FC延岡AGATA(エフシーのべおか あがた)は、宮崎県延岡市を本拠地とする社会人サッカークラブ。Jリーグ加盟を目指すクラブの一つである。

FC延岡AGATA
原語表記 FC延岡AGATA
呼称 FC延岡AGATA
クラブカラー  
創設年 2019年
所属リーグ 九州サッカーリーグ
ホームタウン 宮崎県延岡市
ホームスタジアム Nishishina Stadium 1.JPG延岡市西階総合運動公園陸上競技場
収容人数 15,000
運営法人 株式会社FC延岡AGATA
代表者 桑原英一
監督 桑原勇斗
公式サイト 公式サイト
テンプレート(ノート)サッカークラブPJ

歴史編集

2019年11月、株式会社FC延岡AGATAを運営会社として、延岡市など宮崎県の北部から日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)入りを目指して、九州保健福祉大学の社会人チームである「九保大エルフAGATA」(宮崎県サッカーリーグ2部Bブロック)を母体として、クラブを発足させると発表した[1][2]。元日本代表松本育夫をテクニカルアドバイザーに招聘し、2023年までのJ3リーグ入会を目標として掲げた[1]

チームは2019年の宮崎県リーグ2部Bブロックを全勝で優勝し、宮崎県リーグ1部に昇格[3]

2020年編集

同年は宮崎県リーグを除き「FC AGATA 九保」のチーム名で出場。

  • 第56回全国社会人サッカー選手権大会の県予選である第56回宮崎県社会人サッカー選手権大会で優勝。第56回九州社会人サッカー選手権大会への出場を決めたが、全国大会の開催中止に伴い、九州大会も中止となった。
  • 宮崎県リーグ1部は新型コロナウイルスの影響により中止となったが、代替試合として開催された「九州各県リーグ決勝大会宮崎県代表決定戦」(6チームによるトーナメント戦)で優勝。
  • 九州サッカーリーグ昇格を賭けた九州各県サッカーリーグ決勝大会では、1回戦でNIFS KANOYA FC 2NDに敗れ昇格を逃した。

2021年編集

同年よりチーム名が「FC延岡AGATA」で統一される。

  • 前年の宮崎県社会人サッカー選手権大会で好成績を残したことにより、第101回天皇杯の県予選である第25回宮崎県サッカー選手権大会に社会人代表として出場。2回戦でヴェロスクロノス都農に敗れた。
  • 第57回宮崎県社会人サッカー選手権大会では連覇を果たし、第57回九州社会人サッカー選手権大会に出場。1回戦でFCセリオーレ(沖縄県代表)を破ると、代表決定戦では九州リーグ第2代表の沖縄SVに3-0で勝利し、第57回全国社会人サッカー選手権大会への出場権を獲得した[4]。なお、同大会は新型コロナウイルスの影響により中止となった。
  • 宮崎県リーグ1部は新型コロナウイルスの影響により3試合を消化した時点で中止となったが、代替試合として開催された「九州各県リーグ決勝大会宮崎県代表決定戦」(4チームによるトーナメント戦)で優勝。
  • 九州各県リーグ決勝大会では3試合で20得点無失点と圧倒し、九州リーグ昇格を果たす。

戦績編集

年度 所属 順位 勝点 試合 得点 失点
2019 宮崎県2部Bブロック 優勝 18 6 6 0 0 24 3 21
2020 宮崎県1部 新型コロナウイルスの影響により中止[5]
2021 新型コロナウイルスの影響により中止[6]
2022 九州

脚注編集

  1. ^ a b 県北からJリーグを-FC延岡AGATA”. 夕刊デイリー (2019年11月5日). 2021年8月5日閲覧。
  2. ^ Jリーグ目指し「FC延岡AGATA」始動”. 宮崎日日新聞 (2019年11月12日). 2021年8月5日閲覧。
  3. ^ 九保大エルフが1部昇格-県サッカーリーグ”. 夕刊デイリー (2019年12月26日). 2021年8月5日閲覧。
  4. ^ 沖縄SV敗戦 全国大会逃す サッカー九州社会人大会”. 琉球新報 (2021年8月2日). 2019年10月29日閲覧。
  5. ^ 代替試合として開催された「九州各県リーグ決勝大会宮崎県代表決定戦」(6チームによるトーナメント戦)で優勝。
  6. ^ 代替試合として開催された「九州各県リーグ決勝大会宮崎県代表決定戦」(4チームによるトーナメント戦)で優勝。

関連項目編集

外部リンク編集