メインメニューを開く

F-16 ファイティングファルコン (セガ・マークIII)

F-16 ファイティングファルコン』はセガ(後のセガゲームス)から発売されたセガ・マークIII用ゲームソフト。元々はアメリカのNEXA社が日本のMSX市場向けに製作された作品だが、マークIII版は欧米でも発売された。

F-16 ファイティングファルコン
ジャンル フライトシミュレーションゲーム
対応機種 セガ・マークIII[MkIII]
開発元 セガ(後のセガゲームス
発売元 セガ(後のセガゲームス)
プログラマー 中裕司
人数 1〜2人
メディア MkIII:マイカードマークIII
発売日 MkIII:1985年12月22日
テンプレートを表示

概要編集

3D空間をドットによる点描表現でシンプルにデフォルメしたワイヤーフレームに似たゲーム画面で、F-16のドッグファイトを再現したフライトシミュレーター。

レーダーモード切替やECM、トリム調整など色々と凝った作りになっていて、マークIII互換機までの時代で、通信対戦をサポートした唯一のソフトだが、対戦プレイをするには本ソフトとマークIII本体、モニターテレビ、専用キーボードSK-1100[1]がそれぞれ二体ずつ必要で、なおかつ通信対戦ケーブル[2]が必要という非常にハードルの高いものであった。なお、隠しコマンドを入力すると『スペースハリアー』のメインテーマが流れる。

マークIIIへの移植作業は、日本のセガで行われた。(『ソニック・ザ・ヘッジホッグ』の中裕司氏が関わっている)

先行して発売したMSX版もハード、ソフトを二台用意すれば対戦が可能であり、社長のギルマン・ルーイは「あまりにニッチすぎる作品なので、1万本ほどしか売れないと思っていた。実際には10万本も売れたんだ。」と語っている[3]。1987年にIBM-PCマッキントッシュでリリースした続編の『FALCON』はフライト・シミュレーターの傑作として高い評価を受け、50万本以上ものヒットを記録した。

関連項目編集

脚注編集

外部リンク編集