ELP四部作

エマーソン・レイク・アンド・パーマーのアルバム

ELP四部作』(Works, Vol.1) は、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ELP)が1977年に発表した二枚組アルバムである。発表当初は、特に輸入盤を購入した人々の間で、原題に片仮名を当てた「ワークス」という呼称が使われていたが、現在では国内盤CD(紙ジャケット/K2HD盤等)の帯に記載されている「ELP四部作」という日本語名が浸透している。

ELP四部作
エマーソン・レイク&パーマースタジオ・アルバム
リリース
ジャンル プログレッシブ・ロック
時間
レーベル マンティコア
プロデュース グレッグ・レイク
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 9位(英国・オフィシャルチャート)
  • 12位(米国・ビルボードチャート
  • 13位(日本・オリコンチャート[1]
  • ゴールドディスク
  • Gold(英国・BPI)
  • Gold(米国・RIAA
  • エマーソン・レイク&パーマー アルバム 年表
    レディース・アンド・ジェントルメン
    (1974年)
    ELP四部作
    (1977年)
    作品第2番
    (1977年)
    テンプレートを表示

    解説

    編集

    製作までの経緯

    編集

    1974年のワールド・ツアー終了後、キース・エマーソンはすぐにピアノ・コンチェルトの作曲と制作にとりかかった。録音を終えグレッグ・レイクに聴かせたところプロモーションはどうするのか聞かれた。エマーソンはソロで行うと答えたが、レイクの「オーケストラを3人で使い回すのがよいのではないか」という提案をうけ、ELPのアルバムとして発表することになった。

    内容

    編集

    本作はスタジオ録音アルバムとしては1973年に発表された『恐怖の頭脳改革』以来約3年半ぶりの新作であり、ELPの初めての二枚組アルバムである。ただしELPの作品はD面に収録されている2曲だけであり、A面にはエマーソン、B面にはレイク、C面にはカール・パーマーのソロ作品が収録されている[注釈 1]。エマーソンがパーマーの「L. A. ナイツ」「タンク」に客演し、レイクがパーマーの「フード・フォー・ユア・ソウル」をパーマーと共同でプロデュースした[2]のを除いて、メンバーは他人のソロ作品には参加していない。

    A面にはエマーソンの「ピアノ協奏曲第一番」が収録された。インド出身の作曲家ジョン・メイヤーがオーケストラ・アレンジを協力して、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団を指揮した。

    B面にはレイクのアコースティック・ギターとオーケストラを主体にした作品が5曲収録された。全曲がレイクとピート・シンフィールドの共作である。

    C面にはパーマーの作品が6曲収録された。「邪教の神、そして悪の精の踊り」の原曲は、セルゲイ・プロコフィエフが作曲した管弦楽曲「スキタイ組曲」の「邪神チュジボーグと魔界の悪鬼の踊り」である。「L. A. ナイツ」にはエマーソンの他、ジョー・ウォルシュがギターとシャウト・ヴォイスで参加した。「ニュー・オーリンズ」は、ELPの1974年4月のイギリス・ツアーの第一部を務めた[3]イギリスのジャズ・トリオのバック・ドアーロン・アスペリー(サクソフォーン、キーボード)とコリン・ホジキンソン(ベース・ギター)が参加。「2声のインヴェンションニ短調」の原曲はヨハン・セバスティアン・バッハ作曲の「インヴェンション第4番 ニ短調 BWV 775」である。「フード・フォー・ユア・ソウル」はイギリスのジャズ・ピアニストのハリー・サウスとの共作。「タンク」はELPのデビュー・アルバムに収録されたエマーソンとの共作のカバーである。サウスは最後の3曲の編曲も担当した[4]

    D面に収録されたELPの作品のうち、アーロン・コープランドの作品をアレンジした「庶民のファンファーレ」はELPだけで演奏され、オリジナルの「海賊」はELPとパリ国立歌劇場管弦楽団[注釈 2]の共演である。「庶民のファンファーレ」のアレンジの母体は、1976年、スイスのモントルーで当時ドリームマシンといわれた最高級ポリフォニック・シンセサイザーヤマハ・GX-1をELPで初めて試した時に生まれ、それをエンジニアが偶然2トラックで録音していた[5]。「海賊」はエマーソンが映画[注釈 3]のサウンド・トラック用に書いた曲をELPの作品に用いたもので、彼は歌詞に傭兵を取り上げることをレイクに提案したが、レイクは傭兵よりも海賊がいいと考え、エマーソンが賛成したので、シンフィールドと二人で海賊についての本や映画を片端から集めて、三週間かかりきりで作詞した[6]

    収録曲

    編集
    Disc 1 A面 ピアノ協奏曲第1番[7]
    再生時間合計 18:25
    #タイトル作詞作曲・編曲作曲
    1.「a. 第1楽章:アレグロ・ジョコーソ」(First Movement: Allegro giojoso)  Keith Emerson
    2.「b. 第2楽章:アンダンテ・モルト・カンタービレ」(Second Movement: Andante molto cantabile)  Emerson
    3.「c. 第3楽章:トッカータ・コン・フォコ」(Third Movement: Toccata con fuoco)  Emerson
    Disc 1 B面[7]
    #タイトル作詞作曲・編曲作詞・作曲時間
    1.「今夜は愛の光につつまれて」(Lend Your Love to Me Tonight)  Greg Lake, Peter Sinfield
    2.「セ・ラ・ヴィ」(C'est la Vie)  Lake, Sinfield
    3.「願わくは、み名の尊まれんことを」(Hallowed Be Thy Name)  Lake, Sinfield
    4.「ノーバディ・ラヴズ・ユー・ライク・アイ・ドゥ」(Nobody Loves You Like I Do)  Lake, Sinfield
    5.「クローサー・トゥ・ビリーヴィング」(Closer to Believing)  Lake, Sinfield
    Disc 2 C面[7]
    #タイトル作詞作曲・編曲作曲時間
    1.「邪教の神、そして悪の精の踊り」(The Enemy God, Dances with the Black Spirits)  Sergei Prokofiev, arr. Emerson, Lake, Carl Palmer
    2.「L.Aナイツ」(L.A. Nights)  Palmer
    3.「ニューオーリンズ」(New Orleans)  Palmer
    4.「2声のインヴェンションニ短調」(Two Part Invention in D Minor)  J. S. Bach, arr. Palmer
    5.「フード・フォー・ユア・ソウル」(Food for Your Soul)  Palmer, Harry South
    6.「タンク」(Tank)  Emerson, Palmer
    Disc 2 D面[7]
    #タイトル作詞作曲・編曲作者 時間
    1.庶民のファンファーレ(Fanfare for the Common Man)  Aaron Copland, arr. Emerson, Lake, Palmer
    2.「海賊」(Pirates)  Emerson, Lake, Sinfield

    参加ミュージシャン

    編集
    Emerson, Lake and Palmer
    • Keith Emerson – キーボード(A面とD面、「L. A. ナイツ」)
    • Greg Lake – ベース・ギター、ボーカル, ギター(B面とD面)
    • Carl Palmer – ドラムス, パーカッション(C面とD面)
    その他

    評価

    編集

    イギリスでは最高9位、アメリカでは最高12位を獲得した。ELPのアルバムでトップ10入りを果たした最後のものである。

    また、「庶民のファンファーレ」が3分程度に編集されてシングル・カットされ、イギリスのシングル・チャートの2位まで上昇して、ELP最大のヒット曲となった。

    脚注

    編集

    注釈

    編集
    1. ^ CDのディスク1にはエマーソンとレイクのソロ作品、ディスク2にはパーマーのソロ作品とELPの作品が収録された。
    2. ^ 指揮はGodfrey Salmon。
    3. ^ フレデリック・フォーサイスの小説『戦争の犬たち』に基づいた映画で、プロデューサーはノーマン・ジュイソンであった。

    出典

    編集
    1. ^ 『オリコンチャート・ブックLP編(昭和45年‐平成1年)』(オリジナルコンフィデンス/1990年/ISBN 4-87131-025-6)p.93
    2. ^ Macan (2006), p. 379.
    3. ^ Macan (2006), p. 333.
    4. ^ Macan (2006), p. 673.
    5. ^ Macan (2006), p. 380.
    6. ^ Macan (2006), p. 385.
    7. ^ a b c d Amazon|ELP四部作|エマーソン・レイク・アンド・パーマー|ロック|音楽”. 2018年4月14日閲覧。

    引用文献

    編集
    • Macan, Edward (2006). Endless Enigma: A Musical Biography of Emerson, Lake and Palmer. Chicago and La Salle: Open Court. ISBN 978-0-8126-9596-0