メインメニューを開く

FBI10大最重要指名手配

米国連邦捜査局によって選定される指名手配リスト
1996年5月19日、Leslie Ibsen Rogge(レスリー・イプセン・ロゲ)は当リストの内でインターネットの力により逮捕された最初の人物となった。

FBI10大最重要指名手配(FBIじゅうだいさいじゅうようしめいてはい、: FBI Ten Most Wanted Fugitives)とは、米国連邦捜査局によって選定される指名手配リストである。元々は1949年後半にFBIの生みの親であるジョン・エドガー・フーヴァー等が危険人物たちを効率よく逮捕する方法を考える内に編み出されたもので、1950年3月14日に最初のリストが作成され、肯定的な評価を得たため以降も続けられることとなった[1]

リストに掲載される指名手配犯については、まず全米に56か所存在するFBIの地方支局より指名手配犯の候補者リストがFBI本部の犯罪捜査部に提出される。候補者リストの提出を受けた犯罪捜査部の特別捜査官及び広報局が審査を行い、幹部会議の了承を経て決定される[1]

指名手配犯が逮捕、もしくは死亡した場合か告訴が取り下げられた時にはその人物はリストから削除され、FBIによって選別された新しい人物が追加される。例外的に「もはや危険とはみなされない」との理由により逮捕されていないにも関わらずリストから削除された例も複数件ある(最近の例として、2016年5月にGlen Stewart Godwinが「逃亡から時間が経過しすぎてリストに掲載する意味がない」との理由で10大手配のリストから削除された)。また非常に危険な人物が現れた場合には11人目がリストに載ることもある[1]

米国では郵便局のような公共機関でもポスターが掲示されている。容疑者には10万ドル以上の多額の報奨金が掛けられる[1]

2013年6月17日、Walter Lee Williamsで手配リストに載った容疑者はちょうど500人目となった。2018年6月までに519名がリストに載り、内約94%にあたる485名が逮捕または死亡確認されている[1]

目次

2018年10月時点でのリスト編集

報奨金はラファエル・カロ・キンテロが2000万ドル、ジェイソン・デレク・ブラウンが20万ドル、残りが10万ドルである 。

写真 氏名 リスト掲載日 手配ナンバー 概要
Jason Derek Brown 2007年12月8日 489 ジェイソン・デレク・ブラウンは2004年11月29日アリゾナ州フェニックスで発生した武装強盗及び第一級殺人の罪に問われている。映画館で売上金を回収に来た警備員を射殺し売上金5万6千ドルを強奪、その後自転車で逃走した。事件直後は妹の家に潜伏していたが、地元警察が踏みこむ直前に再び逃亡し以降行方が分からなくなっている。贅沢好きで豪遊を繰り返していたが、借金を重ねるようになり金銭的に窮して犯行に及んだとみられている。ブラウンはフランス語が堪能であり、両性愛者の可能性もある。モルモン教徒などのコミュニティに潜んでいる可能性もあると捜査当局はみている[2][3]
Robert William "Bobby" Fisher, Sr. 2002年6月29日 475 ロバート・ウィリアム・フィッシャーは2001年4月10日にアリゾナ州スコッツデールの自宅で妻と12歳の息子、及び10歳の娘を殺害し、その後自宅を爆破した3件の第一級殺人の罪に問われている。捜査機関はフィッシャーが妻から離婚話を切り出され激昂し犯行に及んだと見ている。事件前に妻から離婚を切り出された場合は自殺すると周囲に仄めかしていたが、FBIは彼の偽装工作だと確信しているという。事件前の職は消防士であり、アウトドア好きで狩りや釣り、漁を好む[4][5]
  Alexis Flores 2007年6月2日 487 アレクシス・フローレスは2000年7月29日ペンシルベニア州フィラデルフィアで5歳の少女を誘拐レイプし殺害した罪に問われている。当初は犯人不明であったが、2005年に彼が万引き及び不法滞在の罪でホンジュラスに送還された後の2007年、フローレスのDNAと現場に残されていたDNAとが一致、フローレスは指名手配された[6][7]
Rafael Caro Quintero 2018年4月12日 518 ラファエル・カロ・キンテロは1985年2月7日メキシコハリスコ州グアダラハラで、米国麻薬取締局(DEA)の特別捜査官、キキ・カマレナ英語版を拉致・拷問した上に殺害した容疑に問われている。カロは1970年代後半から1980年代前半に掛けて、メキシコからアメリカへのヘロインコカインマリファナの主要な供給者の一人であり、麻薬カルテルであるグアダラハラ・カルテル英語版の最高幹部の一人であった。1984年にメキシコ当局とDEAとの共同作戦でグアダラハラ・カルテルの所有する大規模なマリファナ農場が破壊され、その報復としてカロは作戦を主導したカマレナの拉致・拷問・殺害を命じたとされる。カロはまた、元アメリカ海兵隊でありジャーナリストでもあったジョン・クレイ・ウォーカー歯学部の学生であったAlbert Radelatに対する殺人事件への関与も疑われている。事件後カロは逮捕され、メキシコにて懲役40年を宣告され収監された。彼の逮捕後にグアダラハラ・カルテルは分裂し、ティフアナ・カルテルフアレス・カルテル、そして後にエル・チャポの名で知られるホアキン・グスマンが掌握するシナロア・カルテルに分かれた。カロは2013年に刑期満了まで12年を残して釈放され、このことに対しアメリカ当局は激怒、直ちに抗議しカロを指名手配した。また、カロ自身は釈放後のインタビューで否定しているものの、グスマンなどグアダラハラ・カルテルの元構成員が多く在籍するシナロア・カルテルで2013年以降重要な役割を担っているとされる。カロはシナロア州バディラグアト、グアダラハラ、またコスタリカと繋がりを有している。カロに対する報奨金は2000万ドルであり、歴代の10大指名手配犯の中でも非常に高い部類に入る[8]
Greg Alyn Carlson 2018年9月27日 520 グレッグ・アリン・カールソンは2017年7月13日カリフォルニア州ロサンゼルスで女性に対し武装強盗、強姦を行った容疑で手配されている。同年11月22日にアラバマ州フーバーで警察に発見され追跡されたが振り切り、11月30日にフロリダ州デイトナビーチで目撃されたのを最後に足跡が途絶えた。FBIはカールソンが今後も女性に対し脅威となることを危惧しており、また未報告の被害者が存在すると考えている。カールソンはピストルを所持し盗難車で逃走を続けていると見られ、カリフォルニア州、フロリダ州、アラバマ州、サウスカロライナ州などに繋がりを有しているためこの内のどこかに潜伏している可能性がある。過去に俳優として働いていた経歴がある[9]
  Yaser Abdel Said 2014年12月4日 504 ヤッサー・アブデル・サイは2008年1月1日にテキサス州アービングで10代の二人の娘を殺害した容疑で手配されている。 殺害された二人は婚前に異性関係を持ったことに対する、いわゆる『名誉の殺人』の被害者であると見られている[10]。サイはエジプト人であり、出身地のシナイ半島やアメリカ国内のエジプト人コミュニティ、カナダに逃走している可能性がある。事件前はタクシー運転手として働いており、またデニーズアイホップでの食事を好んでいたという[11][12]
Alejandro Castillo 2017年10月25日 516 アレハンドロ・カスティーヨは2016年8月ノースカロライナ州シャーロットで職場の同僚であった23歳の女性を殺害し、遺体を谷底に遺棄した容疑に問われている。カスティーヨは被害者に借金を負っており、金を返済すると偽って被害者を呼び出した上、共犯者のブレント・コック(Brent Koeck)と共に襲ったと見られている。また、カスティーヨとコックは殺害後に被害者の口座から現金を引き出した。2名は事件後にメキシコとの国境を越えたことが確認されており、コックは同年10月にメキシコ当局に逮捕されたがカスティーヨは依然逃亡している[13]
Santiago Villalba Mederos 2017年9月25日 515 サンティアゴ・ヴィラルバ・メデーロスはワシントン州タコマで銃器を用い3人を殺傷した第一級殺人、及び第一級殺人未遂の容疑で手配されている。2010年2月、メデーロスはギャング同士の銃撃戦の最中に無関係の車に発砲、その結果車内にいた20歳の女性が死亡し彼女の兄弟が重傷を負った。また翌月、今度はメデーロスが仲間と起こした強盗の結果発生した銃撃戦で、流れ弾が通行人の21歳の男性に当たり、男性はその後死亡した。被害者の3名はギャングとは何の関わりも無かった。マデーロスはタコマのギャング、Eastside Lokotes Sureñoのメンバーであり、目撃証言から事件後メキシコに逃亡したと考えられている。ワシントン州の他にメキシコ・モレロス州ゲレーロ州と繋がりを有している[14]
Bhadreshkumar Chetanbhai Patel 2017年4月18日 514 バドゥルシュカマー・パテルは2015年4月12日にメリーランド州ハノーバー英語版ドーナツ店で21歳の妻を殺害した容疑に問われている。バドゥルシュカマーと被害者はインド出身で事件の2年前にアメリカに渡航しており、被害者はインドへの帰国を希望したがバドゥルシュカマーが拒否したことで事件が引き起こされたと見られている。ニュージャージー州ケンタッキー州ジョージア州イリノイ州、カナダ、もしくは出身地であるインドのグジャラート州に逃亡している可能性がある[15]
Antwan Tamon Mims 2018年6月27日 519 アントワン・タモン・ミムスは2018年3月25日にミシガン州ベントンハーバーで2名の男性を殺害した容疑に問われている。ミムスは同地の住宅で開催されたパーティーにて衆人環視の中、2名の男性を麻薬取引の対立相手と誤解し、銃撃して殺害した疑いがもたれている。FBIはミムスがGangster Disciples gangに所属する殺し屋であり、負傷した2人の被害者の顔面及び後頭部を銃撃してとどめを刺していることから冷酷で非常に危険な人物であると判断している。ミムスはギャング仲間の支援を得ながらアメリカ南西部(ミシガン州、インディアナ州、ジョージア州、テネシー州、オハイオ州及びイリノイ州)に逃亡及び潜伏している可能性がある[16]

過去の主要なリスト編集

  • 手配No.456 Osama Bin Laden 1999年6月7日〜2011年5月2日(死亡) 報奨金2700万ドル

ウサーマ・ビン・ラーディンは1998年8月7日に起きたタンザニア及びケニア両国でのアメリカ大使館爆破事件、2000年10月12日に起きた米艦コール襲撃事件に関する容疑で指名手配されていた(2001年9月11日のアメリカ同時多発テロは直接の手配容疑にはなっていない)。ビン・ラーディンは世界的な反米イスラム原理主義のテロ組織アルカーイダのリーダーであるとされ、世界各地でのテロ計画を主導したとされる。手配書によると左利きであり、杖を使って歩くとされる。

  • 手配No.458 James Joseph Bulger 1999年8月19日〜2011年6月22日(逮捕) 報奨金200万ドル

ジェームズ・ジョセフ・バルジャーは19件の殺人、資金洗浄、犯罪組織の組閣等の容疑で指名手配されていた。主にマサチューセッツ州ボストンを拠点に活動していて、他のマフィアに関する情報をFBIに提供していたが、同時にFBI内部に内通者がおりそれを利用して70年代から80年代にかけ多数の犯罪を行っていた。バルジャーは暴力的な気性で知られ、常に武器を携帯していたとされる。

  • 手配No.454 Eric Rudolph 1998年5月5日〜2003年5月31日(逮捕) 報奨金100万ドル

エリック・ルドルフは1996年から1998年にかけ、米国内での爆発物による公共機関への攻撃の罪で指名手配されていた。1996年7月27日に発生したアトランタオリンピックでの爆破テロ事件、またアラバマ州バーミングハムの中絶クリニックへの爆破テロ、及び同性愛者のナイトクラブへの攻撃により、3人が死亡し110人が負傷した。ルドルフはかつて白人至上主義反ユダヤ主義、同性愛者への嫌悪を標榜する複数の団体に所属しており、そこで過激な思想を持つようになったと見られている。

  • 手配No.494 Semion Mogilevich 2009年9月22日~2015年12月18日(削除) 報奨金10万ドル

セミオン・モギレヴィッチは多額の金融詐欺、電子通信詐欺容疑で指名手配されていた。ウクライナ人であり、東欧を拠点に広大な犯罪組織を指揮しているとして「最も強力なロシアンマフィア」であり「世界で最も危険なギャング」とFBIに記載されている。直接の容疑は1993年から1998年にかけてカナダで設立した架空の会社名義によって投資家から数百万ドルを集めた、というものであるが、それ以前からヨーロッパにおいて多額の金融詐欺を行っていた。そのあくどい商才から「聡明なドン」とロシア当局に呼ばれている。詐欺以外にも武器の密売や売春等にも彼の組織は関わっているとみられている。ロシア当局やその他各国警察の追跡にも関わらず、現在も彼の主要な拠点はモスクワであると考えられている。 未だ逮捕に至っていないが、「近年アメリカ国内での違法行為は認められていない」との理由により、2015年12月にリストから削除された[17]

架空の10大最重要指名手配犯編集

関連項目編集

  • FBI Most Wanted (FBI重要指名手配)
    • Ten Most Wanted (10大最重要指名手配)
    • Most Wanted Terrorists (最重要手配テロリスト)
    • Crimes Against Children (子供に対する犯罪)
    • Criminal Enterprise Investigations (組織犯罪、薬物等)
    • Cyber’s Most Wanted (サイバー犯罪)
    • Domestic Terrorism (ホームグロウン・テロリズム)
    • Parental Kidnapping (片親による子供の連れ去り)
    • Violent Crimes (暴力犯罪)
      • Murder (殺人)
      • Additional Crimes (殺人以外の暴力犯罪、強盗等)
    • White Collar Crimes (詐欺、背任、横領等)
    • Counterintelligence (海外の諜報、スパイ活動)

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e Ten Most Wanted Fugitives FAQ”. FBI. 2018年4月18日閲覧。
  2. ^ Brown's FBI Top 10 Most Wanted Fugitive Alert”. FBI. 2007年12月8日閲覧。
  3. ^ AMW Fugitive Data File for Jason Derek Brown”. AMW.com. 2008年6月20日閲覧。
  4. ^ Zoellner, Tom (2002年8月7日). “Report portrays suspect in family killing as cruel, controlling”. The Arizona Republic. 2010年5月2日閲覧。
  5. ^ Fisher's FBI Top 10 Most Wanted Fugitive Alert”. FBI. 2006年7月10日閲覧。
  6. ^ Flores' FBI Top 10 Most Wanted Fugitive Alert”. FBI. 2007年7月2日閲覧。
  7. ^ AMW Fugitive Data File for Alexis Flores”. AMW.com. 2008年6月20日閲覧。
  8. ^ New Top Ten Fugitive”. FBI. 2018年4月17日閲覧。
  9. ^ Los Angeles Fugitive Wanted for Armed Sexual Assault Added to the FBI’s List of Ten Most Wanted Fugitives”. FBI. 2018年10月4日閲覧。
  10. ^ Lewisville cab driver sought for ‘honor killings’ of daughters added to FBI’s Ten Most Wanted list”. dallasnews. 2014年12月4日閲覧。
  11. ^ http://www.fbi.gov/wanted/topten/yaser-abdel-said/view
  12. ^ http://web.archive.org/web/20141205031704/http://www.fbi.gov/wanted/topten/yaser-abdel-said/view
  13. ^ https://www.fbi.gov/news/stories/new-top-ten-fugitive-alejandro-castillo
  14. ^ Tacoma Fugitive Santiago Mederos Added to the FBI’s Ten Most Wanted Fugitives List”. FBI. 2017年11月18日閲覧。
  15. ^ Man Wanted for Murder in Hanover Added to the FBI’s Ten Most Wanted Fugitives List”. FBI. 2017年11月18日閲覧。
  16. ^ New Top Ten Fugitive”. FBI. 2018年6月27日閲覧。
  17. ^ Mogilevich' FBI Top 10 Most Wanted Fugitive Alert”. FBI. 2010年5月14日閲覧。

外部リンク編集