メインメニューを開く

ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜

ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜」(エターナルウインド ほほえみはひかるかぜのなか)は、森口博子の9枚目のシングル。

ETERNAL WIND
〜ほほえみは光る風の中〜
森口博子シングル
B面 君を見つめて -The time I'm seeing you-
リリース
ジャンル J-POP
レーベル スターチャイルド
チャート最高順位
  • 週間9位(オリコン
  • 1991年度年間47位(オリコン)
  • 登場回数27回(オリコン)
森口博子 シングル 年表
恋はタヒチでアレアレア!
1990年
ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜
1991年
やさしい星で
(1991年)
テンプレートを表示

目次

解説編集

1991年のアニメ映画『機動戦士ガンダムF91』のテーマ曲であり、挿入歌としても用いられている。また、2006年のゲーム『機動戦士ガンダム クライマックスU.C.』のエンディング曲としても使用された。

2曲目の「君を見つめて -The time I'm seeing you-」は『F91』のイメージソングとして、PVなどで使われている。当初は「君を見つめて」がエンディングテーマとして使用される予定であったが、ラッシュフィルムを見た監督の富野由悠季の意向により、エンディングは「ETERNAL WIND」に差し替えられることとなった[1]。後年、ゲーム『スーパーロボット大戦シリーズ』『SDガンダム GGENERATION シリーズ』にてBGMとして使用された。

森口がまだ歌手としての認知が低かったころに発売された曲だったが、オリコンシングルチャートでは自身初のベスト10以内にランクされ、最高9位まで上昇。また、ベスト100以内には24週間もとどまり、1991年のオリコン年間ランキングでは47位にランクインし、森口の最大のヒット曲となった。

本曲により、森口がガンダムファンやアイドルファンだけでなく、バラドルとして彼女を知る一般層にも歌手として認知されるようになったと、東京ゲームショウ2007のバンダイナムコブースでゲスト出演した時に自ら語った。

『F91』のヒロインであるセシリー・フェアチャイルドの心境をイメージさせられる曲で、「戦争の悲しさや悲劇」を感じさせる反戦歌となっており、2003年の『題名のない音楽会』で歌った際には、2001年のアフガニスタン侵攻や2003年のイラク戦争があり、戦争が身近に感じられたことを理由に挙げ、「こんな時代だからこそ必要な曲」と森口が語っている。

森口はこのころ、すでにレーベルをスターチャイルドからキングレコード(メインレーベル)に移行していたが、本曲はスターチャイルドレーベルでのリリースとなった[2]

2015年6月17日に発売された30周年記念シングル「I wish〜君がいるこの街で〜」には、カップリング曲として本曲をセルフカバーした「2015 ver.」が収録されている。

2018年にNHKが実施した「発表!全ガンダム大投票」の「ガンダムソングス」カテゴリでは第3位にランクイン。森口の楽曲では「水の星へ愛をこめて」も第1位にランクインするなど、上位3位に2曲が入る結果となった。この結果を受けてNHK BSプレミアムで5月5日に放送された発表特番に電話出演し、涙ながらに曲とガンダムに感謝していた[3]

2019年3月1日には、ソニー・ミュージックエンタテインメントのアニメソング人気投票キャンペーン「平成アニソン大賞」において映画主題歌賞(1989年 - 1999年)に選出された[4]

収録曲編集

  1. ETERNAL WIND〜ほほえみは光る風の中〜
    作詞:西脇唯 / 作曲:西脇唯、緒里原洋子 / 編曲:門倉聡 / 唄:森口博子
  2. 君を見つめて -The time I'm seeing you-
    作詞:井荻麟茂村泰彦 / 作曲:茂村泰彦 / 編曲:門倉聡 / 唄:森口博子

カバー編集

森口の代表曲であることもあり、数々の歌手によってカバーされた。作詞・作曲を担当した西脇唯も、過去に自身のコンサートで披露している。

脚註編集

[ヘルプ]
  1. ^ 映画『機動戦士ガンダムF91』パンフレットより。
  2. ^ 同様の例としてメインレーベル所属の演歌・民謡歌手、三橋美智也の『いいじゃありませんか』(フジテレビ系アニメ『おじゃまんが山田くん』主題歌)がスターチャイルドからリリースされた。
  3. ^ NHKのガンダム投票番組 歌1位は森口博子の「水の星へ愛を込めて」、作品は1st,デイリースポーツ online,2018年5月6日
  4. ^ 平成アニソン大賞”. ソニー・ミュージックエンタテインメント. 2019年3月8日閲覧。

関連項目編集