メインメニューを開く

EPLP』(イーピーエルピー)は、1981年に発表されたRCサクセションの編集盤アルバム。

EPLP
RCサクセションコンピレーション・アルバム
リリース
ジャンル R&Bロック
時間
レーベル キティレコード
チャート最高順位
RCサクセション アルバム 年表
PLEASE
(1980年)
EPLP
(1981年)
BLUE
(1981年)
テンプレートを表示

解説編集

RCサクセション初のベストアルバムである。内容は、エレキ化以降にシングル発売した楽曲(カップリング曲=当時のB面曲、も含め)を収録したシングルコレクションとなっているが、オリジナルアルバムにスタジオ収録バージョンが収められているのはM5の「トランジスタ・ラジオ」およびM10の「たとえばこんなラブソング」のみであることを考えると、オリジナルアルバムと同列として扱ってもよいほどの貴重な音源となっている。

収録曲順は、前半(発売当時のA面)にシングル曲を発売年順に、後半(同B面)にカップリング曲を発売年順に並べた形となっている。

収録曲編集

  1. わかってもらえるさ
    (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一[1]、編曲:RCサクセション)
    • シングル発売 - 1976年10月。RCサクセションとして仕事がほとんどなくなり、オリジナルメンバーの破廉ケンチがノイローゼ気味となってギターが弾けない状態となった「RC暗黒期」に出した唯一のシングルである。ただしプロモーションもほとんど行われず、発売後間もなく廃盤となってしまっており、当アルバムに収録されるまで幻の曲となっていた。なお、破廉がギターが弾けない状況であったため、ギターはすべて忌野が弾いている。
  2. ステップ !
    (作詞:忌野清志郎、作曲:忌野清志郎[2]、編曲:椎名和夫)
    • シングル発売 - 1979年7月。RCサクセションが5人編成となり、ライブハウスで話題となり始めた頃の作品。ただしバンドの演奏力にまだ懐疑的であった事務所の意向で、忌野のボーカル以外、バックはすべてスタジオミュージシャンのテイクが使用されている。
  3. 雨あがりの夜空に
    (作詞:忌野清志郎、仲井戸麗市、作曲:忌野清志郎、仲井戸麗市、編曲:RCサクセション、椎名和夫)
  4. ボスしけてるぜ
    (作詞:忌野清志郎、作曲:忌野清志郎、編曲:RCサクセション)
    • シングル発売 - 1980年5月。「少しだけでも給料を上げてくれ」と経営者へ懇願する内容の歌。その内容が中小企業経営者から敬遠され、銀座などの歓楽街の有線放送で放送禁止となる。
  5. トランジスタ・ラジオ
    (作詞:忌野清志郎、G1,238,471、作曲:忌野清志郎、G1,238,471、編曲:RCサクセション)
    • シングル発売 - 1980年10月。M3と同じくロッククラシックとなっている曲。シングル・ミックス・バージョン。
  6. よごれた顔でこんにちは
    (作詞:忌野清志郎、作曲:肝沢幅一、編曲:RCサクセション)
    • 「わかってもらえるさ」のカップリング曲。同じくギターは忌野が弾いている。
  7. 上を向いて歩こう
    (作詞:永六輔、作曲:中村八大、編曲:椎名和夫)
    • 「ステップ !」のカップリング曲。全米でもヒットした坂本九の曲を、メロディーラインまで含めて大胆にロックンロールナンバーにアレンジ。ステージで披露する際は、「日本の有名なロックンロール !」という曲紹介が恒例となっていた。
  8. 君が僕を知ってる
    (作詞:忌野清志郎、作曲:忌野清志郎、編曲:RCサクセション、椎名和夫)
    • 「雨あがりの夜空に」のカップリング曲。RCサクセション活動休止以降、忌野と仲井戸が共演する際には二人の関係を象徴する曲として必ず演奏されていた。
  9. キモちE
    (作詞:忌野清志郎、作曲:忌野清志郎、編曲:RCサクセション)
    • 「ボスしけてるぜ」のカップリング曲。忌野曰く「ヘロインをやったときの気持ちを歌った」曲。理由もなく「ただ気持ちいい」状態となるのはまずいことなのだと逆説的にアンチ薬物依存を歌っている。
  10. たとえばこんなラブソング
    (作詞:忌野清志郎、小林和生、作曲:忌野清志郎、小林和生、編曲:RCサクセション)
    • 「トランジスタ・ラジオ」のカップリング曲。ライブではアコースティックバージョンで演奏されることが多かった。

メンバーおよびスタッフ編集

脚注編集

  1. ^ 忌野が作曲する際の初期の頃のペンネーム。
  2. ^ オリジナルLPの歌詞カードでは作曲:椎名和夫とクレジット・ミスがあり、以降のCD再発でも同じミスが繰り返されている。
  3. ^ 文字はクレジットどおり
  4. ^ M3、M4のみ参加。正式メンバーであったにもかかわらず、M8、M9のレコーディングには参加していない。
  5. ^ M5、M10に参加。
  6. ^ M1、M6のレコーディングに参加。
  7. ^ M1のレコーディングに参加。
  8. ^ a b c d e f g h i M2、M7のレコーディングに参加。
  9. ^ a b M3、M8のレコーディングに参加。
  10. ^ M3、M8、M9のレコーディングに参加。
  11. ^ M1、M4、M6、M9。
  12. ^ M2、M7。
  13. ^ M3、M5、M8、M10。

主な文献編集

  • 愛しあってるかい(JICC出版局 1981年)
  • GOTTA!忌野清志郎(忌野清志郎伝、角川文庫、1988年)
  • 遊びじゃないんだっ!(RCサクセション20周年記念、マガジンハウス、1990年)
  • 日々の泡立ち 真説RCサクセション(インタビュー集、ロッキング・オン、1991年)
  • 月刊カドカワ・1992年3月号「総力特集 清志郎の遺言」(角川書店、1992年)
  • 生卵(忌野清志郎デビュー25周年記念 河出書房新社、1995年)
  • ロック画報・2002年10号「特集 RCサクセションに捧ぐ」(ブルース・インターアクションズ、2002年)
  • 別冊宝島 音楽誌が書かないJポップ批評 忌野清志郎のブルースを捜して(宝島社、2006年)

ほか