メインメニューを開く

FIFAコンフェデレーションズカップ2003

FIFAコンフェデレーションズカップ2003: FIFA Confederations Cup 2003)は、2003年6月18日から6月29日にかけて、フランスで開催された第6回目のFIFAコンフェデレーションズカップである。

FIFAコンフェデレーションズカップ2003
大会概要
開催国 フランスの旗 フランス
日程 2003年6月18日 - 6月29日
チーム数(6連盟)
開催地数(3都市)
大会結果
優勝 フランスの旗 フランス (2回目)
準優勝 カメルーンの旗 カメルーン
3位 トルコの旗 トルコ
4位 コロンビアの旗 コロンビア
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 37点
(1試合平均 2.31点)
総入場者数 491,700人
(1試合平均 30,731人)
得点王 フランスの旗 ティエリ・アンリ(4点)
最優秀選手 フランスの旗 ティエリ・アンリ
 < 20012005

目次

概要編集

当初、参加国として前年のFIFAワールドカップ・日韓大会準優勝国であるドイツが予定されていたが、出場を辞退。代わって同大会3位のトルコが出場した。

また、6月26日の準決勝・カメルーンコロンビア戦では、カメルーンのマルク=ヴィヴィアン・フォエが試合中に倒れて亡くなる悲劇も起こった。これが一つのきっかけとなり、次回のドイツ大会から4年に1回のペースで、FIFAワールドカップの前年に本大会と同じ国で行うリハーサル大会として開催され、グループリーグの日程にも一定の余裕を持たせるようになった(但し、一時期コンフェデレーションズカップを廃止する動きがあったともいわれている)。

さらに、2006年FIFAワールドカップ・ドイツ大会のオセアニア枠は1を与えられる予定となっていたが、この大会でのニュージーランドの惨敗は、後にオセアニア枠が0.5に減枠される原因となった(詳細はオセアニアサッカー連盟#オセアニアの国際大会事情を参照のこと)。

日本の民放史上初となるTBSフジテレビによる共同中継が行われ、大きな話題となった。これは、FIFAワールドカップ、夏季オリンピック以外の国際大会(FIFAワールドユース選手権FIFA U-17世界選手権を含む)に関して、日本の民放ではTBSとCXがFIFAと準独占的に放映権を取得したものによるものであった。

出場国編集

チーム 大陸連盟 参加資格 回数
  フランス UEFA 開催国、前回大会 優勝、UEFA EURO 2000 優勝 2大会連続2回目
  日本 AFC AFCアジアカップ2000 優勝 2大会連続3回目
  カメルーン CAF アフリカネイションズカップ2002 優勝 2大会連続2回目
  アメリカ合衆国 CONCACAF 2002 CONCACAFゴールドカップ 優勝 2大会ぶり3回目
  コロンビア CONMEBOL コパ・アメリカ2001 優勝 初出場
  ニュージーランド OFC OFCネイションズカップ2002 優勝 2大会ぶり2回目
  トルコ UEFA 2002 FIFAワールドカップ 3位[1] 初出場
  ブラジル CONMEBOL 2002 FIFAワールドカップ 優勝 4大会連続4回目
  1. ^ 準優勝国のドイツが出場を辞退したため、代わりにトルコが出場する事になった。

会場一覧編集

結果編集

グループリーグ編集

グループ A編集

チーム
1   フランス 3 3 0 0 8 1 +7 9
2   コロンビア 3 2 0 1 4 2 +2 6
3   日本 3 1 0 2 4 3 +1 3
4   ニュージーランド 3 0 0 3 1 11 −10 0











グループ B編集

チーム
1   カメルーン 3 2 1 0 2 0 +2 7
2   トルコ 3 1 1 1 4 4 0 4
3   ブラジル 3 1 1 1 3 3 0 4
4   アメリカ合衆国 3 0 1 2 1 3 −2 1











決勝トーナメント編集

準決勝 決勝
           
6月26日 - リヨン    
   カメルーン 1
   コロンビア 0  
  6月29日 - サン=ドニ
   カメルーン 0
     フランス (GG) 1
 
3位決定戦
6月26日 - サン=ドニ 6月28日 - サン=テティエンヌ
   フランス 3    コロンビア 1
   トルコ 2      トルコ 2

準決勝編集




3位決定戦編集



決勝編集



優勝国編集

 FIFAコンフェデレーションズカップ2003優勝国 
 
フランス
2大会連続2回目

表彰編集

受賞選手・チーム 備考
ゴールデンボール(大会MVP)   ティエリ・アンリ 優勝
シルバーボール   トゥンジャイ・シャンル 3位
ブロンズボール   マルク=ヴィヴィアン・フォエ 準優勝
ゴールデンシューズ(得点王)   ティエリ・アンリ 4得点
シルバーシューズ   トゥンジャイ・シャンル 3得点
ブロンズシューズ   中村俊輔 3得点
フェアプレー賞   日本 2回目

外部リンク編集