メインメニューを開く

FIFAコンフェデレーションズカップ2005

FIFAコンフェデレーションズカップ2005: FIFA Confederations Cup 2005)は、2005年6月15日から6月29日にかけて、FIFAワールドカップ・ドイツ大会のプレ大会としてドイツで開催された第7回目のFIFAコンフェデレーションズカップである。

FIFAコンフェデレーションズカップ2005
大会概要
開催国 ドイツの旗 ドイツ
日程 2005年6月15日 - 6月29日
チーム数(6連盟)
開催地数(5都市)
大会結果
優勝 ブラジルの旗 ブラジル (2回目)
準優勝 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
3位 ドイツの旗 ドイツ
4位 メキシコの旗 メキシコ
大会統計
試合数 16試合
ゴール数 56点
(1試合平均 3.5点)
総入場者数 603,106人
(1試合平均 37,694人)
得点王 ブラジルの旗 アドリアーノ(5点)
最優秀選手 ブラジルの旗 アドリアーノ
 < 20032009

概要編集

これまで、当大会は2年に1回のペースで行われていたが、前回大会におけるカメルーン代表マルク=ヴィヴィアン・フォエ選手の急逝を受けて、過密スケジュールを避けるという観点と、次回のFIFAワールドカップの運営リハーサルを行なうという観点を考慮して、今大会からコンフェデレーションズカップをFIFAワールドカップ本大会の前年に、同大会の開催国で行なうプレ公式大会と正式に定義し、かつグループリーグのスケジュールにも一定の間隔を持たせるようにした。

エピソード編集

オーストラリア代表は、今大会をグループリーグA組を勝ち点0の最下位で終えた。そのことに危機感を覚えたオーストラリアサッカー連盟は、フランク・ファリーナ監督を更迭し、異なるチームでFIFAワールドカップ2大会連続ベスト4を成し遂げたフース・ヒディンク監督招聘を決断。同監督招聘には多額の資金(日本円で8億円相当)と熱意が必要とされたが、根気強く交渉を続けヒディンクの監督招聘に成功した。ヒディンクはオーストラリアを32年ぶりとなるFIFAワールドカップ本大会出場に導き、さらにドイツ大会でもベスト16という快挙を達成させた。

出場国編集

チーム 大陸連盟 参加資格 回数
  ドイツ UEFA 2006 FIFAワールドカップ 開催国 3大会ぶり2回目
  日本 AFC AFCアジアカップ2004 優勝 3大会連続4回目
  チュニジア CAF アフリカネイションズカップ2004 優勝 初出場
  メキシコ CONCACAF 2003 CONCACAFゴールドカップ 優勝 2大会ぶり5回目
  アルゼンチン CONMEBOL コパ・アメリカ2004 準優勝 5大会ぶり3回目
  オーストラリア OFC OFCネイションズカップ2004 優勝 2大会ぶり3回目
  ギリシャ UEFA UEFA EURO 2004 優勝 初出場
  ブラジル CONMEBOL 2002 FIFAワールドカップ 優勝、コパ・アメリカ2004 優勝 5大会連続5回目

会場一覧編集

結果編集

グループリーグ編集

グループ A編集

チーム
1   ドイツ 3 2 1 0 9 5 +4 7
2   アルゼンチン 3 2 1 0 8 5 +3 7
3   チュニジア 3 1 0 2 3 5 −2 3
4   オーストラリア 3 0 0 3 5 10 −5 0











グループ B編集

チーム
1   メキシコ 3 2 1 0 3 1 +2 7
2   ブラジル 3 1 1 1 5 3 +2 4
3   日本 3 1 1 1 4 4 0 4
4   ギリシャ 3 0 1 2 0 4 −4 1


日本   1 - 2   メキシコ
柳沢敦   12分 レポート シーニャ   39分
フォンセカ   64分









決勝トーナメント編集

準決勝 決勝
           
6月25日 - ニュルンベルク    
   ドイツ 2
   ブラジル 3  
  6月29日 - フランクフルト
   ブラジル 4
     アルゼンチン 1
 
3位決定戦
6月26日 - ハノーファー 6月29日 - ライプツィヒ
   メキシコ 1 (5)    ドイツ (aet) 4
   アルゼンチン (PK) 1 (6)      メキシコ 3

準決勝編集




3位決定戦編集



決勝編集



優勝国編集

 FIFAコンフェデレーションズカップ2005優勝国 
 
ブラジル
4大会ぶり2回目

表彰編集

受賞選手・チーム 備考
ゴールデンボール(大会MVP)   アドリアーノ 優勝
シルバーボール   フアン・ロマン・リケルメ 準優勝
ブロンズボール   ロナウジーニョ 優勝
ゴールデンシューズ(得点王)   アドリアーノ 5得点
シルバーシューズ   ミヒャエル・バラック 4得点
ブロンズシューズ   ジョン・アロイージ 4得点
ゴールデングローブ(最優秀GK)   オスワルド・サンチェス 5失点
フェアプレー賞   ギリシャ 1回目

外部リンク編集