ESPN+(イーエスピーエヌ・プラス)はアメリカ合衆国ウォルト・ディズニー・カンパニーが所有し、ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューションが運営しているインターネット有料ストリーミング配信サービスである。スポーツ中継のライブストリーム、オンデマンド配信を行う。

ESPN+
ESPN+'s logo
URL plus.espn.com
設立 2018年4月12日 (3年前) (2018-04-12)
本社所在地 アメリカ合衆国
事業地域 アメリカ合衆国
運営者 ウォルト・ディズニー・カンパニー (80%)
ハースト・コーポレーション (20%)[1]
主要人物 ラッセル・ウォルフ (EVP、ゼネラルマネージャー)
株主 ディズニー・メディア&エンターテイメント・ディストリビューション
ユーザー数 増加 1210万人 (2020年12月30日時点)
開始 2018年4月12日 (3年前) (2018-04-12)
現在 活動中

概要編集

ESPN本体で放送しているメジャースポーツ以外の、ボクシングトップランク社クィーンズ・ベリー・プロモーションズ)、大学スポーツ、テニスグランドスラム)、クリケットサッカーMLSUEFAネーションズリーグフットボールリーグセリエAエールディヴィジ)、ラグビーユニオンブレディスローカップカリーカップメジャーリーグラグビーMitre10カッププロ14ラグビーワールドカップセブンズ)、総合格闘技UFCUFCファイトパス)等の試合中継を配信している[2]。追加料金を支払うことでMLB(MLB.tv)、NHL(NHL.tv)の視聴も可能。UFCと独占契約を締結しUFC 236からPPV大会を独占配信しており、視聴者は追加でPPV視聴料を払って視聴する。また、オリジナルドキュメンタリー番組やスポーツトーク番組も配信している。

歴史編集

2018年4月12日、月額視聴料4.99ドルでサービス開始。

2019年11月12日、Disney+のサービス開始と同時に、Disney+、ESPN+、Hulu、3つの配信サービスを合わせて契約することで合計月額12.99ドルとなるセット割引を開始した[3]

2020年8月14日、月額視聴料が4.99ドルから5.99ドルに値上げされた(年間割引契約は値上げされず49.99ドルを維持)[4]

加入者は2020年12月30日時点で1210万人以上と発表されている。

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ https://www.bamtechmedia.com/news/2018/04/12/espn-app-and-espn-plus
  2. ^ ESPN+ will launch on April 12th for $4.99 per month”. The Verge (2018年4月2日). 2018年6月25日閲覧。
  3. ^ Disney、「Disney+」+「Hulu」+「ESPN+」の月額12.99ドルサービスを発表”. ITmedia NEWS (2019年8月7日). 2020年2月17日閲覧。
  4. ^ ESPN+ monthly subscription cost up to US$5.99”. SportsPro (2020年8月10日). 2020年10月6日閲覧。

外部リンク編集