メインメニューを開く

エバン・コール

Evan Callから転送)

来歴編集

子どものころ、日本のアニメ好きの友人の影響で『ポケットモンスター』や『デジタルモンスター』などを見るようになり、2004年には『SAMURAI 7』にハマって日本のアニメが好きになる[2]。18歳までは、ブラインド・ガーディアンラプソディー・オブ・ファイアなどの欧州のパワーメタルデスヴォイスを多用する北欧ブラックメタルなど、メタルを好んで聴いていた[3]

バークリー音楽大学を卒業後はハリウッドで映画音楽の道に進むか悩んだが、ジャンルの多様な日本のアニメ・ゲーム界での成功を目指し、観光ビザで来日する。3か月間の滞在期間中、シェアハウスのルームメイトの友人を介して音楽クリエイター集団Elements Garden藤田淳平を紹介され、面接とデモテープの審査を経てElements Gardenに加入し[2]2012年より日本にて作曲活動を開始すると、壮大なアレンジングと印象的なシンフォニックメタルサウンドにより注目を集める[2]

アリア・エンターテインメントに所属してElements Gardenにて活動していたが、2016年6月30日をもって脱退した[4]。以後は、ミラクル・バスに所属している。

主な作品編集

テレビアニメ編集

劇場アニメ編集

ゲーム編集

テレビドラマ編集

テレビ番組編集

実写映画編集

楽曲提供編集


脚注編集

[ヘルプ]

注釈編集

  1. ^ a b Elements Garden名義。

出典編集

  1. ^ Evan Call - Miracle Group Official Site”. Miracle Group. 2018年1月5日閲覧。
  2. ^ a b c Call, Evan (2016年1月9日). 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー. インタビュアー:細川洋平. アニメ!アニメ!(イード).. https://animeanime.jp/article/2016/01/09/26481.html 2018年4月20日閲覧。 
  3. ^ Call, Evan (2016年1月9日). 壮大な音楽を生み出す作曲家Evan Callがヴェールを脱ぐー『シュヴァルツェスマーケン』インタビュー. インタビュアー:細川洋平. p. 2. アニメ!アニメ!(イード).. https://animeanime.jp/article/2016/01/09/26481_2.html 2018年4月20日閲覧。 
  4. ^ お知らせ - ARIA entertainment アリア・エンターテインメント”. Miracle Group. 2018年1月5日閲覧。

外部リンク編集