メインメニューを開く

FIFAクラブワールドカップ2013: FIFA Club World Cup Morocco 2013)は、2013年12月11日から12月21日にかけて、モロッコで開催された第10回目のFIFAクラブワールドカップである。

FIFAクラブワールドカップ2013
FIFA Club World Cup 2013
大会概要
開催国 モロッコの旗 モロッコ
日程 2013年12月11日 - 12月21日
チーム数(6連盟)
開催地数(2都市)
大会結果
優勝 ドイツの旗 バイエルン・ミュンヘン (1回目)
準優勝 モロッコの旗 ラジャ・カサブランカ
3位 ブラジルの旗 アトレチコ・ミネイロ
4位 中華人民共和国の旗 広州恒大
大会統計
試合数 8試合
ゴール数 28点
(1試合平均 3.5点)
総入場者数 277,330人
(1試合平均 34,666人)
得点王 アルゼンチンの旗 ダリオ・コンカ
アルゼンチンの旗 セサル・デルガド
モロッコの旗 ムフシン・ヤジュール
ブラジルの旗 ロナウジーニョ(2点)
最優秀選手 フランスの旗 フランク・リベリー
 < 20122014

今大会と次年度大会であるFIFAクラブワールドカップ2014の開催地をめぐっては、モロッコのほかにイランアラブ首長国連邦南アフリカの4カ国が名乗りを上げ、2011年10月にモロッコが開催国として推薦された[1]。同年12月に日本で行われた理事会で正式に決まった[2]

目次

出場クラブ編集

会場一覧編集

審判編集

今大会に参加する審判は以下のとおり[3]

大陸連盟 主審 副審
AFC   アリレザ・ファガニー   ハッサン・カムラニファー
  レザ・ソハンダン
CAF   バカリ・パパ・ガッサマ   アンゲソム・オグバマリアン
  フェリシアン・カバンダ [4]
  ニオン・アリウム (リザーブ)   エヴァリス・メンクアンド (リザーブ)
  ピーター・エディビ (リザーブ)
CONCACAF   マーク・ガイガー   マーク・ハード
  ジョー・フレッチャー
CONMEBOL   サンドロ・リッシ   エメルソン・ジ・カルヴァリョ
  マルセロ・ファン・ガッセ
UEFA   カルロス・ベラスコ・カルバージョ   ロベルト・アロンソ・フェルナンデス
  フアン・カルロス・ジュステ・ヒメネス

結果編集

トーナメント表編集

プレーオフ 準々決勝 準決勝 決勝
 12月11日 - アガディール                          
   ラジャ・カサブランカ  2   12月14日 - アガディール        
   オークランド・シティ  1        ラジャ・カサブランカ (aet)  2
12月18日 - マラケシュ
     モンテレイ  1    
   ラジャ・カサブランカ  3
       アトレチコ・ミネイロ  1  
12月21日 - マラケシュ
   ラジャ・カサブランカ  0
12月14日 - アガディール
     バイエルン・ミュンヘン  2
   広州恒大  2
12月17日 - アガディール
   アル・アハリ  0    
   広州恒大  0
5位決定戦 3位決定戦
       バイエルン・ミュンヘン  3  
   アル・アハリ  1    アトレチコ・ミネイロ  3
   モンテレイ  5    広州恒大  2
12月18日 - マラケシュ 12月21日 - マラケシュ

プレーオフ(開幕戦)編集



準々決勝編集




準決勝編集




5位決定戦編集



3位決定戦編集



決勝編集


 
 
 
 
 
 
 
 
 
バイエルン・ミュンヘン
 
 
 
 
 
 
 
 
ラジャ・カサブランカ
GK 1   マヌエル・ノイアー
RB 13   ラフィーニャ
CB 17   ジェローム・ボアテング
CB 4   ダンテ
LB 27   ダヴィド・アラバ
DM 21   フィリップ・ラーム  
RM 11   ジェルダン・シャチリ   80分
CM 6   ティアゴ・アルカンタラ
CM 39   トニ・クロース   60分
LM 7   フランク・リベリー
CF 25   トーマス・ミュラー   76分
サブメンバー
GK 22   トム・シュターケ
GK 32   ルーカス・レーダー
DF 5   ダニエル・ファン・ブイテン
DF 15   ヤン・キルヒホフ
DF 26   ディエゴ・コンテント
MF 8   ハビ・マルティネス   60分
MF 19   マリオ・ゲッツェ   80分
MF 23   ミッチェル・ヴァイザー
MF 34   ピエール・エミール・ホイビュルク
MF 37   ユリアン・グリーン
FW 9   マリオ・マンジュキッチ   76分
FW 14   クラウディオ・ピサーロ
監督
  ペップ・グアルディオラ
 
GK 61   カリド・アスクリ
RB 3   ザカリア・エル・ハチミ
CB 27   イスマイル・ベンラマレム
CB 16   モハメド・ウルハジ   55分
LB 21   アディル・ケルシ
CM 99   イサム・エラキ
CM 28   クコ・グエイ
RW 8   シェムセディン・シティビ   50分
AM 5   ムフシン・ムトゥアリ  
LW 18   アブデリラー・ハフィディ   88分
CF 20   ムフシン・ヤジュール   78分
サブメンバー
GK 1   ヤシン・エル・ハド
GK 37   ブラヒム・ザーリ
DF 4   アーメド・ラフマニ
DF 17   ラシド・スライマニ   79分   78分
DF 31   イドリッサ・クリバリ
MF 7   デオ・カンダ
MF 24   ヴィアネイ・マビデ   50分
MF 26   イスマイル・クシャム
MF 30   レドゥアン・ダルドゥリ
FW 9   アブデルマジド・ディン
FW 10   バドゥル・カシャニ   88分
FW 25   ヤシン・サルヒ
監督
  ファウジ・ベンザルティ

優勝クラブ編集

FIFAクラブワールドカップ
2013 優勝
 
バイエルン・ミュンヘン
初優勝

順位編集

クラブ名
1   バイエルン・ミュンヘン 2 2 0 0 6 5 0 +5
2   ラジャ・カサブランカ 4 3 0 1 9 7 5 +2
3   アトレチコ・ミネイロ 2 1 0 1 3 4 5 -1
4   広州恒大 3 1 0 2 3 4 6 -2
5   モンテレイ 2 1 0 1 3 6 3 +3
6   アル・アハリ 2 0 0 2 0 1 7 -6
7   オークランド・シティ 1 0 0 1 0 1 2 -1
  • PK戦で決着がついた試合は記録上引き分けとなる

得点ランキング編集

表彰編集

トピックス編集

  • FIFAは2013 FIFA U-17ワールドカップ2013 FIFA U-20ワールドカップで試験的に導入されていたバニシングスプレー (消えるスプレー) を今大会でも試験使用することを2013年11月20日に発表した[10]。ピッチに吹き付けて1分以内に消えるこのスプレーを使用する目的は、FKの際に守備側の壁が規定であるボールより10yd (9.15m) の位置に正しく作られるように主審を助けるためである[11]。FIFAレフェリング部門統括のマッシモ・ブサッカはバニシングスプレーの有用性を発表時に強調したが、今大会出場した広州恒大のマルチェロ・リッピ監督は、バイエルン・ミュンヘン戦で壁がボールより15mの位置に作られたケースがあったことを例に疑問を呈した[12]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ “Morocco set to host Club World Cup in 2013, '14”. AP通信 (FoxSports.com). (2011年10月17日). http://msn.foxsports.com/foxsoccer/soccer/story/Morocco-set-to-host-Club-World-Cup-in-2013-14-99039620 
  2. ^ Reform road map speeds up”. FIFA.com. 2011年12月17日閲覧。
  3. ^ FIFA Club World Cup Morocco 2013 presented by TOYOTA Appointment of Match Officials (PDF)”. FIFA.com. 2013年12月14日閲覧。
  4. ^ “Injured Kabanda out of FIFA, CAF matches”. The New Times (Rwanda). (2013年11月9日). http://www.newtimes.co.rw/news/index.php?i=15536&a=71960 2013年12月14日閲覧。 
  5. ^ “World soccer association approves use of goal-line technology”. ロイター (Mail & Guardian). (2012年7月5日). http://mg.co.za/article/2012-07-05-world-soccer-association-approves-use-of-goal-line-technology 2013年12月21日閲覧。 
  6. ^ “Goal-line technology lines up for debut”. AFP (Al Jazeera). (2012年12月8日). http://www.aljazeera.com/sport/football/2012/12/2012128115644646113.html 2013年12月21日閲覧。 
  7. ^ About GoalControl-4D”. GoalControl. 2013年12月15日閲覧。
  8. ^ Goal-line technology set to make its African debut”. FIFA.com (2013年12月10日). 2013年12月14日閲覧。
  9. ^ This is what goal-line technology looks like”. soccer.si.com (2013年12月14日). 2013年12月15日閲覧。
  10. ^ Largely positive experience with the use of vanishing spray in FIFA competitions”. FIFA.com (2013年11月20日). 2013年12月18日閲覧。
  11. ^ FIFA、クラブW杯で消えるスプレー使用”. AFP (2013年11月20日). 2013年12月18日閲覧。
  12. ^ “Spray works if refs get distance right - Lippi”. ロイター (SuperSport). (2013年12月18日). http://www.supersport.com/football/article.aspx?Id=2244064 2013年12月18日閲覧。 

外部リンク編集