DSEE(ディーエスイーイー、Digital Sound Enhancement Engine:デジタルサウンドエンハンスメントエンジン)は、ソニーが開発した非可逆圧縮音楽ファイル用の音質向上技術である。

概要編集

同社のウォークマンフリーウェアSonicStage CP(Version 4.2以上)、x-アプリMusic Center for PCに搭載されている。動作としてはMP3ATRAC3AACWMAなどの非可逆圧縮音楽ファイルを解析し、圧縮によって失われた高域の音を予測演算、補完することで音質向上を図るものである。

SonicStage CPやMusic Center for PC(Ver.1.x)ではチェックボックスによりON/OFFを選択できる。

しかし、現段階では基本的に低ビットレートで使用されるHE-AACでは有効化されない[注釈 1]

なおウォークマンに搭載されているDSEEは、ONになっていたとしても一定の音質(ビットレート)以上の高音質な楽曲や、逆にあまりに低すぎる音質の場合修正不可と判断され、バッテリー節約のため一時的に無効化される。

DSEE HX編集

2013年9月以降に発表されたウォークマン F880シリーズおよびZX1など同社のハイレゾ音源再生対応機器、そして2018年公開の Music Center for PC (Ver.2.x)に搭載されている[注釈 2]。DSEE HXのPCでの利用については、PCでの再生でもこの技術を使っていい音にしたいからです。2013年から続けてきた要望に答える形で2018年にMusic CenterにDSEE HX機能が搭載された。DSEE HXのスタンダード版の搭載で、AI版ではない。32ビット再生にはDACが必要である。DSEE HXは5年かけて公開された。DSEEは2006年にすぐに公開された。常にすべてのSony製品に最新のサウンドテクノロジーを適用する方針の例外の一つである。近日、AI版をすべての製品に統一提供する。[1]

MP3・AACなどの非可逆圧縮音楽ファイルやWAVの非圧縮音楽ファイル、FLACALACなどの可逆圧縮音楽ファイルといったCD音源相当(44.1kHzおよび48kHz/16bit)ファイルやCD音源を通常のDSEEの動作に加え最大192kHz/24bit[注釈 3][注釈 4][2]のハイレゾ音源相当にアップスケーリングし、音質向上を図る。

2016年に登場したウォークマン A30シリーズとWM1シリーズからは最大192kHz/32bitまで拡張され、WM1シリーズとZXシリーズといった上位機種は楽曲別に5モード[注釈 5]から選択できるようになり、2018年に登場したウォークマン A50シリーズからはAI技術を搭載し、処理をしている楽曲のタイプをAIが自動で判別、高音域の補正性能を向上させた。

脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ SonicStageでCDを取り込む際に使用できるHE-AACの最大ビットレートは96kbpsである。
  2. ^ HAP-Z1ESやAVアンプなど一部機種には通常のDSEEが搭載されている。
  3. ^ サンプリングレートは整数倍にするため、44.1kHz/16bitの場合はその4倍の176.4kHz/24bitまで拡張される。
  4. ^ Xperia Z3以降のXperia Zシリーズ、Xperia X以降のXperia X/XZシリーズ、ワイヤレスヘッドホン(h.earシリーズ、1000Xシリーズ(WF-1000Xを除く))、サウンドバー・ホームシアターシステム、ブラビア(ハイレゾ音源対応機種)、BDZ(ハイレゾ音源対応機種)、Ultra HD Blu-rayプレーヤー(UBP-X800)は最大96kHz/24bitまで拡張される。
  5. ^ スタンダード/女性ボーカル/男性ボーカル/パーカッション/ストリングス。

出典編集

関連項目編集

関連リンク編集