メインメニューを開く

ECコメルシアウ (ポルトガル語: Esporte Clube Comercial) は、ブラジルマットグロッソ・ド・スル州カンポ・グランデを本拠地とするサッカークラブである。ブラジル国内には同名クラブが他にもあるため、コメルシアウ-MS (Comercial-MS) と表記されることがある。

コメルシアウ-MS
原語表記 Esporte Clube Comercial
愛称 Colorado
クラブカラー 赤・白
創設年 1943年
所属リーグ カンピオナート・ブラジレイロ
カンピオナート・スル=マトグロッセンセ
所属ディビジョン セリエD
セリエA
ホームタウン カンポ・グランデ
ホームスタジアム モレノンポルトガル語版
ダス・モレニーニャスポルトガル語版
収容人数 24,000 (モレノン)
4,500 (ダス・モレニーニャス)
代表者 ブラジルの旗 イタロ・ミリオメン
監督 ブラジルの旗 パウロ・レゼンデ
公式サイト 公式サイト
ホームカラー
アウェイカラー
サードカラー
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

目次

歴史編集

1943年3月15日[1]、エテオクレス・フェレイラとその他のドン・ボスコ校の生徒たちによって創設された。彼らは裕福な農家と小売商の子息たちだった。[2]1948年、クラブの会長にジャミウ・ナグリスが選ばれ、彼はクラブカラーを現在のものに変更した。[2]1967年9月12日にカンポ・グランデで行われた試合において、コメルシアウはペレアグスティン・セハスクロドアウドカルロス・アウベルトを擁する強豪サントスを1-0で破った。得点者はジウだった[3]

1973年、カンピオナート・ブラジレイロ・セリエAに初参戦し、26位で終えた[4]。1975年、カンピオナート・マトグロッセンセ(マットグロッソ州選手権)での唯一のタイトルを獲得した[5]。1979年、カンピオナート・スル=マトグロッセンセ(マットグロッソ・ド・スル州選手権)の第1回大会に参戦した。コメルシアウは決勝でオペラリオに敗れた[6]

1982年、カンピオナート・スル=マトグロッセンセに初優勝した[5]。1986年のカンピオナート・ブラジレイロ・セリエAでは35位で、これが現在まで最後の同大会参戦となっている[7]。1994年、コパ・ド・ブラジルに初参戦した。1回戦、2回戦を突破したが、準々決勝でエスピリトサント州リニャレスポルトガル語版に敗れた[8]

2002年、コパ・セントロ=オエステ準決勝に進んだが、ガマに敗れた[9]

タイトル編集

スタジアム編集

ホームスタジアムのエスタジオ・ウニヴェルシターリオ・ペドロ・ペドロシアンポルトガル語版、通称モレノン[1]は1977年に会場し、収容人数は24,000人[10]

また、CTヴィラ・オリンピカという練習グラウンドを保有している[3]

ライバル編集

最大のライバルはオペラリオである。2クラブによるダービーはコメラリオ (Comerário) と呼ばれ、50年以上の伝統がある[11]。コメルシアウとオペラリオは、いずれもカンピオナート・スウ=マトグロッセンセとカンピオナート・マトグロッセンセに優勝しており、異なる州の選手権に優勝した経験を持つブラジルでただ2つのクラブである[1]

クラブカラー編集

創設当時、オペラリオのクラブカラーは赤、緑、黒だった[2]

1948年、クラブ会長のジャミウ・ナグリスが現在のものに変更した[1][2]

愛称編集

クラブの愛称コロラド (Colorado) [12]は「赤」を意味し、そのクラブカラーに由来する[3]。またブラジルの民間伝承にある妖精サシに由来するサシ (Saci) あるいはサシ・ダ・ヴィラ (Saci da Vila) という愛称でも知られる[13]

マスコット編集

マスコットは[3]

歴代所属選手編集

脚注編集

外部リンク編集