メインメニューを開く

EGレコード (E.G. Records) は、かつて存在し、1970年代から1980年代に最も活動的であった、イギリスのアーティスト・マネジメント会社、独立系レコードレーベル。レーベル名は、ふたりの創設者、デヴィッド・エントホーヴェン (David Enthoven) とジョン・ゲイドン (John Gaydon) のイニシャルである。ふたりは、1969年はじめに、まだデビュー・アルバムの『クリムゾン・キングの宮殿』がリリースされる前だった草創期のキング・クリムゾンとマネジメント契約を交わした。ふたりはほかにも、T・レックスエマーソン・レイク・アンド・パーマーロキシー・ミュージックとマネジメント契約を結んだ。ゲイドンは1971年に、エントホーヴェンも1977年に社を離れた。その後、サム・オルダー (Sam Alder) と(後にロジャー・ウォーターズのマネージャーとなった)マーク・フェンウィック (Mark Fenwick) がレーベルの建て直しに数年間取り組み、キング・クリムゾンの再発に取り組んだほか、ペンギン・カフェ・オーケストラブライアン・イーノキリング・ジョークルース・チューブス英語版ヒューマン・チェイン英語版マン・ジャンピング英語版イエイン・バラミー英語版アースワークス英語版UKなどの音源をリリースした。

EGレコード
E.G. Records
親会社 ユニバーサル ミュージック グループ (UMG)
設立 1969年 (1969)
設立者
  • David Enthoven
  • John Gaydon
現況 休止
販売元 1969–74  アイランド・レコード
1975–90  ポリドール / ポリグラム
1991–2012  ヴァージン / EMI
2013–現在  ヴァージンEMI / UMG
イギリスの旗 イギリス

1974年まで、このレーベルの配給はアイランド・レコードが行なっており、以降はポリドール・レコードが配給していた。レーベル所属のアーティストたちは、アメリカ合衆国では、アトランティック・レコードワーナー・ブラザース・レコードポリドール・レコードパスポート・レコード英語版/ジェム・レコード英語版ヴァージン・レコードに配属され、世界各地ではその他様々なレーベルからリリースされた。

オルダーとフェンウィックは、もともとロイズ(保険市場)の投資家であり、1990年代はじめに大きな損失を抱えて経済的に苦境に陥った。このため、レーベルに関わった多数のアーティストたちとの間に様々な訴訟を抱えることとなったが、中でもロバート・フリップとの争いは有名になった。1992年、EGはヴァージン・レコードに売却され、ヴァージンはそのままEGを存続させた。しかし、1996年に、ヴァージンがEMIに売却されると、EGはヴァージンに吸収された。

エントホーヴェン は、その後も、音楽関係のマネジメント業務に従事している。

脚注編集

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集