FIA-F4選手権(エフアイエー エフフォーせんしゅけん、英語名:F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP)は、2015年より日本で開催されている自動車レースの1カテゴリ。国際自動車連盟 (FIA) が公認するフォーミュラ4 (F4) 選手権(F4 Championship Certified by FIA) のひとつ。

FIA-F4選手権
カテゴリ フォーミュラカー
国・地域 日本の旗 日本
開始年 2015年
コンストラクター 童夢
エンジン
サプライヤー
トムス
タイヤ
サプライヤー
ダンロップ
ドライバーズ
チャンピオン
平良響
チーム
チャンピオン
TGR-DC Racing School
公式サイト https://fiaf4.wordpress.com/

概要編集

FIA-F4はレーシングカート出身者向けの入門フォーミュラとして、日本では2014年以降選手権シリーズがスタートした。それ以前はフォーミュラチャレンジ・ジャパン (FCJ) が同カテゴリとして開催されていたが、2013年に休止した。その後を受け継ぐ形でSUPER GTを主催するGTアソシエイション (GTA) が2014年に運営団体として名乗りを上げ[1]服部尚貴がプロジェクトリーダーに就任。2015年より海外ラウンドを除くSUPER GT全戦でサポートレースとして開催されている。なお、1993年から国内独自シリーズとして開催されているフォーミュラ4選手権 (JAF-F4) とは運営組織も車両規格も異なる。

日本自動車レース工業会(JMIA)主導により開発された専用F4車両のワンメイクとし、イコールコンディションとコスト抑制が図られている。また、下位カテゴリからの参加者支援として、オーディション合格者に1年間のスカラシップを与える「FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE」を2017年から行っている[2]

FIA-F4参戦のメリットとして、国内自動車レースの最高峰カテゴリのひとつであるSUPER GTと併催されることで、メーカーやスポンサー、観客に対するアピール度が高まることが挙げられる。レース映像はGTAテレビが制作し、SUPER GTのレース中継を行うJ SPORTSでダイジェスト放送されているほか、テレビ東京系列の「SUPER GT+」でも取り上げられることがある。

ホンダ・フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト(HFDP)、トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)といったメーカー系の育成ドライバーが参戦しており、成績優秀者は上位の全日本F3選手権スーパーフォーミュラ、SUPER GTへステップアップしている。その一方、趣味として参加するレーサーもおり、毎戦30台前後のエントリーを集める賑わいを見せている。

開催方式編集

  • ドライバーの参加資格は「限定国内競技運転者許可証A」以上、「国際ドライバーライセンスB」以下の競技ライセンス所持者。ただし、過去3年間に上位カテゴリ(F3F2スーパーフォーミュラ)のレースで3位以内に入賞した者は参加できない。レース出場実績とJAF公認コースにおけるスポーツ走行経験時間も条件となる。
  • 競技は1ラウンドあたり予選1回・決勝2レース制。選手権は7ラウンド計14レースで行われる。2019年よりF1日本グランプリのサポートレースとしてノンタイトルの特別戦が行われる[3][4]
    • 木曜午後・金曜午前にそれぞれ90分間の練習走行を行い、土曜日に20-30分間の公式予選を行う。各々のベストタイムで決勝レース1、セカンドベストタイムで決勝2のスターティンググリッドが決定する。
    • 土曜日に決勝レース1、日曜日に決勝レース2を行う。それぞれレース距離60kmまたは最大30分間。
    • タイヤは木・金曜は2セット、予選から2回の決勝レースの間は1セットしか使用できない。
    • SUPER GTの国内ラウンドが1つ減る2020年は、当初2つのラウンドで3レース制を予定していた(6ラウンド14レース)が、新型コロナウイルス感染症の影響のため、本年はSUPER GT第5戦以降の4ラウンド12レース(全ラウンドで3レース制)が開催される。土曜日に決勝レース1・2、日曜日にレース3を行い、レース3のグリッドはレース1のベストラップで決定される。また、予選・3回の決勝で計2セットのタイヤが使用可能となる[5][6]
  • 入賞ポイントはJAF地方選手権規定に則り上位10位までに20-15-12-10-8-6-4-3-2-1点が与えられる。初年度のみ全得点の80%を対象とする有効ポイント制が採用された。
  • GTA独自の表彰として、JAF地方選手権対象とならない海外ライセンス参加者も含めた「GTAアワード」が授与される。また、2018年から女性ドライバーや40歳以上のジェントルマンドライバーの健闘を称える「インディペンデントカップ」が制定された。
  • FIAスーパーライセンス取得に必要となるポイントは年間成績上位7名までに12-10-7-5-3-2-1点が与えられる。

マシン編集

   
童夢F110
トムス・TZR42

歴代勝者編集

ドライバー部門編集

ドライバー 所属チーム
(車名)
2015年   坪井翔 TOM'S SPIRIT
(FTRSスカラシップF4)
2016年   宮田莉朋 トムス・スピリット
(FTRSスカラシップF4)
2017年   宮田莉朋 TOM'S SPIRIT
(FTRSスカラシップF4)
2018年   角田裕毅 Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
(HFDP/SRS/コチラレーシング)
2019年   佐藤蓮 Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
(SRS/コチラレーシング)
2020年   平良響 TGR-DC Racing School
(TGR-DC RS トムススピリットF4)

チーム部門編集

チーム
2015年 TOM'S SPIRIT
2016年 Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2017年 Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2018年 Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2019年 Honda フォーミュラ・ドリーム・プロジェクト
2020年 TGR-DC Racing School

インディペンデントカップ編集

ドライバー 所属チーム
(車名)
2018年   植田正幸 Rn-sports
(Rn-sports 制動屋 F110)
2019年   佐藤セルゲイビッチ フィールドモータースポーツ
(結婚の学校 フィールドモータースポーツ)
2020年   佐藤セルゲイビッチ フィールドモータースポーツ
(結婚の学校 フィールドモータースポーツ)

脚注編集

  1. ^ GTA、FIA-F4の概要発表。童夢F110シャシー公開 - オートスポーツ・2014年8月29日
  2. ^ “若手にチャンスを授ける『FIA-F4 JAPANESE CHALLENGE』のアドバイザーに吉本大樹が就任”. autosport web. (2017年2月10日). https://www.as-web.jp/supergt/89984?all 2020年4月15日閲覧。 
  3. ^ 若き才能をこの目で……F1日本GPのサポートレース、FIA-F4特別戦の概要が明らかに”. motorsport.com 日本版 (2019年4月25日). 2020年4月10日閲覧。
  4. ^ 2019年は台風19号接近によるスケジュール変更のため中止となった。
  5. ^ 2020 FIA-F4選手権 大会日程改定についてのご案内 FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP・2020年11月29日閲覧
  6. ^ 2020富士大会公式予選、第1戦は神、第2戦は平良が初PP 平木がともに3番手、IND-Cは大阪が初のポール獲得 FIA-F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP・2020年11月29日閲覧
  7. ^ JMIA、FIA F4車両開発へ。15年からマーケット投入 - オートスポーツ・2013年11月28日
  8. ^ トヨタ自動車、2014年のモータースポーツ活動および支援計画を発表 - トヨタ自動車・2014年1月30日
  9. ^ FIA-F4シリーズの指定タイヤがダンロップタイヤに決定 - F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP・2014年12月16日

外部リンク編集