香港国際空港に設置されているe-道
パスポートに貼られるバーコード
(見本)

e-道英語: e-channel)とは、2004年12月16日に導入された香港の自動出入境ゲートである。

非接触型ICカードに置き換えられた香港IDカード(香港IC身分証)を所持する香港国民、あるいは香港在留資格のある外国人が利用できる。永住権のある住民でなくとも良い。現在、羅湖紅磡駅などの鉄道駅、マカオ・フェリー・ターミナル中環)・香港中国フェリーターミナル(九龍)、文锦渡沙頭角落馬洲の自動車専用のゲート、香港国際空港などに設置されている。

2008年より、従来香港居住者しか利用できなかった自動出入境ゲートを、1年間に香港への入国が3回以上ある者に発行される「香港国際空港フリークエントビジターカード(HKIA Frequent Visitor Card)」所持者、もしくは航空会社マイレージサービス上級会員資格保持者も利用できるようになった。2012年6月にはフリークエントビジターカード自体が廃止され、同様のサービスはバーコードを旅券裏表紙へ貼り付けて認識する、このe道に一本化されている。

かつて対象となったのは、香港国際空港の自動出入境ゲートのみであったが、2014年9月時点において香港国際空港の他に、落馬洲(香港入境のみ)、落馬洲支線、羅湖、深圳灣、文錦渡、中國客運碼頭、港澳客輪碼頭、啓徳郵輪碼頭でも利用可能であるが、登録申請出来るのは香港国際空港での入境時(入国審査後、荷物受取前)のみである。またレーンはIDカードを使う居民用と、バーコードを使う外国人用の2種類があり、居民用レーンしかない場所(香港国際空港の第2ターミナル等)では、居住者以外は利用できない。

関連項目編集

外部リンク編集