FALKEN

住友ゴム工業が販売するタイヤのブランド

FALKEN(ファルケン)は、1983年に誕生したオーツタイヤ、及び同社を買収した住友ゴム工業タイヤブランドである。

FALKEN
ファルケン
ロゴ
Porsche 911 GT3R Wallpaper.jpg
製品種類 タイヤ
所持会社 住友ゴム工業株式会社
使用開始 1983年
関連ブランド ダンロップ
旧使用会社 オーツタイヤ
ウェブサイト FALKEN(ファルケン)タイヤ公式サイト
テンプレートを表示

概要編集

ファルケンFALKENドイツ語で「」の意)[1]」のブランドネームで知られ、2003年住友ゴム工業がオーツタイヤを買収した後、同社のグローバルブランドとして、欧米を中心に販売している。スポーツマーケティングを積極的に行っており、2015年からはメジャーリーグベースボール[2]、欧州サッカー[3]レッドブル・エアレース・ワールドシリーズなどの協賛を行っている。

FALKENはブランドステートメント「ON THE PULSE-高鳴る鼓動、動き出す瞬間」を掲げ、品質評価の厳しい欧州市場を始め、米国インド中国豪州へマーケットを広げている。

タイヤブランド編集

主な製品ブランド編集

 
AZENIS FK510

2018年現在、オーツタイヤ時代から展開していたFALKENブランドが、住友ゴム工業より製造・販売されており、 近年はADAC誌、Auto Bild誌などの欧州雑誌テストでも高評価を獲得している。 基本的には住友ゴム工業の保有ブランドであるダンロップと同じ技術が採用されており、同社の得意とする低燃費性能や運動性能に優れている。

  • AZENIS(アゼニス)
フラッグシップスポーツタイヤ及びSタイヤ
名前の由来は、英語の「Age(時代)」「Zenith(頂点)」から、時代の頂点を意味する。
  • SINCERA(シンセラ)
スタンダードタイヤ。名前の由来は、英語の「Sincerely(誠実)」から。
  • ZIEX(ジークス)
スポーティー&コンフォートタイヤ。1990年代以降長年主力ブランドとして発売されている。
名前の由来は、ドイツ語の「Ziel(目標・志)」から。
  • LINAM(ライナム)
商用車用タイヤ。
  • ESPIA(エスピア)
スタッドレスタイヤ。名前の由来は、ドイツ語の「Eis(氷)」「Utopia(理想郷)」から。
  • WILDPEAK(ワイルドピーク)
SUV、4×4用タイヤ。名前の由来は、英語の「Wild(野生の)」「Peak(峰)」から。

かつて販売されたブランド編集

  • GR(ジーアール)、GRβ(ジーアールベータ)シリーズ
スポーツタイヤ。FALKENブランドを最初に称したファルケンGの後継であり、1999年のAZENIS及びDIGNEOブランド登場以前はフラッグシップだった。
1980年代末~1990年代にかけてGR、GRβ、GRβ RStune、GRβ RStuneII、GRβ RS-410S、GRβ FK451など多くの製品が発売され好評を博すが、2001年以降はAZENISブランドへ統合された。
なお、国内展開終了後も(主にダンロップブランドが使えない国での)海外向けにGRβブランドは継続して展開されていたが、現在はAZENIS FKとして統合された。
  • LANDAIR(ランドエアー)
SUV/ミニバン用タイヤ。2009年に行われたブランド展開縮小によりAZENIS,SINCERA WGと共に消滅となった。
  • SINCERA/LANDAIR WG
ミニバン専用タイヤ。当初はLANDAIRブランドで展開されていたがモデルチェンジを機にSINCERAブランドへ変更。
  • DIGNEO(ディグネオ)
プレミアムコンフォートタイヤ。1代限りで消滅。

エアレース編集

 
ファルケンカラーのジブコ エッジ5402017年千葉大会

レッドブル・エアレース・ワールドシリーズに参戦する室屋義秀とサポート契約を結び『Team FALKEN』として参戦(2015年千葉大会から)している。主翼とパイロットスーツの前面に『FALKEN』のロゴを掲示している。チームカラーは2016年まで以前からのシルバーだったが、2017年第2戦からはFALKENカラーとなった[4]。住友ゴム工業はレッドブル・エアレースが日本で開催される際のナショナルパートナーでもある。

2017年、Team FALKEN(室屋義秀選手)はFinal4で1:03.026秒(ノーペナルティ)でコースレコードを記録。2017年度シーズン4度目の優勝、そして初の年間総合優勝を果たした[5]

モータースポーツ編集

ニュルブルクリンク24時間レース編集

ニュルブルクリンク24時間レースに国内自動車メーカーに先駆け、1999年より「ファルケン・モータースポーツドイツ語版」として参戦を続けており、またオフィシャルスポンサーとして、同レースに協賛することでモータースポーツの発展に貢献している。2015年には最高位、総合3位を獲得した[6]。2017年には同一チーム内でポルシェ・911 GT3 RBMW・M6 GT3と言う2種類の車両を出走させた (#44 ポルシェ・911はリタイア、#33 BMW M6は8位完走)。また欧州法人は他のニュル参戦チームへのタイヤの供給も行い、2016年からはスバル・WRX STIチームにもFALKENタイヤを供給している。

その他のレース編集

2008-15年にかけてアメリカン・ル・マン・シリーズユナイテッド・スポーツカー選手権に、ポルシェ・911 RSRで参戦。プチ・ル・マンを含む6度のクラス優勝を飾った。

フォーミュラDでは2011年に、FALKENがサポートする吉原大二郎がシリーズチャンピオンを獲得した。

脚注編集

  1. ^ オーツタイヤ五〇年史、100頁
  2. ^ “FALKENがメジャーリーグベースボール(MLB)とスポンサー契約を締結” (プレスリリース), 住友ゴム工業, (2015年9月29日), https://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sri/2015_106.html 2018年5月13日閲覧。 
  3. ^ “イングランド・プレミアリーグ「リバプールFC」とFALKENファルケンブランドでスポンサー契約を締結” (プレスリリース), 住友ゴム工業, (2017年7月18日), http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2017/sri/2017_073.html 
  4. ^ レッドブル・エアレース】室屋選手、愛機をFALKENカラーに一新”. レスポンス. 2017年4月14日閲覧。
  5. ^ “「Red Bull Air Race World Championship 2017」にて「Teamチーム FALKENファルケン」の室屋義秀選手がシリーズチャンピオン獲得” (プレスリリース), 住友ゴム工業, (2017年10月16日), http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2017/sri/2017_114.html 
  6. ^ “「ニュルブルクリンク24時間レース」でFALKENモータースポーツチームの「ポルシェ 911 GT3 R」が総合3位入賞” (プレスリリース), 住友ゴム工業, (2015年5月20日), http://www.srigroup.co.jp/newsrelease/2015/sri/2015_059.html 

関連項目編集

外部リンク編集