E (奥田民生のアルバム)

E』(イー)は、日本のミュージシャン奥田民生の6枚目のアルバムである。2002年9月19日発売。発売元はソニーレコーズ。完全生産限定アナログ盤も同時発売。

E
奥田民生スタジオ・アルバム
リリース
録音 2001年4月-2002年7月
アバコクリエイティブスタジオ
河口湖スタジオ
一口坂スタジオ
Eスタジオ
アバター・スタジオ
Joe Music Studio
サンセット・サウンド・スタジオ
ジャンル ロック
時間
レーベル Sony Records
プロデュース 奥田民生
ジョー・ブレイニー
アンディ・スターマー
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 登場回数7回(オリコン)
  • 奥田民生 アルバム 年表
    CAR SONGS OF THE YEARS
    2001年
    E
    2002年
    OKUDA TAMIO LIVE SONGS OF THE YEARS
    2003年
    『E』収録のシングル
    1. The STANDARD
      リリース: 2001年7月25日
    2. CUSTOM
      リリース: 2001年10月24日
    3. 花になる
      リリース: 2002年3月20日
    4. ヘヘヘイ
      リリース: 2002年9月4日
    5. まんをじして
      リリース: 2002年10月23日
    テンプレートを表示

    2007年12月19日に完全生産限定盤、紙ジャケット仕様で再発。

    概要編集

    • オリジナルアルバムとしては前作『GOLDBLEND』から2年半ぶりのアルバム。初回限定盤はレッドジャケット仕様。デザインは「21世紀の裕次郎を探せ!」キャンペーンのポスターのパロディ。
    • レコーディング中にイベントやツアーを挟み様々な時期、場所でレコーディングした曲をいざアルバムにと考えた時に各曲がバラバラだったため、更に曲を追加し、繋ぎとして短いインスト曲(ジングル)も入れたため全19曲と膨大な曲数になった。シングルだけでも後にカットされたものも含め5作収録されている。
    • シングル以外はライブで演奏する際の盛り上がりを意識したシンプルな曲が多く収録されている。歌詞も語呂合わせや言葉遊びのものが多い。

    収録曲編集

    1. 俺は知ってるぜ (3:26) (作詞・作曲:奥田民生)
      全ての楽器を奥田が演奏している。ライブのオープニングをイメージしてつくられており、実際にツアー「E 0203」ではオープニングに演奏された。
    2. まんをじして (3:27) (作詞・作曲:奥田民生)
      後にフジテレビ系ドラマ『HR』主題歌に起用されシングルカット。
    3. 花になる (3:29) (作詞・作曲:奥田民生)
      13thシングル。
    4. 花になる〜黄昏のテーマ〜 (1:02) (作曲:奥田民生)
      前曲を「太陽にほえろ!」の殉職シーンのBGM風にアレンジしたインスト。
    5. E (2:59) (作詞・作曲:奥田民生)
      当初タイトルは「気持ちA」だったが、アルバムタイトルが決まり、それにあわせて変更。
    6. モナムール (4:07) (作詞・作曲:奥田民生)
      タイトルに深い意味は無く、単に曲調がフランスっぽいからという理由でつけられた。
    7. 鼻とフラワー (3:22) (作詞:奥田民生 作曲:奥田民生、チャーリー・ドレイトン
    8. 鼻とフラワー三世 (1:13) (作曲:奥田民生、チャーリー・ドレイトン)
      前曲をフルートと女性コーラスを加え「ルパン三世」風にアレンジしたインスト。ライブでは古田が何故か宙吊りでフルートを演奏した。
    9. 御免ライダー (3:16) (作詞・作曲:奥田民生)
      スタッフはこれを先行シングルに強く推していたが、奥田が「これがシングルになったらアルバムの内容を誤解される」という理由で猛反対し、「ヘヘヘイ」が先行シングルになった。
    10. 先週の月曜日 (0:56) (作曲:奥田民生)
      「哀愁の金曜日」をクイズ番組のシンキングタイムのような間の抜けたBGM風にアレンジ。
    11. みんな元気 (3:51) (作詞・作曲:奥田民生)
      チャーリーが来日した際にレコーディングされた曲で、ベースに当時奥田とプライベートで親交があり、LA滞在経験のある小原礼が通訳も兼ねて起用された。
    12. 野球で言うと (4:37) (作詞:奥田民生 作曲:奥田民生、スティーヴ・ジョーダン
    13. 哀愁の金曜日 (4:00) (作詞・作曲:奥田民生)
      「CUSTOM」のカップリング曲。
    14. 来週の日曜日 (0:32) (作曲:奥田民生)
      「先週の月曜日」と同テイクの後半。徐々に斉藤が壊れていく。
    15. 家に帰れば (4:20) (作詞・作曲:奥田民生)
    16. CUSTOM (JPNバージョン) (4:44) (作詞・作曲:奥田民生)
      12thシングルの日本レコーディングバージョン。「JPN」という表記は当時開催されていたワールドカップの影響。
    17. ヘヘヘイ (4:30) (作詞:奥田民生 作曲:奥田民生、アンディ・スターマー
      14thシングル。
    18. The STANDARD (3:59) (作詞:奥田民生 作曲:奥田民生、アンディ・スターマー)
      11thシングル。
    19. ドースル? (4:31) (作詞・作曲:奥田民生)

    参加ミュージシャン編集

    参考文献編集