは最大192kHz/32bitまで拡張され、WM1シリーズとZXシリーズといった上位機種は楽曲別に5モード[注釈 5]から選択できるようになり、2018年に登場したウォークマン A50シリーズからはAI技術を搭載し、処理をしている楽曲のタイプをAIが自動で判別、高音域の補正性能を向上させた。

DSEE Extreme編集

2020年8月7日に発表されたノイズキャンセリング機能搭載ワイヤレスヘッドホンのWH-1000XM4に搭載されており、前述のAI技術搭載DSEE HXを改称[2]したもので、リアルタイムで曲のタイプを分析して最適なアップスケーリングを行う機能を搭載し、LDACコーデック接続時にもDSEE Extremeとイコライザーの併用も可能となった[注釈 6]。後述のDSEE Ultimateと同じくLDACコーデックを使用しての送信時にも対応しているが、ビット深度を拡張する機能は搭載されていない。

DSEE Ultimate編集

2020年2月24日に発表されたスマートフォンのXperia 1 IIに搭載されており、前述のAI技術搭載DSEE HX(現・DSEE Extreme)からAIを従来の周波数帯域処理に加え、新たにビット深度の拡張にも適用し[3]、ストリーミングサービスや動画、ゲームに対応した。また、有線ヘッドホンの他にLDACコーデックを使用しての送信時にも対応できるようになった。

注釈編集

  1. ^ SonicStageでCDを取り込む際に使用できるHE-AACの最大ビットレートは96kbpsである。
  2. ^ HAP-Z1ESやAVアンプなど一部機種には通常のDSEEが搭載されている。
  3. ^ サンプリングレートは整数倍にするため、44.1kHz/16bitの場合はその4倍の176.4kHz/24bitまで拡張される。
  4. ^ Xperia Z3以降のXperia Zシリーズ、Xperia X以降のXperia X/XZシリーズ、Xperia 1/5/8/10シリーズ、ワイヤレスヘッドホン(h.earシリーズ、1000Xシリーズ(WF-1000Xを除く))、サウンドバー・ホームシアターシステム、ブラビア(ハイレゾ音源対応機種)、BDZ(ハイレゾ音源対応機種)、Ultra HD Blu-rayプレーヤー(UBP-X800、UBP-X800M2)は最大96kHz/24bitまで拡張される。
  5. ^ スタンダード/女性ボーカル/男性ボーカル/パーカッション/ストリングス。
  6. ^ LDACコーデックでハイレゾ音源再生時およびWH-1000XM4付属のケーブル接続時は除く。

出典編集

関連項目編集

関連リンク編集