メインメニューを開く

FIBA男子アジアカップFIBA Asia Cup)は、FIBAアジアが主催するバスケットボールナショナルチームによる大陸選手権である。FIBAアジア加盟国すべてに参加資格が与えられる。以前は Asian Basketball Confederation Championship、略称ABC。女子の大会についてはFIBA女子アジアカップを参照せよ。

FIBA男子アジアカップ
開始年 1960
主催 FIBAアジア
参加チーム数 16
前回優勝  オーストラリア
最多優勝  中国 (16)
サイト [1]
テンプレートを表示

概要編集

1960年マニラで第1回を開催。1963年の第2回以降は1年おきの開催となっている。

本大会出場枠は16ヶ国。開催国、開催前年のFIBAアジアチャレンジ(旧スタンコビッチカップ→FIBAアジアカップ)優勝国およびFIBAアジア内の6つのサブゾーン(東アジア・東南アジア・中央アジア・南アジア・湾岸・西アジア)予選の上位国が出場する。各サブゾーンの出場枠数はFIBAアジアチャレンジの結果により変動する。

過去の開催実績編集

開催年 開催国 決勝 3位決定戦
優勝 スコア 準優勝 3位 スコア 4位
1960
詳細
  フィリピン
マニラ
  フィリピン [1]   中華民国   日本 [1]   韓国
1963
詳細
  中華民国
台北
  フィリピン [1]   中華民国   韓国 [1]   タイ
1965
詳細
  マレーシア
クアラルンプール
  日本 [1]   フィリピン   韓国 [1]   タイ
1967
詳細
  韓国
ソウル
  フィリピン [1]   韓国   日本 [1]   インドネシア
1969
詳細
  タイ
バンコク
  韓国 [1]   日本   フィリピン [1]   中華民国
1971
詳細
  日本
東京
  日本 [1]   フィリピン   韓国 [1]   中華民国
1973
詳細
  フィリピン
マニラ
  フィリピン [1]   韓国   中華民国 [1]   日本
1975
詳細
  タイ
バンコク
  中国 [1]   日本   韓国 [1]   インド
1977
詳細
  マレーシア
クアラルンプール
  中国 [1]   韓国   日本 [1]   マレーシア
1979
詳細
  日本
名古屋
  中国 [1]   日本   韓国 [1]   フィリピン
1981
詳細
  インド
カルカッタ
  中国 [1]   韓国   日本 [1]   フィリピン
1983
詳細
  イギリス領香港   中国 95–71   日本   韓国 83–60   クウェート
1985
詳細
  マレーシア
クアラルンプール
  フィリピン [1]   韓国   中国 [1]   マレーシア
1987
詳細
  タイ
バンコク
  中国 86–79   韓国   日本 89–75   フィリピン
1989
詳細
  中国
北京
  中国 102–72   韓国   中華民国 69–58   日本
1991
詳細
  日本
神戸
  中国 [1]   韓国   日本 [1]   中華民国
1993
詳細
  インドネシア
ジャカルタ
  中国 93–72   北朝鮮   韓国 86–70   イラン
1995
詳細
  韓国
ソウル
  中国 87–78   韓国   日本 69–63   中華民国
1997
詳細
  サウジアラビア
リヤド
  韓国 78–76   日本   中国 94–68   サウジアラビア
1999
詳細
  日本
福岡
  中国 63–45   韓国   サウジアラビア 93–67   中華民国
2001
詳細
  中国
上海
  中国 97–63   レバノン   韓国 95–94   シリア
2003
詳細
  中国
ハルビン
  中国 106–96   韓国   カタール 77–67   レバノン
2005
詳細
  カタール
ドーハ
  中国 77–61   レバノン   カタール 89–77   韓国
2007
詳細
  日本
徳島
  イラン 74–69   レバノン   韓国 80–76   カザフスタン
2009
詳細
  中国
天津
  イラン 70–52   中国   ヨルダン 80–66   レバノン
2011
詳細
  中国
武漢
  中国 70–69   ヨルダン   韓国 70–68   フィリピン
2013
詳細
  フィリピン
マニラ
  イラン 85–71   フィリピン   韓国 75–57   中華民国
2015
詳細
  中国
長沙
  中国 78–67   フィリピン   イラン 68–63   日本
2017   レバノン

(ベイルート)

 
オーストラリア
79–56  
イラン
 
韓国
80–71  
ニュージーランド

国別メダル獲得数編集

 
Map of the countries' best results.
順位 国・地域
1   中国 16 1 2 19
2   フィリピン 5 4 1 10
3   イラン 3 0 1 4
4   韓国 2 11 11 24
5   日本 2 5 7 14
6   レバノン 0 3 0 3
7   チャイニーズタイペイ 0 2 2 4
8   ヨルダン 0 1 1 2
9   DPR Korea 0 1 0 1
10   カタール 0 0 2 2
11   サウジアラビア 0 0 1 1
Total 28 28 28 84


日本での放送について編集

  • 1999年大会は男女とも日本テレビNHK-BSスカイスポーツなどで中継された。
  • 2007年・2009年はFIBA国際大会の国内放映権を持つJ SPORTSが中継。
  • 2013年から2016年はフジテレビがFIBA主催国際大会の日本国内独占放映権を取得。2013年の男子大会はフジテレビのCS、フジテレビNEXTで中継。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z ラウンドロビン方式

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集