Elektronika MK-61 (ロシア語: Электроника МК-61) は、1983年から1994年までの間にソ連で製造されたRPNプログラム電卓である。[1][2] 当初の販売価格は85ルーブルであった。[3]

Elektronika MK-61

Elektronika MK-61は、15本のデータメモリ[4]と105ステップのプログラムメモリ[5]を備えたプログラム電卓である。4レベルのスタックとLastXレジスタを備えたRPN電卓でもある。 間接指定機能が豊富であり、しかも内部コードの半数超を間接指定命令で占めており、間接指定機能を重視していることが窺える。[6]しかしながら、間接指定時のデータメモリの直交性は考慮されていない。(特徴の項を参照)

概要編集

  • スタック
    • スタックレベル: 4レベル(X、Y、Z及びT)[8]
    • スタック操作機能: 「В↑」(ヒューレット・パッカード社(以下「HP」と略す)の電卓における「ENTER↑」に相当)、「⇔」(HP電卓の「X<>Y」に相当)、「↑○↓」(HP電卓の「R↓」に相当)[9]
  • データメモリ
    • データメモリ数: 15本(RG0-RG9及びRGa-RGe)[4] 並びに X1レジスタ[10](HP電卓のLastXレジスタに相当)
    • データメモリ操作機能: リコールメモリ「П→X」、ストアメモリ「X→П」[11]、リコールX1「Вx」[10]
  • プログラム
    • プログラムメモリ: 105ステップ[5]
    • プログラム機能: 無条件ジャンプ「БП」[12]、条件ジャンプ(「X<0」,「X=0」,「X≧0」,「X≠0」)[13]、ループ支援(RG0用「L0」,RG1用「L1」,RG2用「L2」,RG3用「L3」)[14](プログラム例の項を参照)、サブルーチンコール「ПП」[15]、サブルーチンからのリターン「В/0」[16]、停止「С/П」[17]、など
    • プログラム編集機能: プログラム編集モード移行「ПРГ」、実行モード移行「АВТ」[18]、ステップ進む(FST)「→ШГ」、ステップ戻る(BST)「←ШГ」[19]、など
    • プログラム実行機能: 先頭アドレス00へ移動「В/0」[20]、実行・中断「С/П」[17]
    • プログラムアドレス指定: 絶対アドレス。先頭のアドレスが「00」であり、最後が104であるが、100から104までのアドレスは「-0」、「-4」等と表示される。[21][22]
  • 間接指定機能
    • 「К」。「П→X」,「X→П」,「БП」,「ПП」,「X<0」,「X=0」,「X≧0」,「X≠0」とともに使用する。[23](特徴の項を参照) 「К」には第2シフトの機能もある。
  • ハードウェア
    • スライドスイッチ: 2個。左側が電源スイッチで、右側が角度単位指定スイッチ(Р:ラジアン、ГРД:グラード、Г:)となっている。[24]
    • 入力装置: 30キー(写真参照)。キーストロークが浅く、キーを押した感覚はほとんどないものを使用している。シフトキーが2個あり、第1シフトキーが「F」、第2シフトキーが「К」となっている。[4]「К」キーは間接指定にも用いる。
    • 表示装置: VFD 12桁。表示桁の配置は、左から、仮数の負号用1桁、仮数用8桁、指数の負号などに使用する1桁、指数用2桁となっている。仮数負号桁と指数負号桁には数字は表示できない。従って、数字用だけであれば10桁である。
    • 電源: А-316(単三形)電池3本[25] 又は 専用ACアダプタД2-10М(D2-10M)(220V50Hz専用)[5]
    • メモリの揮発性: スタック、データメモリ、プログラムの記憶域は、全て揮発性である。


特徴編集

データメモリと間接指定時の動作編集

MK-61は15本の汎用データメモリレジスタを備えているが、間接指定時の動作にはレジスタ毎に下表の通り差異がある。[26]

レジスタ
レジスタ
番号
レジスタ
コード[22]
押下
キー
間接指定時の動作
RG0 0 0 0 デクリメント後アドレス評価
または[27]
アドレス評価後デクリメント[28]
RG1 1 1 1
RG2 2 2 2
RG3 3 3 3
RG4 4 4 4 インクリメント後アドレス評価
RG5 5 5 5
RG6 6 6 6
RG7 7 7 7 アドレス評価のみ
RG8 8 8 8
RG9 9 9 9
RGa 10 - .
RGb 11 L /-/
RGc 12 [ ВП
RGd 13 Г СХ
RGe 14 E В↑


(間接指定のプログラム例)[29]

プログラム
アドレス
キー入力 命令
コード[22]
説明
00 「4」 04 4を置数
01 「В↑」 0E ENTER↑
02 「К」「БП」「3」 83 RG3の内容をデクリメント後、RG3の値のアドレスへジャンプ
03 「F」「√」 21 平方根
04 「2」 02 2を置数
05 「+」 10 加算
06 「К」「БП」「4」 84 RG4の内容をインクリメント後、RG4の値のアドレスへジャンプ
07 「+」 10 加算
08 「3」 03 3を置数
09 「×」 12 乗算
10 「К」「БП」「a」 8- [21] RGaの値のアドレスへジャンプ
11 「-」 11 減算
12 「С/П」 50 停止

プログラム実行前に

「5」「X→П」「3」
「7」「X→П」「4」
「1」「2」「X→П」「a」

として、RG3に5を、RG4に7を、RGaに12を入れておく。

「В/0」(プログラムの先頭アドレス00に移動)、「С/П」(プログラム実行)を押してプログラムを実行すると

18

という結果が表示される。これは、(4+2)×3の演算結果である[30]が、上記のプログラムを見ても なかなか わかりにくい。

アドレス02の間接ジャンプでは、実行前にRG3に入れた値の「05」ではなく、デクリメントされた「04」のアドレスへジャンプしている。 同様に、アドレス06の間接ジャンプでは、実行前にRG4に入れた値の「07」ではなく、インクリメントされた「08」のアドレスへジャンプしている。 ただし、アドレス10の間接ジャンプでは、RGaの値「12」のアドレスにそのままジャンプしている。

その結果、アドレス「03」「07」「11」のコマンドは飛ばされて実行されないことになる。


演算・関数編集

1. 「max」は、スタックXとスタックYのうち値の大きい方を返す演算(アリティが2の最大値関数)である[31]が、以下の注意点がある。

  • スタックXとスタックYの少なくとも一方がゼロである場合はゼロが返される。オペランドの片方がゼロで、もう片方が正数である場合には、返される値ゼロは最大値ではない。
  • 返された値はスタックXに上書きされるだけで、スタックの下降はしない。スタックYに演算前のオペランドの片方が残っている。

2. 「xy」は、冪乗(累乗)演算である[32]が、HP電卓の「yx」とはオペランドの順番が逆となっている。[33]

プログラム例編集

2 以上 69 以下の指定した整数の階乗を計算するプログラムの例を示す。

プログラム
アドレス
キー入力 命令
コード[22]
説明 スタック
00 「X→П」「0」 40 スタックXの値をRG0にストア -
01 「1」 01 1を置数 上昇
02 「П→X」「0」 60 RG0の値をリコール 上昇
03 「×」 12 乗算 下降
04 「F」「L0」 [21] RG0の値が 2<=RG0 ならば、RG0をデクリメントし、命令の2バイト目で指定されたアドレス(ここでは02)へジャンプする。
RG0の値が 1<=RG0<2 の範囲ならば次の命令のアドレス(ここでは06)へ進む。[34]
-
05 「0」「2」 02
06 「С/П」 50 停止 -

「ПРГ」でプログラム編集モードに入り、上記プログラムを入力する。「АВТ」で実行モードに戻り、計算したい数値を、例えば、

6

などと入力し、「В/0」で先頭アドレス00へ移動し、「С/П」でプログラムを実行すると、暫く[35]して、結果が、

720

のように表示される。


ギャラリー編集

脚注編集

  1. ^ РУКОВОДСТВО ПО ЭКСПЛУАТАЦИИ МК 61 МИКРОКАЛЬКУЛЯТОР (ロシア語マニュアル 21ページ簡約版) Электроника, 1993年 - ロシア語マニュアルの写真の右側
  2. ^ РУКОВОДСТВО ПО ЭКСПЛУАТАЦИИ МК 61 МИКРОКАЛЬКУЛЯТОР (ロシア語マニュアル 174ページ詳細版 889-30000) Электроника - ロシア語マニュアルの写真の左側
  3. ^ ギャラリーにある裏面の写真を参照。写真の電卓は1993年1月製造のものであるが、「ЦЕНА 85РУБ」 (価格 85ルーブル) と記載がある。この記載は後から印刷や刻印をしたものではなく、製造時に最初から成形されている。
  4. ^ a b c 簡約版 P2
  5. ^ a b c d 簡約版 P1
  6. ^ 詳細版 P89-P95
  7. ^ 簡約版 P4
  8. ^ 詳細版 P61-P74
  9. ^ 詳細版 P63-P65
  10. ^ a b 詳細版 P74-P80
  11. ^ 詳細版 P80-P82
  12. ^ 詳細版 P110-P111
  13. ^ 詳細版 P111-P112
  14. ^ 詳細版 P139-P142
  15. ^ 詳細版 P113-P114
  16. ^ 詳細版 P114
  17. ^ a b 詳細版 P107-P109
  18. ^ 詳細版 P109
  19. ^ 詳細版 P105-P106
  20. ^ 詳細版 P103
  21. ^ a b c 16進数字の「a」,「b」,「c」,「d」,「e」,「f」の代替表示は「-」,「L」,「[」,「Г」,「E」,(無点灯)となっている
  22. ^ a b c d 詳細版 P84
  23. ^ 詳細版 P114-P136
  24. ^ 簡約版 P3
  25. ^ 簡約版 P9
  26. ^ 詳細版 P114-P119
  27. ^ 後述の「間接指定のプログラム例」を見ると「デクリメント後アドレス評価」と考えられるが、階乗の「プログラム例」を見ると「アドレス評価後デクリメント」と考えられる。難しい電卓である。
  28. ^ 「アドレス評価後デクリメント」動作をする ― という記述がある文献も存在する。Elektronika MK-61 User Guide”. Vintage Electronic Calculator Manuals. 2021年4月23日閲覧。
  29. ^ 詳細版 P116
  30. ^ 詳細版 P117
  31. ^ 詳細版 P52
  32. ^ 詳細版 P51-P52
  33. ^ 対数機能と冪乗機能を1つのキーで共用している機種ではRPN電卓でなくとも冪乗機能を「xy」としている場合がある。このような機種(例えば、CASIO fx-20)では、まず X の置数後「ln/xy」を押すと、 lnX の計算が行われ結果を表示する(これで、 lnX の機能は完了)。この後 Y を置数し「=」を押すと lnX の計算結果に Y を乗じ、その結果に対し指数関数を計算し表示する。即ち、 XY=eln(XY)=e(lnX)×Y である。
  34. ^ RG0の値が RG0<1 の場合は、動作は不定となる。実際は特定の値には特定の動作が対応するのであるが、そのアルゴリズムが不明であるため、不定な動作に見える。
  35. ^ 入力「6」の出力「720」が表示されるまで6秒ほど、入力「69」の出力「1.7112245 98」が表示されるまで65秒ほどかかった。
  36. ^ 左のMK-61は1993年1月製造機で、右のMK-61は1993年12月製造機である。キートップの文字などに若干の違いが見られる。
  37. ^ 左のMK-61はアドレス04の入力プロンプト状態となっていて、アドレス03、02、01の命令コードが「01」、「02」、「03」と表示されている。右のMK-61も同様にアドレス08の入力プロンプト状態となっていて、アドレス07、06、05の命令コードが「05」、「06」、「07」と表示されている。
  38. ^ 詳細版(左)と簡約版(右)とで同じ表紙を使用している。